2018年07月16日

暑さ対策

posted by ゆかわ at 10:27| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あづい

緊急労働一旦終わり・・・
本日は洗濯しようかな。手洗い含む。

なんか朝から脳天がくらーっと2回ほどしまして、いろいろきをつけまう。

祝う日のことも考えているんですよ。
posted by ゆかわ at 09:23| 東京 ☀| Comment(0) | メモ覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月15日

今年初すいっちょん

エアコンつけました・・・らく〜
具合悪いの治ったのでよかったです。
昨年はつけなかったんでトータルで4回目ぐらいかな。
労働しましま。
posted by ゆかわ at 19:39| 東京 ☀| Comment(0) | メモ覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アニメ作品における男女または男女間の描き方についての考察


超時空要塞マクロス[B-ch]
https://gyao.yahoo.co.jp/p/00066/v13357/

配信期間が短いので追いかけるのが大変ですがなんとか初回から見れてる気がします。
設定とかストーリーはおもしろいのですがやはりキャラの性格がイマイチ・・
しかし80年代バブル的なナンパな感じは懐かしくもあり、今の若い人は恋愛とか男女間のやりとり、プロセスを面倒がるみたいで、この時代は男子が如何に女の子を口説くか、モテるかみたいなことが若者の中でも重要なテーマだったんだなとか。

女性キャラの性格の描き方も当時の漫画アニメのステレオタイプで、今はむしろこういったわがままで何考えてるかわからない気まぐれ子猫みたいな女性キャラは見かけませんね。
もともとリアルにこういう女性が多かったのか?と言えばそうではなくて、少年漫画の中でとか、少年の妄想の中に存在する「女の子」がこうだった、ということだと思われます。
それでも、この頃ぐらいまでは「女の子っていったい何考えてんだろうなあ」と思いながらも、女の子の気持ちを探ろうみたいな意識はあったんじゃないかと。

現在において男性向けに描かれる女の子キャラは、男性的内面を持った「見かけが女の子」、女性向けの男性キャラも要領は同じ、みたいに思えます。もちろん全てではないのですが、
多くの作り手そして受取り手が、もう相手が何者か考えるのをやめてしまったのではないか。
という懸念を持っています。
男性向けの作品は登場キャラが女の子ばっかりというのも珍しくはなくなって、単に人気の問題だけではなく、別の考えを持った者たちやその関係性を描くのがめんどくさい、みたいになってるのでは、という気もしています。

最近のニュースでちょっとびっくりしたんで紹介しますが
「女子大生を執拗に追いかけキスや尻もむ」2018年7月13日 12:47
http://www.news24.jp/articles/2018/07/13/07398601.html
身も蓋もないヘッドラインやめい(´Д`)
動画を見ると22歳の犯人の顔がうつりますが全然普通というかむしろよさげなので、え、なんで?彼女とかいないの?とかそういう方向でビックリしたんですけども。
好みの女性だとしたら、いわゆるナンパをすればいいのになぜかいきなり犯罪をしてしまったこの男性の心境とは・・・

女性とコミュするのは嫌だが肉体的接触はしたい、しかし本能のままに行動したら動物と同じです。いや動物にも作法というものはあり、多くの場合メスに選ぶ権利があります。よく考えて行動しましょう
関係性の拒絶。プロセス?なにそれおいしいの?そんな感じかも知れません。

さておき、ステレオタイプの男女間を恐らく意識した上で崩しにかかっているのが
21エモン。
https://gyao.yahoo.co.jp/p/00836/v09726/

エモン、ルナちゃん、リゲルくんの3人はお互いに男女の仲をほんのりと意識しつつも、それぞれがホテルの跡継ぎでもありライバル関係でもあります。リゲルくんはエモンに対しては露骨に見栄を張り、ルナちゃんにはいい格好するステレオタイプ的なキャラですが、ユニークなのはエモンとルナちゃんの関係性です。ほんのりと子供らしい異性間の意識は臭わせつつも、エモンは特にでれでれしないし頭に来たらルナちゃんに対してもはっきり言いますし、ルナちゃんも自己主張がしっかりできるし女を武器にはしません。彼らは立場として公平な友達同志でもあるんです。
これはなかなかアニメ作品では見られない、特異な人間関係だと思います。

という観点から2作品を見ていただくと面白いかも。
うわー仕事しまーうわー(´Д`)

posted by ゆかわ at 09:37| 東京 ☁| Comment(0) | メモ覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

39度の日差し

日向に温度計いてみたところ・・・
室内は31度です。
ちょっと心配なのでミニ扇風機をメインPCに当ててます。
人体は100均の園芸コーナーで買った霧吹きで水かけて扇風機。
水冷は効くけどすぐ乾くのでなかなか忙しいです。
クーラーないけど扇風機ある人は水冷オススメ。
水をつけて風を当てるとかなり冷えます。
洗い場がある場合、面倒でなければこま目に水浴びしましょうちゅんちゅん。
posted by ゆかわ at 15:03| 東京 ☀| Comment(0) | メモ覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みんみんちゅんちゅん

親にくっついて餌をねだるお子さんかわいい
昨日はセミの声も聞こえました。
アブラゼミではなくミンミンが早かった。

特急レベルの労働発生、週明け〆切り、とにかく集中力がないのでがんばりたいです・・

猛暑になるとか言うなら、クーラーだってつけちゃうかも(おそるおそる)

暑いけど体調はまあまあ、だるだる、ではなくだる、ぐらいで有り難し。

色々あるけど落ち着いてがんばりましょー
posted by ゆかわ at 05:19| 東京 ☀| Comment(0) | メモ覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

涼しめ

進ませよう労働。
posted by ゆかわ at 08:50| 東京 ☔| Comment(0) | メモ覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

入って来ちゃった!

すずめが窓辺に止まったので見てたら、そのまま一歩前へ。
お?
さらに一歩、さらに・・・進んできますよ。
ここまで歩いてくるのかと思いきや、
何に驚いたのか、急にジャンプ、飛翔!

部屋の奥へまっすぐ、残念だがそっちはトイレではなくお風呂場、網戸が開かないのだ。
挙動からすると前に入ってきたちゅんちゅんだと思いますが、
今回は前より落ち着いていて、お風呂場探検して帰りました。
狭いすき間を見つけて入ってみたり・・
住むのか?うちの子になるのか?
入ってきた窓から出て行きましたが、たまに野生のすずめを手なずけてる人いるけど、あるな!と思いました。
狭い空間でも上手にホバリングします。
かつてインコや文鳥やら飼ってましたがペットちゃんとは比べものにならないパワーと飛行技術です。
さすが野鳥

しかし本当の悲劇はここから・・・
トイレから水の音が。
時々レバーが戻らず流れっぱなしになるけど・・・
違いました。
覗くと床が水浸し!
もれてる?!
タンクの下部の水道管へ繋がるチューブがなんか細くてやすっちいんですけど、その根本から漏れており、引っ張ったら止まりました。
よかったけど・・・これは構造的問題ではないか?
普通ははずれないようになってるんじゃないの?!
だいたいこんな細いやすっちいチューブで繋ぐものかな・・・?
トイレ自体が恐らく節水タイプで水量が要らないらしく、水の勢いはあまり強くなかったことが幸いでした・・・
ちゅんちゅんが来なければ、気づくのが遅くなりもっと水浸しになっていたことでしょう。
あすびに来てくれてありがちゅん。
期せずしてトイレ大掃除できて良かったかも・・(´Д`)

急な室内プチ水害でプチパニックでした。
緊急時は下水も上水もないわ!みたいになりますね・・・
リアル水害中の皆様、これから大変だと思いますがどうぞお気をつけて。
蚊が大量発生しそう・・
posted by ゆかわ at 07:21| 東京 ☁| Comment(0) | メモ覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

あづい

夏本番に耐えられるでしょうか・・
労働は進まない・・やりましょう。
posted by ゆかわ at 09:22| 東京 ☀| Comment(0) | メモ覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

ときこと風のごとく

ときこそー とか そきことー だと思ってたらときことだった件。

武田節/三橋美智也

伊集院さんのラジオで桐畑トールさんが武田信玄についてしゃべってたんで思い出したりして。
有名な風林火山についてググると「はやきこと風の如く」と多く引っかかるのですが、え?武田節ではそうじゃないじゃん?みんな知らないの武田節?っていうのが。
実家の祖父母が老人会で踊る練習のためヘビロテしていたことでおなじみの武田節ですよ?


あー黒田節の方がメジャーかな。

島津亜矢 黒田節

逸話については割と最近のぶにゃがの野望で知りました。ええー母里にゃへえさんそうなの?!とか。

posted by ゆかわ at 10:02| 東京 ☁| Comment(0) | メモ覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする