2009年06月17日

ハンマー

文化放送くにまるワイドごせんさま〜を聞いていましたら、
老舗玩具メーカー「マスダヤ」の方が出てました。
http://www.masudaya.com/

ピコピコハンマーの元祖はこちらのものだそう。
正式名称はKOハンマーで、もともと漫才のツッコミ用に開発されたものだそうです。へえー(°°)

「人を殴って良いおもちゃ」って、考えたら凄いと思いません?
「殴る」という本能的かつバイオレンスな行為を、柔らかな、もしくは笑える行為へと変換し、そして万人が扱えるという素晴らしい商品だと思います。



で、何故ここにそんなことを書くのかといいますと。

その後に、最近は新製品の開発がほとんどされていないという話をなさっていたのです。
昔は100個作って1個当たれば良かった、しかし最近ではそうはいかず、しっかり当たるような物を出していかないといけないそうです。
確かにそれでは無闇に新しい商品は出せません。
今の世の中、どこの業界でもそうなんでしょう。
漫画もそうだろうと思います。

しかし、なんとなく作ったものがここまで売れるとは、とか、
こんなにロングセラーになるとは、なんてこともあります。
新しい物がたくさん作れないということは、その中から生まれるはずのヒットや息の長い商品も出てきにくいと言えるのかも知れません。
狙いすまして大当り、なんて事はそうそうないでしょうし、
かといって外すことはできないから、結局無難な物やどこかで見たような似たような物ばかりになってしまう。

確実性の高いアーカイブやリメイクに頼るのも悪くないですが、そういったものの数字に頼りながら、新しいこともしていかないと未来はないんだろうな、というのと、
商業の世界はこのようにすっかり狭く小さくなっているので、
たくさんの玉石混合の中からいい物、好きな物を選びたいなら、WEBやら同人やらに注目している方が面白い。
そしてその中の石の一個となってちょこんと在ってみる、というのが面白い。
そんなことを考えたのでした。
むしろヒットの可能性を考えるなら「こっち」にいる方が良いんじゃないかとも思いますモバQ

というわけで、適当にがんばりますわーい(嬉しい顔)



おまけ。
マスダヤさんは日露戦争の無線技術からラジコンを開発、それまで無線は免許がないと扱えなかったものを、ラジコンは子供のおもちゃということで黙認されていたらしいのですが、それから電波法が改正され、誰でもラジコンのおもちゃや無線が扱えるようになったということです。
ラジコンがきっかけで電波法改正されたとは。
すごい!犬

posted by ゆかわ at 13:26| Comment(0) | メモ覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする