2011年08月06日

「マンガの森」

「マンガの森」というWEBまんが評のサイトさんにご紹介いただきました。
管理人のkureoさん、ありがとうございます。
サイトはこちら

かなりの勢いでお褒めいただいております。
お恥ずかしいですがうれしい。

記事はこちら
無造作なる探検

>作者のわがまま勝手なんかじゃない、すべては、表現の必要なんだ
という部分に救われる思いがしました。ありがとうございます。

構想20年は本当です。
最初にメインキャラを作ったのがその頃、全く違う話でしたが持ち込みで没に。
その後リメイクを考えたり、2000年を過ぎた頃に改めてストーリーを作り直し連載企画として持ち込んでみましたが再び没に。
しかし一部の設定がどうしても自分の中で引っかかり、その部分だけでも描いてみよう・・・と思ったのが今やっているものです。
いずれ経緯なども記そうと思っていますが、忘れないうちに書き留めておいた方がいいような気がしてきました。

WEBマンガ。
以前はあちこち見て回っていましたが、最近はあまり他のサイトは見なくなってしまいました。
閉じてしまった、更新の無くなったサイトさんもあるでしょう。しみじみ。

それでふと思ったこと。
たとえばプロとして雑誌に連載第1回目を描くということは、
第2回目も描くという約束をしたのと同じだと思います。
出版社とは連載時に契約もなにもありませんが、描き続けます、という意志を作品の発表と同時に、読者に対しても見せたことになるんじゃないかと。
しかしWEBマンガはいつ止まってしまうか、終わってしまうかわからない、
あやふやなものです。
作者さんの都合次第、気分次第。
しかし読者との距離が近くもあるので、特に告知もなく止まっているときは、
どうしたの?待ってますよ!という言葉を直接投げかけることもできる。
その後は作者さん次第ですが、
なんというか、違う世界に存在するものだな、と改めて思いました。
WEBマンガとしての祝う日、がんばりたいと思います。
亀ですけどもうやだ〜(悲しい顔)

追記:kureoさんからはメールを送っていただきました。
ありがとうございました。
posted by ゆかわ at 09:06| Comment(4) | 祝う日情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする