2013年05月18日

ひとやすみ。

こないだの新刊をパブーで有料化出品をもくろみ準備中です。
ファイルがなかなかいい感じにならないので四苦八苦(汗)
サイズとか重さ制限とかで、私の技術では超美麗!にはできない…
のですが、見ていただくには差し支えないようになったと思いますので、
仕上がりましたら勇者様にはぜひおためしいただけますと幸いです。
さきにこちらで新規後書きの公開をしますのでもうちょっと
お待ち下さい。
疲れたので一息中です。

ところで、
デジタルの本て読みますか?
置き場所がないので今後は良い、とは思っていますが、実際はまだあまり買ってないです。
レジで財布を出してお金を払うのもめんどくさい私には登録などがハードルになっています。
とりあえずやっちゃえば後は楽なんだろうと思いますが。

作業しながら、買う人いるんだろか?などと思いつつ、
デジタルとアナログの違いについてなど考えていました。
最大の違いは、物質か物質でないかだと思います。
デジタルは閲覧に機械が必要で、電気がないと見れないし、消えてしまうかも知れない。
大量に携帯したい、内容を知りたいだけ、等の場合は便利。

気に入った本は一生手元に置くタイプの人も、漫画読みには少なくないと思います。
自分もそういうタイプなので、たくさん買って売ったり捨てたり入れ替えが当たり前、ということはできません。
逆に、ちょっとそのとき流行ってるからチェックしたいだけ、出先で読みたいだけとかであればデジタルはとてもいいし、まずデジタルチェックをしたところ、これは持っておきたい!と思ったらアナログを購入とか、
用途を使い分ければ共存できるものだろうと思いました。
そうなるとデジタルは安い方がいいし、アナログは高くてもいいということに。
アナログの本はさらに紙の進化を求められ、痛みにくい、焼けない、燃えない、
たとえ津波に流されても名前が書いてあって親切な人が拾ってくれれば戻ってくる!
といった「強い紙の本」とか、マニア向けに出たらいいんじゃないかと。
むしろ紙では無理なので紙のような何かが必要ですね。
いいですよねこれ。

さて今日中に終わるといいんですけど。
posted by ゆかわ at 12:03| Comment(0) | ストロウイカ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする