2015年07月05日

SF人の顔が駄目になる病

ときどき絵が駄目になります

人の顔の絵が駄目になります
漫画では何よりも人の表情を大事にしているのに、
だからこそ疲れるのかも知れないですが
急に描けなくなります
無理して描いてみるとなんだかわからない、変な物になります

また、人の顔を見ることも嫌になる場合があり、
そんなとき本屋さんに行くと雑誌の表紙はほとんど人の顔ですから、
その肉色が気持ち悪く思えて本屋さんから出たことがありました。
そこまでなのはそれ一回だけでしたが

人の顔が、人が、好きだけどきらい、みたいな作用反作用的な何かが
ときどき起こるのかも知れません

何故自分がわざわざ人類として生まれてきたのか
その無理が出るのでは

と思わざるを得ません\(^O^)/


SFをつければかっこいいというボディスナッチャーなタイトルでございました。
posted by ゆかわ at 11:50| Comment(0) | メモ覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする