2016年03月09日

無理なりに

久々にキリコちゃんの似顔絵を描いてみようと思ったのですが
全く似ないのであきらめてオリジナルぽいのを描いたら若干近くなったかも?
これもそうだけど、やさ男風になってしまいます。
おまえ死線くぐってないだろう、みたいな。
もちろん気の抜けたキリコとか笑ってるキリコとかも存在はしてるわけですが。
見て描く似顔絵は描けるのかも知れないけど雰囲気が出せないので難しいです。
いつか描けるだろうか。
塩山絵のキリコが好きです。
P.jpg
posted by ゆかわ at 11:21| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

32年目の。

赫奕(かくやく)たる異端からOVAのディスクをずっと見てます。
かくやくは発表が1994年、本編が終わってから10周年記念として出ています。
なんと、すでに22年前・・・
その頃生まれた子が大学卒業・・・、などと感慨深くなっていると
また気づいてしまいました。
かくやくは話の設定が本編最終回から32年後になってるんです。
ん?
ということは。
ボトムズの終了は1984年、今年2016年、算数弱い、ひーふーみー・・・
今年はその32年後ではありませんか。あってますか。
当時2016年といういわゆる今年が意識されていたとは思いませんが、
キリコとフィアナが、今まさに目覚める。

おまえも冬眠から覚めろとばかりに。

これは、なんかのメッセージかと。


さておき。
オーディオコメンタリーの高橋良輔監督によるとゴウトが現役でいられるのはこのくらいだろうと、
約30年後に設定したそうです。
ちなみにオーディオコメンタリーは今回発見、たぶん初聞きなので、
今まで気づいてなかったみたいです・・・
恐らくディスクを回しておらず、内容は総集編だしLDでもちょっと見たからまあいいやと思ったんでしょう。
なんともったいない。ていうか今更ではあるけど気がついて良かったです。
2003年の収録ということなのでこれも果てしない過去になってしまいました。
もう作品そのものが私にとってのタイムカプセルみたいになってます。

コメントをきくと、キリコのネーミングは、ブラックジャックのドクターキリコから!だそうでびっくり。
関連してたとは・・・
ブラックジャックはリアルタイム(単行本)で愛読しておりましたのであっちのキリコも当然知ってます。
ドクターの方の元ネタは画家のデ・キリコあたりでしょうか。
他のキリコを捜索するのもおもしろそうですがそれは時間があれば。

ボトムズは高橋監督の知る戦争映画などからヒントやイメージを得ており、ランボーや地獄の黙示録、開高健さんの著書などからベトナム戦争のイメージを、ウド編はブレードランナーの影響、というのは知られていると思います。
メモリアルDVDボックス付属のブックレットを見るとプロデューサーサイドは、テレビドラマのコンバットのようなものをイメージしてたようです。
戦争物とSF物のイメージがメインなのでそういう枠でとらえていましたが、
こないだふと、テレビのキリコはランボーだけど、OVAのキリコはマッドマックスのマックスみたいではと気がつきました。
しかしマッドマックスは影響された作品の中に含まれているというのを聞いたことがありません。
恐らく、期せずしてそうなっちゃったんでは。

マッドマックス1での主人公マックスは警官で、親友と妻子を暴走族に殺され私的に復讐を遂げ、2からは制作の都合で世界は核戦争後になってしまい、みなさんご存じのヒャッハーな舞台となって北斗の拳のヒントに。
1のマックスは復讐という目的がありますが、2以降は放浪中に行きずりの人となんだかんだという巻き込まれ型の主人公となっています。
彼自身はただ、生きているだけ。目標も目的もない。
元警官なので正義感はいくらかあるのかも知れません。
最新作でもおそらくそうではないかと。
(シリーズもジョージ・ミラー監督も大好きなんですけど超ヒットだったので気後れして結局見てません。公開前はあんなに楽しみにしてたのに・・・。いずれでこっそり見ます部屋でひとりで。)

キリコ、マックス感あり過ぎる。

巻き込まれ型主人公というのは周囲の設定や人々がしっかりできてないとおもしろくなりません。
キリコの物語なんだからキリコががんばらないと、と考えてもうまく回らないかもしれない。
しかしこういうスタイルであると考えれば。
ひっそり新作を期待?
その前に幻影編を見ねば。
OVAは別腹というか、なんだかんだでとぎれてしまうよりはいいのかな、という気もします。
野望のルーツは音声だけで聞くと脚本が素晴らしいのでオススメです。
絵も良いんだけど。
ていうかサンサの謎はとけてるんでしょうか・・最初に見たときは「謎増えてるし!」とびっくりしました。

しかしマックスよりもキリコは個性があるので、マックスは別の俳優さんでもなんとかなるような気がしますがキリコはそうでもないなと感じます。
郷田ほづみさんが引退なさるなら郷田さん以外のキリコは別にいいかと言う気持ちがあるのでまだしばらく新作の期待はしようかと思います。
先日フィアナの中の人である弥永和子さんが他界されたのでもうあれかもだけど・・・だけど。

32年目のボトムズはやっぱり・・・
良いです。大好き感を新たにしています。
創作意欲もわくし

私も自分の物語を書き出したいです。
どんどん。

posted by ゆかわ at 05:12| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

労働中

現在の労働はもうすこし。
ありがたいことに4月から労働的に忙しくなりそうです。
ここ半年ぐらい収入なかったんでがんばらなくては。
なので3月は有効に使いたいけど用事てんこ盛り。
ストロウイカもがんばらなくては。
応援してください!
posted by ゆかわ at 04:10| Comment(0) | メモ覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月02日

シロチャンじゃない人

練習中
形も大事だけど表情を出さないといけないのでそのバランスとか。
立体として正しいかどうかはもうよくわかんないので表情重視で。
粘土で作ってみようとして買ってきたんですが放置中。
昔なら喜んですぐやったんでしょうけど・・・
としですのう。
昔はこういう変な生き物の首とか紙粘土で作りました。
まだ持ってるのでいずれアップできれば。

5.jpg
posted by ゆかわ at 07:18| Comment(0) | lop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「笑うピエロ」フリー公開

そんなに悪い作品でもないと思うので、とりま見ていただこうと。
よろしくお願いいたします。


あとがきとおまけ部分は有料なので
マニアの方、お持ち帰りしていただける方、引き続きよろしくお願いいたします。

posted by ゆかわ at 04:38| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする