2016年12月09日

映画見れないヤマイ

労働に手が着かない・・・(通常モード)
あたまぼけぼけでやばい。

さて。
先日病院へ行くので帰りに映画を見ようとしつつ、挫折。
あれで行けなければもう行けないかも。

映画館は近くにあり、いつでも行けるし、ほとんどの封切りが来ます。
しかし何故か、近くだからという理由では行こうとはしません。
シネコン苦手だけど今はシネコンじゃない単館で自由な時間に見れる方が少ないし、受け入れなければいけないのですが。

昔からよく行ってた名画座のそばに引っ越したのにそこにいる間一度も行かず、
老舗の名画座はやがて閉館、自分が行けば潰れなかったかというわけでもないけど後悔しました。

とにかく「映画館へ赴く」という行為が第一のハードルで、
さらに周囲が大絶賛している作品だとさらに行きにくくなります。
間違いなく良い映画のはずだけど、まわりが良い良いしか言わないとちょっとひねくれた心が出てきてしまうもので、内容については自分で見て判断すればいいものの、みんなが見ている作品を私ごときがわざわざ「どうしても見たい」という気持ちにはなれず。

公開前から楽しみにしていた大好きなシリーズで、絶対行こうと思ってたのに公開されるとツイッターなどで大絶賛の嵐、普段そのシリーズを気にして暮らしてなどいないだろうと思われる皆さんが、よかったよ!見に行った方がイイよ!とテンション上がってるのを見て自分のテンションは下がり、DVD買うから節約のためロードショウはいいやと結局諦めてしまって、映画館近いのでとりあえずパンフだけ押さえる、みたいなこともふつうです。

ヒット作ならすぐテレビでもやるだろうし・・・テレビ見れませんが。

お金がうなるほどあっても多分、同じだと思います。

高校生の頃は毎月のお小遣いが最大で5千円のなかから試写会も含めて数本の映画を見ていました。
前売り特典が欲しくて都会の映画館まで前売りチケット買いに行ったり。
チラシを集めてフォルダに入れて眺めたり。

DVDを買ってもいつでも見れるので見ないという手持ちが大半。
映画のために自宅で2時間ぐらいの時間を集中して費やすことがなかなか難しいです。
他のこともあるし、気が散るし。
再生環境もPCだけなので、DVD専用プレイヤーを買えば改善されるかもと期待していますがなかなか買いません。

映画好きなんです。
それでこのていたらくが悲しくて。
どうしたもんでしょうか

posted by ゆかわ at 07:00| Comment(0) | メモ覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする