2017年05月10日

今日のおばけもしくはロックンロール

これ子供の振り付け部分の記憶あるなあ
今ではクレーム来そうなギャグなどをさらっとやるのもいいですね。


今一度見直したいムー一族。
もしかしたらブルーレイとか・・・出ないか。



ムー一族は羽目を外したおもしろい演出が多く
子供たちにも大受けでした。

向田邦子の脚本を久世光彦が演出というコラボ。
芯の太いホームドラマとしての向田脚本を守りながら
テレビ的なおもしろを大胆にぶっ込んでいく久世演出。
まさにテレビの奇跡。
リアルタイムで目撃した世代は幸い。
寺内貫太郎あたりから一気見してみたいな。
(ムー関係は向田脚本ではありませんでした、失礼しましま。
「寺内貫太郎一家」が向田脚本、「時間ですよ」で一部、みたいでした。
しかし家族の設定など、それっぽさが寺内あたりから踏襲されてると思います)
こういうのを漫画でやりたいと思ってるという気持ちは多少ございます。
ドラマ部分はしっかりと、しかし奇天烈な表現含む、っていう。
本来はシリアスなドラマにギャグが挟まってもいいと思うのは
こういうの見てたからというのはあるかも。

そんな時期にそんなの再放送してたの・・
っていうすごい映像。
posted by ゆかわ at 13:47| Comment(0) | むかし話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする