2019年07月25日

自分の中でのベストハンサムは若い頃のこの人。

Fの下書きが進まないし体調も悪いけど今日は仕上げるぞ・・・
と思っていたらショッキングなニュースが。

『ブレードランナー』ロイ役、ルトガー・ハウアー氏が逝去 ─ 『バットマン ビギンズ』『シン・シティ』なども出演

ハウアーさんが・・・
不死身だと思ってたのに。
少なくとも90ぐらいまでは生きて欲しかったのに。
何の病気だったかわかりませんが短い闘病生活だったとの事です。
あんまりご冥福を祈りたくないです、あの世に行かないでほしい

アトロクで特集お願いします・・

「ブレードランナー」のレプリカント、ロイ・バッティが有名で、私はタイトルは知ってたけど劇場では観ていませんでした。
その後のテレビ放映で初見状態でしたがその初見が大変なインパクトで、そこからファンになりました。
主役のハリソン・フォードを完全に食ってたと思います。
デッカードファンの人すいません。
しかし、敵役が迫力ないと物語もつまんないので、あの作品は世界観やSF仕立てのミステリアスなストーリーだけでなく、素晴らしいキャスティングに支えられてもいるわけなのです。
異論無いはずです(断定

そういえば生ハウアー(完全に本物)とすれ違ったことあるんです・・
東京ファンタで。
思い出すぎて今は書かない。

あの日あの時あの場所にいた人が!
おいら当日券買うんで昼から窓口に並んでたの・・・




allicinema
http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=18702

ルトガー・ハウアー 
Rutger Hauer

ルトガー・ハウアー
■生年月日 : 1944/01/23
■出身地 : オランダ/ユトレヒト ブロイクレン
■本名はRutger Oelsen Hauer。両親共に俳優。15歳で船乗りになるが色盲の為断念。16歳で軍隊に入隊。その後、アムステルダムで演劇学校に入学し演技を学び、卒業後、レパートリー劇団に参加し巡業に出る。映画は73年、アカデミー外国映画賞にノミネートされた「ルトガー・ハウアー/危険な愛」でデビュー。74年、「ケープタウン」でアメリカに渡り、数々の作品に出演した後82年、「ブレードランナー」のレプリカント役で多くの人気を集めた。以後、「ヒッチャー」など冷酷な悪役で魅力を発揮し一部熱烈なるファンに支持される。


出演作を見ると最近までかなりの数がありまして、2000年代はむちゃくちゃ多いですね。
テレビシリーズにも出てたはずで、人気俳優だったんだなと改めて。

私は80年代と90年代の一部しか見れて無くて、新しめの時代物とか見てみたいんですけど・・・
いつか祭りたい。
ハウアー祭りしたい。
おかねほしい。
がんばろう。


作ってくれた人ありがとう

Rutger Hauer Tribute #RIP



Blond Blue Eyes
https://www.youtube.com/watch?v=1MPY6sodgMs

密着ドキュメント発見。奥様も出てくるんですがネット上で日本語の奥様情報皆無・・・
Ineke ten Kate さんですが、お名前の日本語訳がない状態。
追記:イネケ・テン・ケイト で多少引っかかります


Who is Ineke ten Kate?


こちらもそんなに詳しくは書かれていません。
彼の死後慈善団体を引き継ぐだろうとあるのでお元気らしい。
動画ではツーショットはありませんでしたが、仲の良い夫婦だったみたいな印象です。

娘さんいたんですね(゚ω゚)
結構情報ないので驚く。
何か出版とかすればいいのに。いいのに。



posted by ゆかわ at 06:55| 東京 ☁| Comment(0) | メモ覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする