2019年11月20日

美樹克彦さんの「恋のアブズリ・ビーチ」

伊集院光とラジオとでさっき
美樹克彦さんの「恋のアブズリ・ビーチ」とういう曲がかかってて、
ノリノリでちょーかっこいい曲なんですけど
アブズリって鐙摺(あぶずり)で、地名なんですね
鎌倉あたりらしいです。


パライソレコード
美樹克彦
恋のアブズリ・ビーチ (7inch)
http://paraisorecords.com/?pid=116161620

ワンコーラス試聴可


西郷輝彦さんの星娘的な感じだけどもっとパンチが効いてます。
ヘビロテしたい
サブスクで配信したらいいのに。

こちらもいいです、ほっしむっすぅめぃイェイェイ

西郷輝彦/星娘  (1965年)


美樹克彦さんと言えばこっちも忘れてはいけません。
実は(なぜか)最近の脳内ヘビロテ
ハイ皆さんご一緒に!

美樹克彦 大巨獣ガッパ

posted by ゆかわ at 10:21| 東京 ☀| Comment(0) | らじばな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「創作は楽しい」への違和感。

テキスト直し半分ぐらい、まだ半分以上あり。
集中できない・・・

生ラーメンがおいしいので食べたい。
最近は茹でるだけのがあって簡単なんですね。
一食50円のやつがうまい。売れ残ってさらに値引き後のやつを喜んで買ってます

さておき。

果たして「創作は楽しい」のか?

ということを考えさせられていますが、私の場合、漫画制作はそんなに楽しくはないです。
仕事でも同人でも。
ゲームをするみたいに楽しくてやめられないとか、ついやってしまう、というものではないし、手をつけるまでが相変わらず大変です。

楽しいといいな、とはずっと思ってるんだけど、
少なくとも私は楽しいからやってるわけじゃないです。
作業の中には「楽しさ」も含まれますが、「楽しいから」は創作をする動機にはならない。
なので「創作を楽しんでください」といわれるのは、何か違和感があるんですよね。

カラオケで歌を歌って、おいしいお菓子を食べて、映画を観に行って、みんなでおしゃべりして、
そういう「楽しい」のとは種類が違います。
創作とは消費行為じゃないから、
産みの苦しみと喜びとみたいな裏表がある。
「創作は楽しい」と言われてしまうと、
「裏」を無視されてるみたいな気持ちになるからかも。
ほとんどの創作者は味わってますよね、「裏」を。

子供の頃は完全に遊びだったので、そう考えても良かったかも知れませんが、
今は楽しい遊びではあり得ません。
アマチュアじゃなくなちゃったからというのもあるけど、ずっと同人の人もイベント合わせの〆切りとか大変ですよね。
そこを楽しいと感じる人は少ないと思う。

ランナーズハイみたいな創作ハイみたいなものも存在すると思うので
「楽しい」どころじゃすまねえんだぜぐへへ、とか、
興に乗るとすごい、みたいな。
乗らなければ辛いだけかも。

祝う日に関しては、だいたい辛いです。
しかし仕上げたい。
最後までやりきりたい。
最後まで完走させたものを読者さんに見せたい。
これがモチベ。

漫画制作や創作全般ついては、
楽しくはないがやりたいのでやっている、何故か?
ということについて
うまい説明の仕方がないかと模索中です。

楽しくねえからな!(早伊良風ツンデレ気味)

早伊良くんの声はどんな声でしょう?
私は声優さんなどではなく、そのくらいの年齢の少年ボイスを想定しています。



シーズン前に流してやるぜ!どりゃあああ

稲垣潤一 クリスマスキャロルの頃には


上げていきたいですねえ

posted by ゆかわ at 09:55| 東京 ☀| Comment(0) | 祝う日情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする