2019年11月29日

文化放送で『たき火特番』12/8(日)26時00分

「たき火の音」を流し続ける90分!
「3Dオーディオ」技術で音をリアルに再現『たき火特番』

12/8(日)

放送での音声は、まるですぐ傍でたき火が行われているかのような感覚が味わえる「3Dオーディオ」技術を駆使して演出・編集しています。この臨場感を再現するため、"音のプロ"であるラジオの音声技術スタッフが、音声が耳に伝わってくる位置を細部にわたってこだわり、AM放送では実現できない仕上がりに制作しました。

文化放送ではこの番組を、ステレオFMやスマートフォンアプリのradikoで、特にヘッドフォンで聴取することを推奨しております



とのことです。

ニコ生とか映像付きだったらいいと思いますが音だけではどうか?
興味津々です。
こういった試みには拍手を送りたいです



イメトレ

焚き火BGM動画でくつろぎの3時間【安眠・癒し・作業用BGM】

なかなか良いですね。
脳内で焦げ臭い匂いがしてくる・・・

posted by ゆかわ at 22:22| 東京 ☀| Comment(0) | らじばな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過去と現在のコラボ、そして未来へ

長引きましたがテキスト直し終盤、最後の方が書き散らかしたままだったので
修正追加組み換えなど手間取ってます。
遺伝子組み換えは行っておりません。

見直してると今ならこう直すという部分もありますが、
ここはどうやって作ったのか、今は出て来ない、この流れはたぶん作れない
という部分も散見。
まさに過去と現在のコラボ。
その時に作って、心残りは後の作品に生かす、と、いうのが本来はいいんでしょうけど
うっかり制作期間が長くなった分、内容のクオリティは遠慮無く上げていきます。

今回も奇跡が来ました。
祝う日の元となったあるイメージがあって、
※(ストロウイカグラフィティ試し読み部分参照
作中で言及することはないと思ったんですが
ある人がそこについて語り出しました。
おおフロイデ。。。よくぞ言ってくれた○○○くん!
テキストで会話打ってたらほんとに何となく始まりました。
こういう体験ができるのは作者特権です。
しかしここまでをお見せするまでどれだけかかるのか。

作画は今までよりさらにざっくりいきたいですが
納得いかないような画面ではまずいし、バランスは難しいです。
決まったやり方で制作してないから変なところで引っかかったりするんですよね
生産性を上げたいが、粗製濫造では困るというせめぎ合いですけど
あんたなんかどうせ最初から粗製やないか!というツッコミがあちこちから。。。
悩むだけ無駄みたいな結果になりがちですけど
悩まないと進めないんで
悩み時間の短縮も目指したいです。
足踏みも長いです・・・


テキストはこれでまとまりそうな気がする。。。
ので、最後の当たりの真ん中辺をやって一旦閉じようと思います。
ああ作画怖い怖い

未来を見に行こう。




このジュ−ス中身はいってんの?
カラやん

(カラヤンは有名な指揮者です)

カラヤン ベートーヴェン《歓喜の歌》 1986

年末一足飛び(やばい)


今気づいたけどyoutubeのタブにあるスピーカー部分をクリックするとミュートになる。
各ブラウザ共通ですかね?
posted by ゆかわ at 05:28| 東京 ☁| Comment(0) | 祝う日情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする