2019年12月07日

えいようビタミン

体調が崩れまして、いつものパターンですがなかなか戻りません。。
今回はおや風邪かな?と思ったらそうじゃない流れになったのでまだよかったです。
吐かなくなったので念のためみかんを食べてビタミン補給します。
だいたい2,3日で治るのですが起きてるのがちょっとしんどい(´Д`)
かといって寝過ぎもよくないので難しいです。

昔から不定期で体調崩すのですが、体調も崩れず風邪も引かない人にこういうのを伝えるのがけっこう難しいです・・・
家族でも私とイカ母が似た体質、その他の人は大丈夫なので、
たまに倒れ伏していると、さぼって寝てる!みたいに思われたり。
イカ母がナカーマで理解してもらえるのはよかったけど
多分イカ母からの遺伝なので・・・
血の繋がりを感じつつちょっと複雑な気分です。


ふと思い出したんですが8〜90年代にビタミンサプリブームがあって、
タブレット系のお菓子の出始めでもあり
ビタミンC入りのタブレットとか飲料とかとにかくたくさん出ました。

Cを水に溶かすシュワシュワするの好きで、薬局でよく買いました。
赤いパッケージで丸いのが4個入り。名前なんでしたっけ。
また飲みたい。
鉄もありました。鉄のパッケージは緑。
その頃出たファイブミニとかC1000タケダなんかはまだありますね。
今は「タケダ」が取れてたと思います。
ファイブミニは山田邦子さんがCMキャラでした。

発見。このバージョン始めて見ます。いやちょっと記憶あるかな

【80s】 懐いCM 山田邦子 大塚製薬 ファイブミニ

最後の しーせんたっけっだ♪ っちうのは覚えてます。女性はちはるさんかな?

【90s】 懐いCM 島田伸助 武田薬品 C1000タケダ

その頃はアシスタント死ながら(誤変換ママ)そういうのよく飲んだり食べたりしてたのに
今はさっぱりです。
年取ったからむしろ必要なのに。
意識してとってみよかな。
posted by ゆかわ at 08:38| 東京 ☁| Comment(0) | むかし話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月05日

キャラクターの「言動不一致」を是正する

手が空きました。


そして、時系列関連での重大な間違いに気づく!
がーん

相当後ろで描くかどうか迷ってた部分ですが、整理すればコンパクトにまとめられそうなので描くかも。
テキストは全面改稿予定。

これは「企画F」の下調べをやってなければ気づかなかったかもしれない部分なので、Fを挟んでよかったです。
かなり前に作ってたのに今までずっと気づいてなかったし・・・
下調べだいじです。。。 反省

25日とそれ以降の追加分もちょっと見直し。
人物の立ち位置が変わったので、予定していた言動が変わってきます。
完全にこなれてなくて、以前の立場での発言が残ってしまっているのでちょっと見直しが必要。

ここは結構大事なことです。

ここをスルーすると、キャラクターは「言動不一致」となってしまいます。

直さないまま作ってしまって、それを読者が見ると
「この人何考えてるの?言ってることとやってること違うじゃん」
とか
「この人が急にこんなこというなんて、ここで黙ってるなんて、おかしくない?」
みたいな印象に。

例えば元々敵だった人が急遽味方になるとか、死ぬ予定だった人を生きてることにするとか
大きな変更があると細かいところ全部見直すことになって、
なかなか大変な作業になると思います。

作者サイドも元のものを時間かけて作ってますから、元の印象が残っていて
新しく直しきれないこともあります。

話の最後に時間の都合などでばたばたまとめた作品では起こりがちではと思います。
結果としてどういうことになるかというと、
登場人物が、制作側の都合で話のつじつまを合わせるための狂言回しに使われてしまう。
「言動不一致」が起きます。

時間のない現場では仕方ないのかも知れませんが
時間があるなら避けるべき。という考えです。
がんばります
posted by ゆかわ at 06:04| 東京 ☀| Comment(0) | 祝う日情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

労働しましま

ありがたくも労働が発生したので一旦とめます。

労働しつつ隙間にテキスト直したり作画進めたりしたいです。
作画というか、枠組み作り、と思った方が気は楽みたい。
絵のプレッシャーがひどい(´Д`)
やればできるのに。

乗ってるバイクを進ませたいのに自分で全力ブレーキかけてて、止まってる車体を引きずってる感じ。
それは疲れますわな(´Д`)
なので止まってる方が楽だがエンジンさえかかれば進んでる方が楽になります。
エンジンがなかなかかからない・・・
上手い方法が未だに見つからない。

ネームのときは「プログレを聴く」が一定の効果をもたらしますが
絵に関してはそういうのないんですよ。
なんかないかすら
仕事しながら落ち着きたいと思います。

今回テキストをカットしつつ
4ページぐらいカンバスを作ってるので最低でも4ページ更新予定。

もっと進みたいですが・・
posted by ゆかわ at 05:21| 東京 ☁| Comment(0) | 祝う日情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

窓の外が曇るという初体験

窓ガラスが曇ってるので、結露なんかしないから珍しいと思い近づいて触れると
さらさら。
あれ?
これは・・
窓を開け外側をこすると・・・
見えール

これは、中の方が寒いということですかー・・・(木霊

たしかに外はちょっと蒸しっとします。

急に気温があがったものと思われますが、
竜巻警報など出てるので該当地域の方お気をつけて。
posted by ゆかわ at 14:30| 東京 ☀| Comment(0) | メモ覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

準備始めました

久々すぎてお絵描き用カンバステンプレはどこ!とか
ファイル名はどうすれば!とかおろおろしてます。

新章なのでフォルダも新しく作成。
いざ参りましょう!キリッ

いや疲れちゃうからフラットに。
淡々と進めたいです。

絵も描いてみないとわからないのでとにかく描いてみないことには。
さくっとできたらいいなあ・・・


BGM
瞬かぬ星たちの宴

ホルスト 組曲「惑星」/シャルル・デュトワ

シャルル・デュトワさんの細かい動き
posted by ゆかわ at 06:21| 東京 ☁| Comment(0) | 祝う日情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12がつのらくがき

oek1.JPGoek.JPGdot.JPG

フォトショにて。

一ヶ月お絵描きしてなかったので不安でしたが大丈夫そう(´Д`)


ピクシブなどで過去絵を見てたのでここが曲がってるな・・とかイメトレはしてました。
見るのも大事ですね。
以前は自分の絵を見たくない時期もあって。
見ないとますます歪みますね(´Д`)

やっぱり書いてないとタブ感が鈍るので、タブを嫌がってる部分もあるんだけど
だからといって紙も嫌なんです。
散らかるから。
すでにさんざん散らかってるんだけど新規散らかりを嫌がる心理。
それは嫌って、さんざっぱらやっとるやないけ!的な。

さんざっぱらって方言ですかね?古語?
私の育ちは東京下町です。

おまけ。
保留中の同人絵。真面目に書くとこんな感じですよ。
こっちも早く仕上げたいんですけど・・・(´Д`)
doui.JPG

posted by ゆかわ at 05:55| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

テキストひと段落

かなりの文字を追加しました。
よくこれだけ埋まったなあ・・と思うくらい。
どこまで採用するかは未定ですが
しばらく置いて熟成させます。

というわけで25日の作画に。・。・。・
準備しましょう。
大丈夫です準備です。
線の練習もしておきましょう。
大丈夫です。




Samuel Barber (1910-1981) - Agnus Dei (Adagio for Strings), Choir of Trinity College.

バーバー作曲、アニュス・デイ。
映画「プラトーン」で知りましたが今まで何の曲だか知らなくて、クリスマス関連曲を聞いてたら出てきました。
何ガンダムだか、ガンダム名にも使われてるようです。
意味はラテン語で「神の小羊(子羊)」だそうで、
すなわちキリストを指す言葉。
posted by ゆかわ at 11:37| 東京 ☁| Comment(0) | 祝う日情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12月になりました

11月は仕事がありませんでした。
やばいです。
お仕事はいると嬉しいです。

さておき、ふと思ったんですけど最近の自宅録音事情について。

ひと昔前はカセットテープやラジカセが普及してたので、だいたい一家に一台はラジカセがあったと思います。
ラジオや音楽テープを聞くだけではなく録音もできるので、そこそこの年齢の人なら、自分の声や演奏をカセットテープに録音してみたという経験のある人も少なくないでしょう。

私の祖父は趣味で民謡をやってましたので、自分の歌を録音し、それを自分で聞いたり人にあげたりもしていました。
昔は録音することを「吹き込む」といっており、カセットに吹き込む、レコードに吹き込む、吹き込みをする、という言い方がありました。
自分の息、ブレスを機械に向かって吹き込む、あるいは何かを込め、魂を吹き込む。
好きな表現です。
残って欲しい日本語かも知れない。

まだカセットもラジカセも売ってるから、例えばお年寄りがそれをするとしたら今もラジカセでしょう。

カセットがまた流行ってきてるという記事も見ました。


熱さめやらぬ「カセットテープ」のブーム再来、いまも販売本数は増加中

2019.10.14 MON 17:00

日本企業もブームに乗ってください、特にソニ−さん。

さておき。

では若い人はどうしてるんでしょう。
まずスマホのアプリで録音して、大勢に聞かせる場合はスピーカーに繋ぐんでしょうか。
できる人はまとまった音声ファイルや動画を作ってyoutubeやSNSにあげたりするでしょうけど、
身近な人限定なら、ラジカセの方が圧倒的にお手軽な気がします。

カセットの時代なら、子供が自分の声を録音して遊んでみるようなこともありました。
うわっへんな声!って思ったり、ラジオDJごっこした人もいると思います。
今、小さい子がそういうことをするだろうか?
できるだろうか?
もしかすると自分の声や演奏を録音することそのものが特殊化してるのではないか、という気もします。
何の気なしにちょっとやってみるか、という感じのことではなくなったというか。
ちょっと気になってます。
posted by ゆかわ at 04:22| 東京 ☀| Comment(0) | メモ覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする