2009年04月15日

第4話25ページ目の作業

このページからプリンストンのスリムタブレットを使用しています。
線は鉛筆のスキャンです。

終了できるアプリケーションは全部終了し、CPUの稼働を確保。
もたつきもなく進められました。

ペン先の描き心地はとても良く、癒されますいい気分(温泉)
自分の場合、画材の描き心地は絵を描くモチベーションに直結するので、この点は大ヒットであります。

きめの細かい塗りができて感動しました。
ほんとにエアブラシがエアブラシみたいな効果出るし!
髪の毛のタッチなども出しやすくて楽でした。
逆に、微細な表現になりすぎないよう注意しないと(汗)
【祝う日】ではファイルの保存の際にわざと処理を粗くしているので、
荒さが余計に際だってしまうことにもなってしまいそうです。
例えてみると印刷の場合の「つぶれるところは細かく描かない」、みたいな。

これからの課題は、今まで出していた線が出せないので
そこをどうしていくか、です。
見た目が変わるのは仕方がないので、気にせずやってみようかな、というところ。

posted by ゆかわ at 09:39| Comment(0) | タブレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。