2010年09月27日

ドライバで苦労

ウィンドウズ7にそろそろタブレットのドライバをインストールし、筆圧関知でペンタッチを得よう、としたところ
これがストレートにいかないのでした(汗)

まず、CDROMからインストールしようとしますと、デスクトップにランチャーが起動。
しかし、ドライバ及びいくつかの項目がクリックできませんふらふら
何故・・・exclamation&question
仕方ないので直接タブレットぽいファイルを開け、それっぽいファイルをクリックすると、どうやらインストールできました。
マクロキーは使わないので設定しません。

さて、早速コミスタで描いてみますと・・・
あれ、なんか変?!
ペンをタブレットに押しつけると水平にびゅーっと勝手に線ができ、それからならペン先を動かすことができます。
こ、これは・・・
呪い?犬
別のお絵かきソフトでは問題なし、ですが、コミスタでタブが使えないのは大問題です。
焦って検索しますが情報がありませんもうやだ〜(悲しい顔)
しかし慌てず、そういうときは公式サイトへ・・・
ドライバのダウンロードがありました。
これを使えばいいのですね。
早速setup.exeをクリック、インストール・・・・
されませんもうやだ〜(悲しい顔)
何度試しても発行元の確認が出るだけで、マクロキーのアイコンがタスクバーに出ません。
はて困った・・・バッド(下向き矢印)

「Princeton」フォルダの中にはセットアップの他に、X64、X86というフォルダがあります。
中を見てみるとこの中にsetup.exeがあるので、まずX64のほうで試してみると、
インストールが始まりました。
再起動、うまく行ったかな・・・

タブのポイントが消えたがく〜(落胆した顔)
マウスは生きてますが、ペンを持つとカーソルが消えてしまうという現象が。
エフェクトを切っている事と関係あるかどうかは不明です。
これはコミスタがどうの以前の問題・・・・(汗)
更に困った。

次にX86の中のsetup.exeをクリック。
インストールがなされています・・・
マクロキーのアイコンがタスクバーに出ました!
うまくいったかも。
恐る恐るコミスタを立ち上げ、ペンで描いてみると・・・

やっとできましたもうやだ〜(悲しい顔)
筆圧関知できています。
うーむ、こんなに苦労するとは思いませんでした。
プリンストンのPTB-ST12などで似たようなことで困ってる方、がんばって下さい。
posted by ゆかわ at 01:27| Comment(0) | タブレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。