2011年05月26日

装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ劇場版

やっと鑑賞。
本編はバンダイチャンネルで見ました。かんそう

新しいシーンがいくつか付け足してあるようです。
エピソードによってはばっさり落としています。
エンディングはよかったです。
織田哲郎さんの新録の歌声はちょっと福山雅治チックに聞こえました。
(全国のましゃファンにつっこまれそうですがここはそんな人見てないと信じる。実は初めて聞いたのはパチスロで・・・ゲフンゲフン)

本編を見ていない人が、どこまで理解できて楽しめるかは、ちと疑問かもしれません。
こっちを先に見れば良かったな。
あ、あとワップちゃんが最初以外出てこない。残念。



以下ネタバレを含む感想になります。

発表から時間がたってる作品ですが一応。




ペールゼンファイルズという作品について思う部分を改めて。
テレビ版との繋がりやメカについてはスルーします。
別作品ということで構わないと思うし、CGは好き嫌いがあると思いますが、私は見ていて慣れました。
セルワークの方が迫力のある表現ができるのでは、という印象は残りますが、今後はCGの表現そのものが進化していくことでしょう。
あと、詳しくないので。

で、好き嫌いで言わせてもらうと、
えーと嫌いじゃない・・・という感じです。
以下ぐだぐだと。


視点はペールゼンサイドとキリコ所属の分隊サイドに分かれます。
視聴者がメインとして見るのは、分量的には分隊サイドの方です。
ペールゼンサイドの進行は問題ないのですが、
分隊サイドの展開は、次から次へと苦難がやってきて(というか放り込まれて)乗り越える、という繰り返しがモナドまで続きます。
この繰り返しが正直長く感じてしまったので、繰り返しの中にも少し何か欲しかったところです。

残念ながら(本編においても)分隊の人物の掘り下げがほとんどできていません。
例えば「ザ・ラストレッドショルダー」は短いストーリーですが、
キリコの元戦友達の抱えるバックグラウンド、性格などは見ている側に把握でき、
感情移入もできます。
私個人には、モナド以前の彼らにはほとんど感情移入ができません。
(キリコでさえも例外ではなく。)
どういう人たちで、何を思っている人たちなのか、
ある程度の設定以上の説明がないことが原因かと思います。
(その「性質」、「性格」、を元にして人物を描かなければならないものですが、その説明のみに終わってしまった感がある)
お互いに関わってはいるが、触れあってはいない、といった印象です。
(勿論、お互いが気に入らないならそれはそれで。)
例えばザキが無意識下でキリコを殺したくなるのと裏腹に、キリコのことを代わりに死んでも良いぐらいの気持ちに変わっていったなら、そこがもっと見ている私に伝わったら良かったと思います。
(まあ「キリコは異能生存体だから」で、すましてもいいのですけど。ってそれ言うと全部終わっ・・・爆弾
唯一ペールゼンとの関わり合いを話し合える立場だったので、ポジション的に惜しい材料だったと思います。

モナドまで来て(やっと)それぞれが心情を吐露したりなんだりで、そこからは戦闘も含めて盛り上がっていきます。
そしてあのラストへと。
切り離して考えるべきでしょうが、ロッチナがすでにキリコを知っていてあの第一話と思うと、それはそれで面白いかもしれません。
どんだけ演技派なのかと。

というわけで、

人物についての掘り下げをクリアした上で、誰も信じられない状況や心理描写が繰り返しの戦闘の中にうまいこと組み込まれ、そしてそこへあのペールゼンサイドのオチが加わったなら、心理劇として最高の作品になったんじゃないかと思います。
私にとってですけど。
たぶん誰も望んでない部分かと思いますけど。

長々と書きましてすみませんでした。
やっぱり好きなのでこんだけ書いてしまうという、愛故の所業をお許し下さい。
ちなみにマニアではないので感想以上のことは語れません。
(なりたいけど根性がありません)


おまけ。
パチスロのPV
千葉さん張り切りすぎ。
ロッチナ・・・魂込めすぎ。
ていうかパチスロファンにどれだけアピールできたんだろこれ。
(「むせる」とか…)
サミーは北斗の拳も出してるので若干影響が見られます(笑)
ゲームセンターにあったらぜひどうぞ。



追記。
織田哲朗さんのブログを見ていたら、誕生日が3月11日!だったそうです。
ちなみに私の父も同じ日が誕生日で、高橋良輔監督と年代が近いです。
(ご縁のようなものを勝手に感じて一人喜ぶ)
しかし自分の父親ぐらいの年の人がボトムズ作ってると思うとなんだか不思議な気持ちになります。
もちろん織田さんはもっとお若いです。
最近はチャリティーライブなど積極的になさっているようです。

織田哲朗さん公式サイト
posted by ゆかわ at 23:00| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。