2011年07月24日

原稿発見

110724_1634~001.jpg
片付けしてたら本当に偶然発見されました。
びっくりした。
もう書いてある原稿っていいなあ。
でもってもう少し漫画っぽい環境にできないのかなあ

4ページ目がなかったです

一緒に没ネームがはいってたので使います。
ラッキー
posted by ゆかわ at 16:37| Comment(2) | ストロウイカ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
有川先生、度々失礼いたします。
先日は自分の拙いコメントにお返事をいただき、ありがとうございました。
長年のファンだった先生からお言葉を頂戴し、いまだに感激しています。
今回は、以前投稿させていただいた自身の感想に、補足しておきたい
部分が少々ありましたので、今更ながら付け足させていただきます。

先生の描かれる作品から醸し出される「味」についてですが、
詳しく言うと「スルメ」の様だと感じています。

僕は普段漫画を読むにあたり、手当り次第に色々な作品を読むのではなく
自分好みの作風の方の漫画を、何度も繰り返し読むタイプの人間で
中でも特に有川先生の作品は、度々読み返したくなる衝動にかられます。
既に何度も読んでいて、展開も熟知しているのに、それでも飽きないのです。
ずっと食べていられる「スルメ」の様に。
(「ストロウイカ」にはそんな意味合いも有るのでしょうか?)

その理由の一部はおそらく、作品の至る所に散見される遊び心であったり、
独創的な演出、はたまた変幻自在で魅力的な絵柄によるものかもしれません。
ちなみに「ひまわりのバカヤロー」は、その爽やかな内容と読後感から例えて
「イカそうめん」でしょうか。二人のキャラと関係が微笑ましかったです。

とりとめの無い感想で心苦しいですが、以上が追記したかった部分です。
先生から頂いたお言葉を励みに、「楽しみながら」自らの創作に精進します。
長々とした駄文をお読みいただき、ありがとうございました。
Posted by m at 2011年07月25日 06:49
「イカそうめん」!
良い表現です。ありがとうございます。
ちょっとゆずとかレモンとか入ってる感じでお願いします。

するめのように味わっていただけるとしたら、大変嬉しいです。
自分でも漫画は気に入ったものを選んで手元に置き、繰り返し読むことが前提で基本です。
読者の方に拙作をそう扱っていただけるならば本望です。

>ストロウイカのネーミングに関して
初めは「トロイカ」というのを思いついたのですが、
ロシアっぽいし、もう少しひねって「ストロウイカ」にしました。
イカの単品になってしまいましたが、初めは
トロとイカの2品でした。
語感のみで決めたので意味はありませんが、
よくかんで味わっていただくストロウイカという
ご認識で最高です。
Posted by ゆかわ at 2011年07月26日 07:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。