2011年07月29日

べとべと

なつはもう、べとべと。

で、

多分、いろいろな状況の谷間だと思われるので祝う日をちくちくしようかと思います。

今回は一つのチャレンジをしてみます。
絵の部分をコミスタで。
コミスタ嫌いなんですけど。
何故かというと、エラーが頻発するからです。
環境にもよるみたいですが、残念な方の環境らしいです。
信用できないので近寄りがたく、ちょっと覚えても忘れる、の繰り返しになってます。
〆切りのない自己まんがで実験がてらいじっていくしかないじゃない、ということで、
試練開始です。
エラりませんように。


関係ないけど漫画描くのって、文字書くのより大変なのに
なんか文章より軽く扱われているように感じるのは何だろうか、とパブーでいろんなの見ながら思いました。
「資料的価値の高いもの」「綿密な取材、構成に基づいたもの」「歴史的なもの」、
として存在している文章が立派であるので、ちょっとしたテキストでもその威光を借りられる、ということでしょうか。
では、たとえば立派な漫画作品ってなんでしょう?
鳥獣戯画?
漫画は娯楽や風刺の表現として使われるもの、絵画やイラストから派生したものであって、
主流ではない、から?
テレビで娯楽やお笑いが低く見られるのと同じ現象かもしれない。
上等上等。
お客はそういうものなので仕方ないとしても、
仕事で安く叩かれるのはどうかと。
WEBなんかで老舗以外の業者さんも増えてますから、ご理解お願いしたいな、とか。
実は、漫画って、テキストより作るの大変なんですよ、って部分。
お値段も含め、良い意味でも悪い意味でも、プロも同人もないかんじ。
石ノ森先生が萬画という言葉をお作りになりましたがE電ぐらい定着しなかった。
何かわからなくなってきたので終了します。
雨降ったりやんだり@東京
posted by ゆかわ at 11:38| Comment(0) | 旧・祝う日制作状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。