2013年02月19日

どんなに否定されても残ってしまうものがある

自分にしか描けないものがある
できない表現がある
と、いうことを思い出すことがモチベーション。
仕事は逆です。
己を捨て、一般的な表現を心がける。
そのことが、むしろ裏側に存在する自分らしさといものを思い出させたりもする。
邪魔をされないためには一人でやるしかない、というのが結論で今ここ。

posted by ゆかわ at 09:43| Comment(0) | メモ覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。