2013年04月15日

楽しくやるには

たぶん新刊は間に合わなそうなので、具体的に当日出せるものの整理に切り替えたいと思います。
仕事みたいに辛い思いしながらの制作はせずに、
せっかくだからのんびり楽しく作りたいと思います。
それで食ってるわけでもないし、食えもしないし。


ていうか最初楽しかったんだけど各コマの色塗るだけってめっさ飽きました。
それこそ仕事なら深く考えずどんどんさくさくすべきなんだけど、
楽しく作業するって意外と難しいです。

楽しくて、もしくは世界に入り込んでどんどん進んでしまう…というのが理想なんですが
思えば作業の段階でそんなことできたことないので
ちょこちょこやるのを繰り返すしかないのです。

かなわぬ理想は重荷です。
重たいものはえぃっとかなぐり捨てて… 
捨てたいものがたくさん(´・ω・`)

ちなみにシナリオ段階では「どんどん進む現象」は起こります。
お絵かきは時間かかるから苦手なんですね。

もともとざっくりな線だから早いと勘違いされるかも知れませんが
元々の絵柄がへたくそなので、構図も含めて
悩んで悩んで直して直して、消しゴムかけ過ぎで紙が荒れてペンも荒れるしホワイトもいっぱいだしとか
そんな感じでした。デジタルだとこういう手間は軽減されますね。

意識的に絵柄を変えた時期がありました。
変えきれないまま連載始まっちゃったんでそういう苦労を抱え込んでしまいました。
さらに描きにくいデザインの主人公とか…

描けてない絵を毎回必死になって、
とか誰にもわかんないし見てる方はどうでもいいことだと思いますが、
必死で描いて下手に見えるというのは結構なストレスでした。
応募作は3ヶ月ぐらいかかってたのでその作画クオリティを維持するのははなから無理で、
自分では読み切りいくつかやらせてもらってから…と思ってたんですが、実際はネーム3本のストックからいきなり連載に。
ド新人で無かったとはいえ無茶だと思いました。
ネームに時間をかけている、と思われた方もいるようですが
こんなだったので実は逆でした。
ネームは比較的早い方だったと思います。
早さが災いしたこともあったり…

昔話になってしまいましたがさておき。

時間をかけず、しかもかっこよく…というのをシュミの世界で開発できれば。
ひらめき「アート」っていえば何でも許されるような気が(・∀・)
いえチートではありません。
アートも名乗りません。

モチベーションはできあがったところのイメージ。
本にしたいな、ていう気持ちはあるのでなんとか保つと思います。
(間に合わせたい、ていうのはないのか…)

塗り方がイメージ通りにいっておらず、
水彩っぽくいくのかアニメ塗りなのかこてこてやりたいのかも曖昧で、
手が困ってる感じ。
でもアナログでも不透明のガッシュと透明のドクターマーチンを
同じ絵で一緒に使ってたりしたのでなんでもありといえばありなんですけど。
ありですね(自己完結)。
posted by ゆかわ at 09:08| Comment(0) | ストロウイカ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。