2015年03月17日

自分の絵じゃない

色々書いて思い出したことがあったんでメモします。

私は昔、というのは一般商業誌で働いていたくらいの時期をさしますが、脳内で自分の漫画のシーンを思い浮かべるとき、それは自分の絵ではありませんでした。
意識したのはアシ先で他のアシさんと話してたときです。

ネームってどうやってる?みたいな話になったとき、自分の絵で考えていないと言いました。
なんだそれ?と不思議がられました。
考えてみればそうかも知れませんが、自分にとっては当たり前のことだったので、そうだったのです。
特に誰の絵で、と決まっているわけではなく、さっき見た漫画の絵かも知れないし、有名どころのまんが家さんの絵だったり、特にファンだから、というわけではなかった気がします。
選ぶのではなく勝手にそうなるのです。

なぜ自分の絵で想像できなかったのか、ということを今考えてみると、自分の絵が嫌いだったからではないかと思います。
嫌いになったのは持ち込みの時にへたへただめだめ言われすぎたせいで、ごく最近になってようやくその呪いがとけたのかも知れません。

lopのキャラの一部は高校時代に考えたもので、この人生で長いつきあいになります。
今は、私の脳内で彼ら自身が彼ら自身の姿で動きまわっています。笑っています。 泣いています。
新しい服も着ています。
少し前まであり得なかったことです。

このところ急に生き生きと彼らが自己主張を始めたのは、長きにわたる呪いが本格的にとけたのかも知れない、という喜ばしいものでもあるのです。




しみじみとほほ・・・・あとはゼットくんに頼んだ(;ω;)
posted by ゆかわ at 07:51| Comment(0) | むかし話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。