2016年09月18日

ゲームはたのし

TGS楽しいですね!
おへやでニコ生視聴ですが、ゲームの宣伝ビデオ見てるだけで楽しいです。
昨日は公式でコスプレイヤーさんのショーがあって、元ネタが何のゲームかほぼわからないけど楽しかったです。
今日もコエテクブ−スを見ますがしょこたんがゲストで来るそうでこれも楽しみです。

公式で流れてたプロモを見てると最近はリアル3Dか2Dかどちらかで、一昔前に多かったデフォルメキャラの3Dタイプはほとんど見ないのですね。
昔はリアルな造形が難しかったためにそういう選択肢になったのでしょう。
サターンの「Dの食卓」が今みたいなすごいCGならまた印象が違ったかも知れませんが、当時としては最新技術で素直に驚いたわけで、それほど繰り返しプレイしもしていないのでゲームの内容はよく覚えてませんが家庭用ゲーム機で3Dが遊べるようになったことは未だに強い記憶として残っています。
バーチャファイターをゲーセンの縦型筐体で見たときの驚きとか
2Dですが初めて「ゼビウス」を見たときの興奮とか
懐かしく大事な思い出です。
ゼビウス発見の時はお金を持っていなくて、年下の子のプレイをただ見てるだけでした。
場所は今は無き、くるーりくるり西新井くるりのマリン、東京マリン。
このメロディが脳内再生される人はナカーマ
カーブが多くある長いウォータースライダーが売り物で、こんなTVCMを関東ローカルでやってたのです。
東京マリンはこんな感じ
帰って探したら、よくいく大手スーパーのゲームコーナーにありました。
駅前のゲーセンは不良のたまり場として学校で禁止されていたので、そういうところや駄菓子屋の店先、あるいは出先などでこそこそやっておりました。
ゲームを本気で楽しむ気もないくせにちびっこからかつあげ目的でたまってたヤンキーのみなさんほんと最低ですよ
程なくしてゲーセンは明るくなり、やがて大型チェーン以外は消えていく運命に。
普通にさみしいです。

正直にいえば漫画を読まなくても生きていけるけど、ゲームはやりたい。
ゲームはないと困る。
ひまつぶしにやるわけではないので最近のオンライン課金方式は好きじゃないです。
いつか相手の都合で勝手にサービスが終わってしまうから。
いくら貢いでもどうせ俺のモノにはなってくれねーんだし的な。
好きなモノはずっと手元に置いておきたいタイプです。
壊れたサターン黒も絶対捨てません。
しかし好きなゲームならお金があれば運営に協力したいですからそういう意味では払いたいのは山々ですが・・・びんぼうがつづいているためすみません。
かといって今後ゲーム業界に何か恩返しできるようなこともないでしょう。
残念ながらゲーム化されるような漫画も描けませんし(-_-)
さて。
ゲームは好きなので、好きすぎてはまってしまい、飲まず食わずになったり何もしなくなったりするから無闇にできないのですが、忙しいからといって好きなことを制限しすぎるのもつまらないし、ゲームショー見てるだけでもあがるから、やはり好きなものは好きだということを思い出しました。
ゲームして合間に漫画やる、というのがもしかしたら自分的には健全な状態かも知れません。
お絵描きでゲームぐらい夢中になれたら良いんですど・・
漫画のテキストやネームまでの作業ではわりと夢中になれる場合はありますが、作画は飽きてしまいます。
残念です

現在コンシューマーで遊んでいる作品は一つもなく、フリゲやブラウザゲームばかりになっているので最近のゲーム情報も見ていきたいです。
お金がないのでハードが出るたびチェックする事もなくなってしまって、持っている最新ハードは厚かった時代のPSPでソフトは初代モンハンだけ。
さらにアダプタを無くしたのでそれっきり放置。
バイトしている頃に買ったので移動中にダウンロードした体験ゲームなどして楽しかったです。
「勇者のくせになまいきだ」とか。製品版はやってないです。
モンハンはひとりプレイが厳しかったですが最新のはどうなんでしょう。
アダプタも探せばあるはずなんですけど・・・捜索目的で部屋の掃除が良いかも知れない。
がんばりましょう
posted by ゆかわ at 05:51| Comment(0) | むかし話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。