2016年09月24日

企画Fについて思い出し話。

思い出したので昔話的にメモしておきます。

たぶん、描いた原稿を編集者に見せた記憶がないのと、
中学時代でも確か画用紙じゃない紙に描き始めた時代があったような気がするので
画用紙に書いたということはかなり早い時期のものかと思います。
ストーリーもちゃんとした話というよりも
ちょっとした、あやしいエピソードを短いページ数で、
目標としては「絵をがんばる」みたいなところがあって、
内容はあまり覚えてないんですけどがんばったコマの絵などをいくつか覚えています。
墨ベタもムラにならないように気をつけて塗ったりとか。
その時の主人公はさっき絵の左のキャラでした。

前記事の絵をtinamiさんにもアップしました。
http://www.tinami.com/view/870809

もう少し後になって
最初の編集部とは違う編集部にネームの持ち込みをしてたときに、
この設定を引用したストーリーを作りました。
その時の主人公が右の男子です。
ネームは没でしたが担当さんには、登場キャラが良いと言っていただきました。
その時のキャラは今回出していないのですが、
実はその時の、右男子の血脈にある人が祝う日に出てます。
読者さんにはわかるかも?
位置的に親戚みたいな子なのでこちらもよろしくお願いします(゚ω゚)ノ

某誌で某連載が始まって少ししたとき、コンビニ2階の編集部まで
打ち合わせに行ったのですがそのとき担当に
「これ以外だったら何描きたい?」と唐突に言われ
「地味な超能力もの」と答えました。
速攻却下されましたが「まあゆかわさんならいいかもねw」と
言われました。
質問の意図も担当の答えもよくわからないものでしたが
その地味な超能力ものの設定の元ネタがこれにあたります。
打ち合わせの時にはもうちょっと違う設定で考えていましたが
昔の持ち込みネームのときの設定をメインに考えてみた感じです。
(できるかなのメロディで)
かっけるかなかっけるかなーはてはてふふー

posted by ゆかわ at 06:02| Comment(0) | 企画F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。