2017年03月02日

キーボードが硬くて手が痛い(+ω+)

文字打ちすぎ。

ファンタジーは苦手なもんで、あまり読まないし仕事ではほとんど描いたことないんですけど持ち込み時代にはぼちぼちやっていて、lopの原型もその頃できました。
こちらのあとがき参照

その頃の持ち込みでショックなことがあり、個人的にファンタジーは封印してたみたいなとこもあります。

単純に馴染みがないので「ファンタジーらしさ」みたいなのは出せないし、そこは目指すところでもなかろうとは思うのですが、そもそもファンタジーとはなんぞやと考えると古くは北欧神話とか西洋の伝説、神話などをモチーフにした作品が主流だったわけです。
それに対応するものとしては古事記や日本書紀、昔話などが日本のファンタジーだよな、みたいに考えていくと、私も痛快娯楽時代劇なら好きなので、あれは大江戸ファンタジーだ!という解釈をむりくりしてみたりして登場人物の一部が時代劇口調になったりしてますが楽しいから良いことになりました
もともとは洋風設定だったんだけど徐々にそれ以外とか和風テイストが入ってきてイイ感じで変なごった煮感がでてまいりやした。
巻こう

好きな時代劇OPのひとつ「同心暁蘭之介」
アーバンなテーマ曲に捕り物道具や絵図などのあしらい、名前の出し方など格好いいです。




posted by ゆかわ at 09:22| Comment(0) | lop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。