2017年04月13日

とても趣味ではできない。

絶賛労働中です。

漫画制作は疲れますね
なにをいまさらという感じですが。
ありがたいことに目立たない形で絵とか漫画関連のお仕事をぼちぼちさせていただけているのですが
関係者の方はみんないい人だし仕事内容も自分のできる範囲、得意なジャンルだったりだし、
新しい仕事だと作業手順が慣れないとか自分の手が遅いとか問題がないわけではないですが
比較的良い環境であり、しあわせなはずなんですが。

一般商業誌では、

1●自分なりの表現が制限される
2●人間性や作品の方向性の合わない担当さんがつくことがある
3●(場合によるが)定期の〆切りがある

というストレスが加わりますが、今はそういうのはない状況だと思っています。
3は仕方ないけどもう1と2に耐えるのは無理、私の商業漫画的ライフは尽きました
Zくんの時代にライフの無駄遣いしてしまって・・
とはいえ今はwebの時代でもあるので世の商業漫画敗残兵も商業漫画落ち武者(どういう表現なのか)も手に職があるぶん慣れない新人さんより有利な面はあるので、むしろこれから活躍の場があるかもしれません。
既存の雑誌、出版社では職にあぶれてる中堅を活かそうという発想そのものがないかも知れませんが、デジタルコンテンツとして漫画を扱うようなIT系などでは業界の変な慣習とか伝統とか無いですから、そこはプラス要素ではないかと思います。
ヒント:最近の若い人はデジタルソフトなどの普及でそれなりの技術はあるし、
絵も上手だけどコマワリできない人多いらしいです。

で、
結論として漫画は大変です。

他の人はわからないけど私の場合は変な気合いが入るみたいで、
最近自覚しましたがモニタを見てる間いつもより目が見開いてるらしく
もともと乾き目なのにさらに乾きます。
波に乗れば進むが乗らないと進みません。

同じ様なことを同人でしないといけないとすると・・・
仕事でもないのに、〆切りもないのに、こんな大変なことしたくない・・・
と中の人は思ってしまうのかも
しかし、自分が本気で全力で何か為そうとするのはまんがだけです。
まんがだけは、嘘偽りのないものとして人様にお見せできるようでありたい。
という気持ちでやっております。
がんばろうストロウイカ
posted by ゆかわ at 05:49| Comment(0) | メモ覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。