2017年07月15日

人生初カナブン

昨日道ばたでひっくり返って羽をぶんぶんいわしてるコガネムシを見つけて、
夏よのーとか思いつつ通り過ぎたんだけど、一応助けようと戻り、指を差し出すと、とまりました。
しかし飛ぶ力はすでになく、羽ばたいて落ちてしまいます。
ここに置いていこうか、もっとはじっこに・・・と思ってみていると、あれ
ドウガネブイブイじゃない?
ハナムグリでもない・・・・
もしかして
か、カナブンさんですかーーーーーーーーー
カナブンさんだーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

顔も四角いしどう見てもカナブン!
普通の茶色いような緑のようなカナブンでしたが感動しました。
ラッキーカナブン

実はカナブン見たことなかったんです。
タマムシやクワガタやカブトは見てるのに、蝶取りはしてたけど甲虫取りを積極的にしてないので生きた本物を見る機会がたまたまなく、初めて道で拾った!というわけです。
家に連れてきたが水分を吸う力もなくてやがてお亡くなりに。
地味に輝くいぶし銀な前羽・・・うっとり
昆虫は死してなお美しいのでコレクターがいるわけですが、私はそのための殺生が好きじゃなかったのでそっちのマニアにはなりませんでした。
自然の中で繁殖をがんばってほしいです。
虫がんばれ。

カナブンは林や山などに行けば普通にいますが東京23区内の、周りにとりたてて自然のないような場所だと、そこらにいるのはほとんどドウガネやハナムグリです。
ちなみにアオドウガネはここ暫くで見るようになり、子供の頃は全く見ませんでした。
野鳥の居場所が微妙に変わってきているように、虫分布もかわってきているのかも。
最近の夏場に蝉と共に落ちているのはほとんどアオドウガネ、ハナムグリは少なくなってる気がします。
ドウガネのアオが進出してきた理由は何なのか。
もしかして今後はカナブン多めに見れるようになるのかも?
と謎と期待を持ちつつ引きこもる夏の日(´ー`)
毎日フィールドに出てる人ならいざしらず毎日部屋にいるこのわたくしなので、ほんとうにラッキーです。
ラッキーカナブン(二度目)


ちなみに色んな色があるんですねー
http://lucanidae.blog.fc2.com/blog-entry-103.html




追記;三共リメイクさんの害虫一覧ページ。
毛虫たっぷりなので閲覧注意です
http://www.sankyoremake.com/kemusi_control_s.html

アオドウガネに関しての解説引用します。

最も目にするコガネムシの一つで成虫は18〜25mm程度に成長し全身緑色で鈍い金属光沢をしています。成虫は植物の葉を摂食し幼虫は植物の根を摂食するため植物に依存してその一生を終えます。成虫は5〜10月に発生し正の走行性があるため夜間コンビニエンスストアのガラス面などに落ちて徘徊する姿をよく目にします。垣根の付近に照明などがあるとその垣根が大打撃を受けることがあります。

そしてドウガネブイブイの解説。

体長25mm程度に成長し全身暗銅色の鈍い金属光沢をしています。アオドウガネが比較的市街地に多いのに対してドウガネブイブイは広葉樹林に多く生息します。南方系の前種に生息域を拡大され、その数は減少傾向にあります。基本的な生態はアオドウガネに準じます。

・・・とのことで、アオいのは温暖化にあわせて北上してきたのかも知れませんね。
ドウガネブイブイも害虫扱いですが(´Д`) 全然見ないのも寂しいなとか。

オオミズアオもなのか・・・成虫はあんなにうつくしいのに。
お庭で見かけたばあい、差し支えなければ幼体を活かしてあげてください
posted by ゆかわ at 08:07| Comment(0) | メモ覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。