2018年06月01日

あさちゅん

ベランダの手すりの所に亀さんの食べ残しを置くようになって早幾歳・・・
数年間の放置を経てついに奴らは気づいた。
これは「食える」と。



鳥絵文字がこれしかないよシーサーさん(クレーム)

あくまでも食べ残しを置いてるので常にあるとは限らないのですが、
奴らはついに窓際の亀さんの水槽まで覗きに来ました
水槽の中に食べ残しが浮いてるのでその視察と思われます。
それを食わせろと。
ずうずうしいなおい

ご近所などの環境の変化もあってのことだと思うので、もしかしたら今が天国かも

すずめにも色々いて、こっそり来てこっそり持ち帰る奴もいれば、そこで食べるだけ食べてさらに持ち帰る奴とか、
黙ってくるのもいるし鳴きながらやってきて鳴きながら去るものもいます。
音声を発するのはオスなのかな?
仲間に対する合図のはずですが、最近では中の人に向かって「来たよ」とか「くれよ」とか言ってるようにも思えます。
亀さんが狙われると困るのでカラスちゃんには寄りつかないでもらいたいと思ってるから出し方とか量と難しいなと。
でもカラスは池の亀を食べないですよね・・大丈夫かな?
朝から何をしているのか
posted by ゆかわ at 06:19| 東京 ☁| Comment(0) | メモ覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。