2019年03月25日

段階を踏む。

第2部進行中。
大きなエピソードはあるんだけどそこまでのプロセスづくり。

キャラができてるからやりとりなどは作りやすいし自分では楽しいんだけど、
見る人がどう見るか。
楽しんでもらえるか。
こんなやりとりはいいから話進めてよ、って思われると困るなあとか心配になったり。
ラストをすでに作ってるからこそですが、そこに至るまでにこういうのも必要なんです。

てけてけん、たとえばなしー
てってれれって てーてーてー

付き合いだした彼女にエッチしたい彼氏がいるとして、
彼女の方はまだそんな気持ちになってない場合、
いきなり結果だけ求めるの間違ってますよね?
ねえさっさとエッチさせてよ、付き合った意味ないじゃん?
とか言えないし言っちゃ駄目ですよね。
おまえは超絶イケメンかカリスマかみたいな。
だいたいは彼氏がそこまでの道のりを考えなきゃいけなくて、何故ならそれは、
彼氏側の「自分だけがエッチしたい」という状況を変化させなければならないから。
そうですそのために必要なのが、プロセス
こんだけ金も時間もかけたのになんもナシで振られた・・チクショー
とかもあるでしょうけど、人とのつきあいというものを結果を得るためだけで考えてるから見透かされてるんだと思って反省しない人は、なかなかいい相手に恵まれないでしょう。
金目当てとか暇つぶしの女性には好まれそうですけど。
まあ商談とかもそうですよね。

近頃のわかいもんの中には、プロセスそのものを「無駄なコスト」と捉え、結果だけ求めるからナンパではなくいきなり触るとかもむとか犯罪しちゃうのかも知れないな。。。などと。

ということで、プロセスは大事です(きりっ

作品的には、そうかだからこうなるのか・・という説得力が増してる、と思って作ってます。
進めます。

最初は別のこと書こうと思ってたけどまあいいや(´ー`)



posted by ゆかわ at 04:22| 東京 ☀| Comment(0) | 企画F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。