2019年08月10日

洗濯機の終焉

もはや息も絶え絶えで、操作パネルボロボロ、脱水できない、片方にしか回らない、
といった壊れかけの洗濯機ですが、久しぶりに毛布を洗いたいからぱかと蓋開けてみたところ、
謎の茶色い汁の跡が・・・なんか錆びたの?
洗って毛布を入れてみる。
動かず。
仕方なく手を突っ込んでもみもみするとちょっと動くも、
どうやら本当に終了。
何年使ったかわからないけどご苦労様でした。
お金不足で買い換えできないけど入れ替えがもっとできない。
洗濯機はベランダにあるので部屋を往き来しないと。
人間が通れる道はないので無理。
自分だけでは無理だし人も入れない。
夏なので手洗いし放題だけど冬がつらいですね。
ガスもだめなので・・・
むーん。

冬のことは冬悩もう。

posted by ゆかわ at 16:39| 東京 ☀| Comment(0) | メモ覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。