2019年08月17日

幻の「野生のポテチ」を探して

ここんところ基本としてスナックなどを控えつつあるのですが、ときどきみょーにポテチ食べたい衝動が。
しかしそこらのポテチではだめです。

私の食べたいポテチの条件はこれ。

・ただの塩味(添加物や調味料ほぼナシ)
・食感がガリガリ、ざくざく(厚くて固い)

このようなポテチを「野生のポテチ」と呼びたい。

先日は湖池屋のりしおを食しましたが、おいしいけど薄いせいかちょっと物足りない。

食べたくて食べるなら、コンソメとか他の味でも良いんですけど、概して甘い。
甘みがあるともう失格。
野性味ダウン。
しかし、日本の顧客はガリガリの塩味をあまり好まないのでしょう。
複雑な味のポテチ商品の多さからもそれを感じます。
昔、近所の映画館でなにげに買ったフリトレーのポテチが理想なんですけど、近年では国内での販売はなく、輸入品の通販ならあるみたいです。
しかしわざわざ買って食べてみたら以前と違ってる可能性もありますし、どうなんじゃろ・・・



どうやらコンビニ売りがあるらしいです

2018.11.13
Lay’sポテトチップスがマジうまい…でも量がマジ少ない【量は最悪、味は最高】
https://keicob.com/lays-ryou-sukunai/

コンビニで買い物しないので気づきませんでしたが、今度見てみよう。

ちなみに菜箸で食べるので指は汚しません。
長いので奥まで届きます。
指を汚したくない人やデスクワークの方におすすめ。



posted by ゆかわ at 09:23| 東京 ☀| Comment(0) | メモ覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。