2019年11月09日

ゾンビ ダリオ・アルジェント監修版

ゾンビ ダリオ・アルジェント監修版
https://gyao.yahoo.co.jp/p/00837/v09980/
2019年11月22日(金) 23:59まで

割とその筋で評判の悪いw
アルジェント版、初見です。

ファンだけどマニアではないのでどこがどう違うとか細かいとこはわかりませんが、
雰囲気はだいぶ違ってます。
音楽多めで、ラストもこれからまだまだ行くぜ!みたいな元気の良い感じなんですけど、
これ以外のものではどこへ行くのか、この先どうなってしまうのか・・・不安な印象でした。
デパートの音楽が流れるそうだけど覚えてないな・・
今見たらまた違うのかも。
ロメロ版も観たいです

ヘリで頭をカットされる有名なゾンビがいなかったけど別作品だったか、
念のため調べたらやっぱりゾンビでした。
自分が寝落ちしてたんじゃなければそのシーンがなかったです。

若きサビーニ先生の勇姿!
暴走族のメンバーに特殊メイクのトム・サビーニが混ざってます。
ひげをとかしてる変な人。

動物のお肉とか使ってるんですけど、こういう古典的なの最近見ないので、どこかから怒られるんですかね・・・
後ほどスタッフが美味しく頂けばいいし、いけないとしたらなんでだろう。
各ゾンビさんが「はいあなたはこのお肉」とか渡されてるところを想像すると微笑ましいです。

有名な役者さんは出ていませんが、いい演技してます。
特にロジャーの人

ほとんどのゾンビは顔を青く塗ってるだけというシンプルさ。
恐らく予算の問題だと思われますが、各ゾンビさんのがんばりも見てあげてください><
ちゃんとしてるゾンビはサビーニ先生ががんばってますのでそこも見てください。

デパート独り占め楽しいな♪という映画でもあるんで、
内蔵以外はあんまりグロくないですからゾンビ初心者さんにも安心、かも。
後年になって速く走るゾンビ設定が出てきますが、こちら元祖なのでそういった緊張感はないかもです。
しかし短い時間なのに人物がよくできており、役者さんの演技も含めてこれは結構すごいと思います。
彼らは「ゾンビゲームのキャラ」のようではありませんから。

サントラ持ってるのでよく仕事BGMでかけてました。
すごい明るい曲もあるんですけど、あーここで使ってんだ・・・みたいな。


「4. 狂気の一団」とjか、昔料理番組なんかでも使われてたり、
選曲した人はわかってやってんだろーな(・∀・)
と思って聞いてました。
リンク先で視聴できます


アクションシーンでよく使われてる曲

ゾンビ 7”(1979)GOBLIN Zombie L'Alba Dei Morti Viventi

今にもゾンビさん達が襲って来ようという日本でのキービジュアルですが、宣伝の方はよくこの写真を選んだものだと思います。
本編ではエレベーターの開く一瞬のショット。


楽しさと不気味さと人間の本能と。
良い映画です。



ラベル:ホラー 映画
posted by ゆかわ at 12:48| 東京 ☁| Comment(0) | メモ覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。