2020年01月06日

一進一退感、よしなしごと。

年末年始で祝う日をびゃびゃっとアップ,そしてFへすすっと移行!

ならず。

やればいいのにやりたくなくてうだうだしつつもちょっとづつ進めて、
いったん描いたけど部分的に線がひどいので描き直し。
線がひどいってわかってきたのでちょっと落ち着いてきたとも言える。
時間があってもだめなときはだめ、今回は割とだめでした。

正月とかGWとか世間が休みだとなんかだらだらするのなんでだろう。
休み関係ない暮らしのはずなのに、なんか影響されてしまうんでしょうね。
本当は取引先がお休みの間に私用をすべきなんですけど。
新年からだめだめ(´Д`)

実家へは行ったので漫画にしましたけど、
これは元日のニューイヤー駅伝で、すること無いので自分では見ない駅伝をぼーっと眺めるみたいな実家あるある、
駅伝は長いからイカ父が途中で寝ちゃったりして、つんつんして起こしてみたりして、
旭化成が2位と大差をつけての連覇、胴上げしてる脇にノーベル化学賞の吉野名誉フェローがにこにこしながら見物、
っていうところまで描くといっぱしの日記漫画風にでもなるんでしょうが別に描きたくはないので。

一進一退。

水前寺清子 三百六十五歩のマーチ 1980

国民的におなじみの。
この方はステージ衣装が基本的に男装なんです。
男装の麗人、とまでは行かないので女性ファンにきゃーきゃー言われることもなく、当たり前に男の衣装を着ている。
似合ってるから当たり前に感じますが、まずどうしてこのようなコンセプトになったのか、また他にこういう人がメジャークラスではいないのか、ということをよく思います。
逆に、女装の男性歌手なら美輪明宏とか、美川憲一は派手だけど実はそんなにフェミニンでもないなとか、
昭和の歌謡界は懐深いですね。
posted by ゆかわ at 07:38| 東京 ☀| Comment(0) | メモ覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。