2020年04月30日

3話目

ネーム前段階のレイアウトと考えると気も楽。

3話目をやろうとしてテキスト見てるんですけど
まだいじれる。

ちなみにレイアウトで一番大事なのはセリフ配置です。
オブジェクト位置が決まらないと決まらないので同時にします。
つまり全ての物体配置と仕切りが大事です。
決まったら下書きして清書。
レイアウトが決まったら勝ったも同然、という気分になります。
読者目線の時はここがうまい人が「漫画うまい人」という評価になりやすいです。
マンガの肝は絵でも話でもなく、レイアウトである。
コマ割りといってもいいけどコマ線とは枠線であり仕切り線である。
つまり、どう仕切るかである。
とりとめが無くなってきたので終わりますが
商業作家でも今述べたようなレイアウトをきっちり詰めてやってる人少ないと思います、時間なくて。
セリフが面白くて絵がうまければ間が持つから、後回しになりやすい。
「ん?話が面白くて絵がうまければ、それでいいじゃない」
と思いませんでしたか。
つまりそういうことである。
「時間がある」ことを武器にしたい。
もちろん描き手や読み手の好みもあるし、時代の流行り廃り、テンプレのようなものもないしコマ割りに王道無しと思っているが、
そもそも良いレイアウトのマンガの存在が少ないので見る目がある人も少ないように思われる。
もちろんイカのソレも完璧ではないので。
がんばりまうすょ。
posted by ゆかわ at 20:23| 東京 ☀| Comment(0) | 企画F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。