2020年07月23日

ラジコ不調

昨日がなんか全然ダメでした。
今は治ってます。

色々あってなかなか聞けてないのが多いです。



ラジオ日本「タブレット純 音楽の黄金時代
出演者 :タブレット純

7月18日(土) 17:55-20:00

タイムフリー
http://radiko.jp/#!/ts/JORF/20200718175500

久々に聞いたらアニメ特集とのことで、懐かしい昭和のアニソンが多めに。
古いファンなら知ってる曲ばかりですが、さすがタブ純さん、歌い手の情報が詳しいです。

冒頭での物真似は「アラレちゃん」のせんべえさんと山吹先生だと思いますが、なんか山吹先生の方が似てるw

てんとう虫の歌は近所の友達の家で川崎のぼる先生の原作漫画を読んだことがあり、
飛行機に乗って旅行に出かけた両親が飛行機事故で・・・
というところから始まるんですけど、川崎先生の絵って結構リアルタッチで、
それで飛行機がドーン!みたいな、ちょっと衝撃的でした。
アニメではそこを柔らかくしたものと思われます。
末っ子のひよ子が人気でした。
とても小学生とは思えないスタイルの月美姉ちゃんや、次男のカジくん・・・お姉ちゃんが働き過ぎで倒れる回とかありましたね。
他の家族も手伝うけどメインはお姉ちゃんひとりで、今だと小学生が大家族の家事ワンオペとか設定段階で無理でしょう。

その後川崎先生はコロコロコミックで「ムツゴロウが征く」という少年時代の畑正憲さんをモデルにした作品を連載されるのですが、
出てくる犬が、体はリアルにかかれているんだけど顔が「てんとう虫のからべえ」みたいでなんか嬉しかった記憶。



TBS「アフター6ジャンクション」(3)【特集コーナー】など
出演者 :ライムスター宇多丸/日比麻音子(TBSアナウンサー)

7月22日(水) 20:00-21:00

◆20時『日本の戦争映画』を支えた脚本家・須崎勝弥特集 by時代劇研究家・春日太一

タイムフリー
http://radiko.jp/#!/ts/TBS/20200722200000


ラジコの接続が悪くてぶっつぶつだったので後でちゃんと聞きます。
戦争映画とそのテーマ曲ヒット、懐かしいです。
戦争映画は好んで観る方ではありますが、このあたりの昭和ヒット作はそういえばそんなにしっかり見てないのでちゃんと見たいです。
須崎さんは特攻の生き残りで、その脚本では若者の無駄遣いみたいな作戦をかなり否定的に書いているそうです。


映画【連合艦隊】主題歌 〜『群青(劇場公開版)』

ピアノは羽田健太郎さんだそうです。

自分もおそらくそれなりのシーンで涙腺緩くなるとは思いますが、
コメントに「英霊に感謝」と書いてる人が多くて、自分にはんとなく違和感です。
春日さんの解説を聞いた上で映画をちゃんと観て、改めてどう思うか聞いてみたいところ。
自分なら感謝ではなく、お悔やみを捧げます。
人の死にありがとうとは申せません。

ついでに書きますが作られてきたほとんどの戦争映画は反戦映画です。
「映画なんか撮らずにまた戦争に行きたい」と思う映画人なんかいないですから。



posted by ゆかわ at 08:07| 東京 ☔| Comment(0) | らじばな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。