2019年12月05日

キャラクターの「言動不一致」を是正する

手が空きました。


そして、時系列関連での重大な間違いに気づく!
がーん

相当後ろで描くかどうか迷ってた部分ですが、整理すればコンパクトにまとめられそうなので描くかも。
テキストは全面改稿予定。

これは「企画F」の下調べをやってなければ気づかなかったかもしれない部分なので、Fを挟んでよかったです。
かなり前に作ってたのに今までずっと気づいてなかったし・・・
下調べだいじです。。。 反省

25日とそれ以降の追加分もちょっと見直し。
人物の立ち位置が変わったので、予定していた言動が変わってきます。
完全にこなれてなくて、以前の立場での発言が残ってしまっているのでちょっと見直しが必要。

ここは結構大事なことです。

ここをスルーすると、キャラクターは「言動不一致」となってしまいます。

直さないまま作ってしまって、それを読者が見ると
「この人何考えてるの?言ってることとやってること違うじゃん」
とか
「この人が急にこんなこというなんて、ここで黙ってるなんて、おかしくない?」
みたいな印象に。

例えば元々敵だった人が急遽味方になるとか、死ぬ予定だった人を生きてることにするとか
大きな変更があると細かいところ全部見直すことになって、
なかなか大変な作業になると思います。

作者サイドも元のものを時間かけて作ってますから、元の印象が残っていて
新しく直しきれないこともあります。

話の最後に時間の都合などでばたばたまとめた作品では起こりがちではと思います。
結果としてどういうことになるかというと、
登場人物が、制作側の都合で話のつじつまを合わせるための狂言回しに使われてしまう。
「言動不一致」が起きます。

時間のない現場では仕方ないのかも知れませんが
時間があるなら避けるべき。という考えです。
がんばります
posted by ゆかわ at 06:04| 東京 ☀| Comment(0) | 祝う日情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

労働しましま

ありがたくも労働が発生したので一旦とめます。

労働しつつ隙間にテキスト直したり作画進めたりしたいです。
作画というか、枠組み作り、と思った方が気は楽みたい。
絵のプレッシャーがひどい(´Д`)
やればできるのに。

乗ってるバイクを進ませたいのに自分で全力ブレーキかけてて、止まってる車体を引きずってる感じ。
それは疲れますわな(´Д`)
なので止まってる方が楽だがエンジンさえかかれば進んでる方が楽になります。
エンジンがなかなかかからない・・・
上手い方法が未だに見つからない。

ネームのときは「プログレを聴く」が一定の効果をもたらしますが
絵に関してはそういうのないんですよ。
なんかないかすら
仕事しながら落ち着きたいと思います。

今回テキストをカットしつつ
4ページぐらいカンバスを作ってるので最低でも4ページ更新予定。

もっと進みたいですが・・
posted by ゆかわ at 05:21| 東京 ☁| Comment(0) | 祝う日情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

準備始めました

久々すぎてお絵描き用カンバステンプレはどこ!とか
ファイル名はどうすれば!とかおろおろしてます。

新章なのでフォルダも新しく作成。
いざ参りましょう!キリッ

いや疲れちゃうからフラットに。
淡々と進めたいです。

絵も描いてみないとわからないのでとにかく描いてみないことには。
さくっとできたらいいなあ・・・


BGM
瞬かぬ星たちの宴

ホルスト 組曲「惑星」/シャルル・デュトワ

シャルル・デュトワさんの細かい動き
posted by ゆかわ at 06:21| 東京 ☁| Comment(0) | 祝う日情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

テキストひと段落

かなりの文字を追加しました。
よくこれだけ埋まったなあ・・と思うくらい。
どこまで採用するかは未定ですが
しばらく置いて熟成させます。

というわけで25日の作画に。・。・。・
準備しましょう。
大丈夫です準備です。
線の練習もしておきましょう。
大丈夫です。




Samuel Barber (1910-1981) - Agnus Dei (Adagio for Strings), Choir of Trinity College.

バーバー作曲、アニュス・デイ。
映画「プラトーン」で知りましたが今まで何の曲だか知らなくて、クリスマス関連曲を聞いてたら出てきました。
何ガンダムだか、ガンダム名にも使われてるようです。
意味はラテン語で「神の小羊(子羊)」だそうで、
すなわちキリストを指す言葉。
posted by ゆかわ at 11:37| 東京 ☁| Comment(0) | 祝う日情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

過去と現在のコラボ、そして未来へ

長引きましたがテキスト直し終盤、最後の方が書き散らかしたままだったので
修正追加組み換えなど手間取ってます。
遺伝子組み換えは行っておりません。

見直してると今ならこう直すという部分もありますが、
ここはどうやって作ったのか、今は出て来ない、この流れはたぶん作れない
という部分も散見。
まさに過去と現在のコラボ。
その時に作って、心残りは後の作品に生かす、と、いうのが本来はいいんでしょうけど
うっかり制作期間が長くなった分、内容のクオリティは遠慮無く上げていきます。

今回も奇跡が来ました。
祝う日の元となったあるイメージがあって、
※(ストロウイカグラフィティ試し読み部分参照
作中で言及することはないと思ったんですが
ある人がそこについて語り出しました。
おおフロイデ。。。よくぞ言ってくれた○○○くん!
テキストで会話打ってたらほんとに何となく始まりました。
こういう体験ができるのは作者特権です。
しかしここまでをお見せするまでどれだけかかるのか。

作画は今までよりさらにざっくりいきたいですが
納得いかないような画面ではまずいし、バランスは難しいです。
決まったやり方で制作してないから変なところで引っかかったりするんですよね
生産性を上げたいが、粗製濫造では困るというせめぎ合いですけど
あんたなんかどうせ最初から粗製やないか!というツッコミがあちこちから。。。
悩むだけ無駄みたいな結果になりがちですけど
悩まないと進めないんで
悩み時間の短縮も目指したいです。
足踏みも長いです・・・


テキストはこれでまとまりそうな気がする。。。
ので、最後の当たりの真ん中辺をやって一旦閉じようと思います。
ああ作画怖い怖い

未来を見に行こう。




このジュ−ス中身はいってんの?
カラやん

(カラヤンは有名な指揮者です)

カラヤン ベートーヴェン《歓喜の歌》 1986

年末一足飛び(やばい)


今気づいたけどyoutubeのタブにあるスピーカー部分をクリックするとミュートになる。
各ブラウザ共通ですかね?
posted by ゆかわ at 05:28| 東京 ☁| Comment(0) | 祝う日情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月24日

テキスト追加中と流れ作り

時系列の修正で、出来事Aから出来事Bのがあいてしまうのでどうしようかと思ったんですが
結局埋めてます。

元のテキスト内容では何がどうしてそうなったかわからない部分もありましたが、説明していく感じになりました。
この前の作業で各人の立ち位置をさらに明確にしたことで、動いてもらいやすくなってます。

「反町くん」にも共通するやり方ですが、
キャラができているとそれぞれ自ずとどう動くか何を言いそうか決まってくるので、
起こる出来事をこちらが設定し、後は勝手にしゃべってもらう、動いてもらう感じです。
作者はそれとりまとめる役、みたいな。
前後がおかしいとかここも言わないと通じないとか、そういう調整役をするかんじです。
結局「祝う日」もキャラものだったのか・・・
前の方はともかく、後ろの方のやりかたはそうなってきています。
出演の皆さんとはさすがに10年以上のつきあいになるもんで。

漫画用語の「キャラが立つ」と言うやつですけど、
AIにはまだ出来ないだろう(キリッ
平たく言えば、仮想人格を作るのとストーリーを表現するという組み合わせ。
できるのかもしれないけど、できたものがおもしろいかどうか、というところまではなかなか到達しないのでは。
まだ人間じゃないなら。

以前は早く終わらせなきゃいけないと思って若干説明不足の面もあったため、思いつくことは一旦全部書き出すことに。
作画段階で改めて精査しようと思います。
ここを追加したことで既存であるこの後の流れがちょっと変わるので、そこも見ていきます。


冬の歌

A Message Song - Pizzicato Five
私が買った唯一のピチカ−トファイブ。
みんなのうたで流れてました。
みんなのうたバージョンがないのが寂しい・・
実写では花田裕之さん(ギターを弾いてる人)が出てたんですね。
てことはギタ−が花田さんだったんですね今びっくり。

ふんいき

posted by ゆかわ at 08:15| 東京 🌁| Comment(0) | 祝う日情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月22日

峠は越えましたが

テキスト直し継続中。
内容を把握してるうちにいろいろ直しておきたいです。

大筋は変わりませんが、足りない部分や余計な部分の足し引き、
細かいニュアンス変更、これで結構変わります。
この作品は大筋以外の成分が肝になってますんで、結構大事なことなんです。

進行はできるだけ自然に。
うまくいっていれば、読む人は途中でひっかからず、細かいことを考えずに読めてるはずです。
ど、どうでしょう、読んでみた方、今まで・・・
作者はなかなか客観的に見れませんので、この辺は読んでみた印象やご感想などいただけるとありがたい部分です。

ネタバレを避けつつ
今回の直しの重要部分は、
ある人物の行動について、各人がどう考えているか、という立ち位置をクリアに。
直す以前では、その行動についてやや肯定的だった人がほぼ完全否定の立場に。
大筋に影響なくても、これは大きな変化です。

「何がどうなってどうなる話」では表現しきれない、
経済的に損しかしないWEB漫画、
それが「祝う日」!
おもいっきり現代のトレンドに逆行!
イカはひとりでがんばります
さて大筋も含めてどうなるか、お楽しみに

結局今月は仕事ないから同人しちゃってますけど・・・
しばらくは大丈夫ですが無駄遣いはできません。
あいかわらずですが経済がやばいです
もやしを食べてがんばります


「ストロウイカグラフィティ」
よろしくお願いします!
https://bookwalker.jp/de6600e6f0-d84a-4730-8b63-79c3fbccc6c8/

BWIさんだと少額でも売上げ発生都度でお振り込みいただけるので助かっております。
ありがとうございます。
posted by ゆかわ at 05:55| 東京 ☁| Comment(0) | 祝う日情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

峠を越える

テキストの直しもう少しやりますが、タイトルの通りです。

改めて本編1話から見直しましたが、早くこの続き見たいですよねえ・・・
なんで進まないのか。
実は・・・作者なのでわかるんですけど・・・
いろいろ大変なんです・・・
すいません・・・

待っていてくれる読者さんの忍耐力に感謝しつつ、作者も早く先が見たいので続けます。


昨日たまたま見たana vidovicさんのギター演奏。
段違いに開いた足に乗せられたギターとドレスのひだが素敵。
もちろん演奏も素敵です。

Ana Vidovic plays Asturias by Isaac Albéniz on a Jim Redgate classical guitar

このポーズを見てミケランジェロのピエタ像を思い出したりして、それは長くなるのでまた機会があれば。
posted by ゆかわ at 09:53| 東京 ☀| Comment(0) | 祝う日情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月20日

「創作は楽しい」への違和感。

テキスト直し半分ぐらい、まだ半分以上あり。
集中できない・・・

生ラーメンがおいしいので食べたい。
最近は茹でるだけのがあって簡単なんですね。
一食50円のやつがうまい。売れ残ってさらに値引き後のやつを喜んで買ってます

さておき。

果たして「創作は楽しい」のか?

ということを考えさせられていますが、私の場合、漫画制作はそんなに楽しくはないです。
仕事でも同人でも。
ゲームをするみたいに楽しくてやめられないとか、ついやってしまう、というものではないし、手をつけるまでが相変わらず大変です。

楽しいといいな、とはずっと思ってるんだけど、
少なくとも私は楽しいからやってるわけじゃないです。
作業の中には「楽しさ」も含まれますが、「楽しいから」は創作をする動機にはならない。
なので「創作を楽しんでください」といわれるのは、何か違和感があるんですよね。

カラオケで歌を歌って、おいしいお菓子を食べて、映画を観に行って、みんなでおしゃべりして、
そういう「楽しい」のとは種類が違います。
創作とは消費行為じゃないから、
産みの苦しみと喜びとみたいな裏表がある。
「創作は楽しい」と言われてしまうと、
「裏」を無視されてるみたいな気持ちになるからかも。
ほとんどの創作者は味わってますよね、「裏」を。

子供の頃は完全に遊びだったので、そう考えても良かったかも知れませんが、
今は楽しい遊びではあり得ません。
アマチュアじゃなくなちゃったからというのもあるけど、ずっと同人の人もイベント合わせの〆切りとか大変ですよね。
そこを楽しいと感じる人は少ないと思う。

ランナーズハイみたいな創作ハイみたいなものも存在すると思うので
「楽しい」どころじゃすまねえんだぜぐへへ、とか、
興に乗るとすごい、みたいな。
乗らなければ辛いだけかも。

祝う日に関しては、だいたい辛いです。
しかし仕上げたい。
最後までやりきりたい。
最後まで完走させたものを読者さんに見せたい。
これがモチベ。

漫画制作や創作全般ついては、
楽しくはないがやりたいのでやっている、何故か?
ということについて
うまい説明の仕方がないかと模索中です。

楽しくねえからな!(早伊良風ツンデレ気味)

早伊良くんの声はどんな声でしょう?
私は声優さんなどではなく、そのくらいの年齢の少年ボイスを想定しています。



シーズン前に流してやるぜ!どりゃあああ

稲垣潤一 クリスマスキャロルの頃には


上げていきたいですねえ

posted by ゆかわ at 09:55| 東京 ☀| Comment(0) | 祝う日情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月19日

というわけで

テキスト進めてますが、24日分までは元のテキストを少しずつ抜き出して、まとめながら絵も進めていました。
25日分は一旦最後までテキストの見直しをします。
はあドキドキ。

テキストするにはラジオが邪魔になるんですけど聞きたいので
つけといてボリュウムを下げておきます・・・

有名な小説家の方が、ラジオつけながら作業すると聞いて驚きました。
小説だから絵は描かないですよね。
絵の時は普通に何でも聞きますが、私の場合はテキスト作業に集中するとラジオは聞こえなくなるし、聞こえてるときはテキストに集中できてないので、ラジオの方に集中したいときは一旦作業を止めます。
音声解析と文章制作は、脳内の使用領域が被るんではないかと。
癖かも知れないけど、なんとなく音のする方に向いたりします。

テキストの作業は内容を考えてるときと打ち込んでるときの動作があり、打ち込み動作やPCの操作中は聞こえますので、細かい切り替えができればラジオの内容を把握しつつ執筆もできるのかも・・・・とは思うけど。
作家の方は脳の使用領域が違うのか、あるいは切り替えが上手なのか。
自分の場合は気が散りやすいからやっぱり無理だなあ・・(´Д`)

テキストやネームの時は音楽を聴きたいかもです。
プログレ♪

キングクリムゾンで動画検索するとジョジョが引っかかりますね。
じゃあせっかくなのでエピタフ。

Epitaph
posted by ゆかわ at 07:11| 東京 ☔| Comment(0) | 祝う日情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする