2020年01月24日

リュウ・補正

今回の労働中に眠気覚ましに見た動画。
動画がおもしろいと眠くならないのでござる。
あんまりじっくり見れないので聞いてわかるタイプの作品がいいでござる。


殿、利息でござる!
2020年1月31日(金) 23:59まで
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00460/v12775/v1000000000000002270/

ところどころ音量が小さく、しょぼノートPCでは全く聞こえない箇所がありましたが話はわかりました。
GYAOって音量の小さい映像が多いので深夜早朝に再生してなんとか。
脚色部分についてのコメントがありますが、しかしなお、それでも地味な話で、良く映画化に踏み切ったと思いましたが地味に感動してしまいました
松竹の時代劇と言えば京都太秦の撮影所やあの美しい照明技術が思い浮かびますが、今作は全く別系統の模様です。
新しい時代劇のスタイルとしても期待大。



逆境無頼カイジ 第1話 「出航」
https://gyao.yahoo.co.jp/p/00592/v08071/

逆境無頼カイジ 破戒録篇 Bet.1「地の獄」
https://gyao.yahoo.co.jp/p/00592/v12041/

アカギはよく見かけるのに、カイジは意外にも1話以外ほぼ初見みたいでした。
びっくり。
今回途中からなのでじゃんけんカードのパートが見れてないです。
原作未読のため勝負の結果を知らずに見れるというお得感
しかし、結果をすでに知って見る人もいるわけで、それでもおもしろくできているのはすごいなと思います。
アニメ絵のカイジは(見た目が)かっこいいし萩原聖人さんの声もはまってますよね。
今回の視聴で自分がギャンブルを好まない理由がわかった気がしました。
勉強になります。



機動戦士ガンダム[B-ch]  第1話 ガンダム大地に立つ!!
https://gyao.yahoo.co.jp/p/00066/v12671/

ファーストガンダム始まりました。
いつみても面白いし面白すぎる。おばけアニメ。
1,2話はよく見てますが今回「第3話 敵の補給艦を叩け!」「第4話 ルナツー脱出作戦」の映像だけでなく音声の記憶が薄くなってました。
再放送時にカセットテープに録音して、机に向かいながらそれを繰り返し聞いてたんです。
ビデオがまだ家に無かった頃。
セリフをよく覚えてるのそういうわけです。
こうした再放送時に冒頭回は見逃しやすいというのもあるんですけど、怪我の功名的になんか新鮮に見れました。
パオロ艦長を宇宙葬にしたのは本人希望だったのだろうか。もうすぐ地球なのに。
ガデムが旧ザクに乗ってたのね。

今回リュウ・ホセイの特異性に気づく。
ホワイトベースのメインキャラは、「リュウとリュウ以外」に分けられると思います。
どこか神経質で勘のいいニュータイプたちと、そうではないリュウ。
彼は要するに脇役、ストーリー上はいてもいなくても大丈夫なキャラ、それ故にああいう処遇をうけたのだろうとは思うしカントクが彼にとりたてて思い入れをしなかったことで、彼がニュータイプたらなかったことであのスタンスとなったのであれば、それも奇跡かも。
後付(後から出てくる設定)である「ニュータイプだから」というのを踏まえて見れば、一介の民間人であるところのミライさんやセイラさんが時々戦略的に鋭いことを言うのも頷けます。
脇役であるリュウにはそういう役割をふってないので、そういったニュータイプ的な発言はないのだけど、そもそも彼をムードメーカーとして配置したのかなんなのか、元々どういったポジションなんだろうかというのはこれから考えたいと思います。
一応軍属であるし、立場としてはブライトに近いはずなんだけど彼はリュウを側には置きません。実力的にリュウでもミライでも変わらないから、という理由はあるにはあるけど、ブライトさんは最初からミライさん好きだったんだろうなあニヤニヤ(・∀・)女性が舵を握ってる方が絵的にも映えますし。
ハヤトは同じガンタンクの操縦者であるリュウとよく一緒にいますが、故郷では「アムロのお父さんが来たから立ち退きさせられる」という目に合っていて、ちょっと気になるフラウ・ボゥともアムロほど仲よくできないし、実は結構薄暗いところのある人物です。
リュウ・ホセイには作中で語られるバックグラウンドは特にありません。
メインキャラとして唯一、メンタルの安定した人。
それ故に彼がいなくるとつらい。視聴者もつらい。
彼がいなくなってからも当然物語は進むのだけど時々作中でも思い出されたりするという、細やかな気遣いが脚本にも現れる。
以前トミノ監督インタビューで、スタッフとはけんかしながらガンダムやってたというのを見たことがあります。
当時の脚本はwikiペディアによると
星山博之、松崎健一、荒木芳久、山本優、富野喜幸、他
となっています。
その後のアニメや実写作品でも活躍している方々ですが、
ファーストは脚本がすごいので、一体どうやって作ってたんだろうというのは気になります。


脚本家荒木 芳久さんのコラムを見つけました。
書いて下さってありがとうございます。
受け持ちの初回は「第3話 敵の補給艦を叩け!」、タイムリー。

0017
http://meijido.co.jp/column/araki/17.html


以下引用

それまでのロボットは“鉄人28号”にしろ“鉄腕アトム”にしろ正義の味方で勧善懲悪のヒーローだった。それが“ガンダム”ではモビルスーツと名付け、人が、それも始めは戦争体験すら無い少年(アムロ達)が乗り込んで操縦、相手(敵?)と戦うのだから。つまり善悪、白黒を単純に決めつけるのでなく、それぞれの人間性を描くということ。



「ブリッジに補給する段取りは分かるな」と言われたハヤトが、マニュアルのノートを見て考えるシーン。セイラから速度を非難されたカイシデンが「うっせいな、こちとら走らせんのがやっとなんだ」と愚痴り、「モビルスーツの性能の違いが力の違いでないことを教えてやる」とシャーに攻撃され、アムロのガンダムが苦戦するシーン

引用終わり

まさに。
これがファーストです。
やはり意識的にそのようになされていたんですね・・・胸熱であります。
その後ファーストガンダムの影響下にあるアニメはその言葉尻だけを真似てしまう。
どうでしょうか、人間を描けましたか、ガンダムたち。




起きてます。

「いまはおやすみ」(セリフ無し)

ラベル:ガンダム アニメ
posted by ゆかわ at 07:08| 東京 ☁| Comment(0) | メモ覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

労働明け

ひと段落。
久々の修羅場感。
ここで気を抜かないように。

兵糧が尽きました(´Д`)
野菜が不足します。
もやしたべたい。
posted by ゆかわ at 03:33| 東京 ☁| Comment(0) | メモ覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月22日

週末まで

のびまして労働中。

ドライブのディスクを入れ換えようとして間違えてメインスイッチを押してしまってあわわ!ってなりましたが、
あんた色々ソフト使ってるけどシャットダウンしてええのん?てパソコンが聞いてきたからあわててキャンセル。
あぶないとこだった。。。
昔のPCならふつーに落ちてたと思うので進化してて良かった。
ていうかウインドウズはどうなるんでしょう。
労働に戻ります



なつい(´ー`)

デスマーチ艦隊「労働軍神」
ベースとボーカル担当の和尚さんは浅草で活動してらっしゃいますね。
posted by ゆかわ at 04:02| 東京 ☀| Comment(0) | メモ覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月12日

冷え

風邪引きそう。
全力で耐えねば。

寒中見舞いをこの数日で描く!決してしょぼくないのを!

そしてお年玉付き年賀はがき抽選日である19日までに投函する!

というミッションクリアなるか・・・

ほんとすいません。
posted by ゆかわ at 06:28| 東京 ☀| Comment(0) | メモ覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月06日

一進一退感、よしなしごと。

年末年始で祝う日をびゃびゃっとアップ,そしてFへすすっと移行!

ならず。

やればいいのにやりたくなくてうだうだしつつもちょっとづつ進めて、
いったん描いたけど部分的に線がひどいので描き直し。
線がひどいってわかってきたのでちょっと落ち着いてきたとも言える。
時間があってもだめなときはだめ、今回は割とだめでした。

正月とかGWとか世間が休みだとなんかだらだらするのなんでだろう。
休み関係ない暮らしのはずなのに、なんか影響されてしまうんでしょうね。
本当は取引先がお休みの間に私用をすべきなんですけど。
新年からだめだめ(´Д`)

実家へは行ったので漫画にしましたけど、
これは元日のニューイヤー駅伝で、すること無いので自分では見ない駅伝をぼーっと眺めるみたいな実家あるある、
駅伝は長いからイカ父が途中で寝ちゃったりして、つんつんして起こしてみたりして、
旭化成が2位と大差をつけての連覇、胴上げしてる脇にノーベル化学賞の吉野名誉フェローがにこにこしながら見物、
っていうところまで描くといっぱしの日記漫画風にでもなるんでしょうが別に描きたくはないので。

一進一退。

水前寺清子 三百六十五歩のマーチ 1980

国民的におなじみの。
この方はステージ衣装が基本的に男装なんです。
男装の麗人、とまでは行かないので女性ファンにきゃーきゃー言われることもなく、当たり前に男の衣装を着ている。
似合ってるから当たり前に感じますが、まずどうしてこのようなコンセプトになったのか、また他にこういう人がメジャークラスではいないのか、ということをよく思います。
逆に、女装の男性歌手なら美輪明宏とか、美川憲一は派手だけど実はそんなにフェミニンでもないなとか、
昭和の歌謡界は懐深いですね。
posted by ゆかわ at 07:38| 東京 ☀| Comment(0) | メモ覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月04日

年始事務

年末にし損なった書類書きと焼きだしディスクのタイトル書き・・・
ディスク書きができないこと山のごとし。
ううう。
ぼちぼち確定申告の準備も
うううう。
宛名書きとかも苦手です。バイトとかなら良いんだけど。私用のが。
これ得意なら同人通販とかできるのに。
スーパーが開くまで絵でも書きましょう・・・
posted by ゆかわ at 09:18| 東京 ☀| Comment(0) | メモ覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月01日

年始テレビ

元旦。ことよろ。
いつもあるような元旦早朝のお笑い100連発みたいな番組が今年は無く。
音声が聞ければ聞くんですけど、あれで最近の若手のネタとか知るので寂しい。
もしかしたら例の吉本の影響?


昨年末のお楽しみだった「孤独のグルメ」
松重さん、さすがに大食はきつそう。でもうまそう。
食べ物番組は多いですけど他はほとんど見てません。
食べ物系ドラマが好きな人もいるとは思うし、実際どのくらい受けてるんだろうか。
私は○○なら見るとか基準がなく、ドラマも積極的には見ないので
たまたま見て面白ければ良しという、受け身の出会い頭系です。
「孤独のグルメ」は企画として絶妙。

最近はシリアスとか暗いのは避ける傾向があります。
映画や海外ドラマではホラーとかサスペンスが好きですが、国内ドラマの場合はあんまり印象が良くないです。
いや、海外のでも最近はあんまり見たくないかなあ・・・疲れるので。


孤独のグルメ Season8 最終話 2019/12/20放送分
2020年1月10日(金) 00:11まで

孤独のグルメ 冬のスペシャル 孤独のグルメ 大晦日スペシャル〜食べ納め! 瀬戸内出張編〜 2017年12月31日放送分

孤独のグルメ 冬のスペシャル 孤独のグルメ 2019大晦日スペシャル〜緊急指令! 成田〜福岡〜釜山 弾丸出張編 2019/12/31放送分


【公式】孤独のグルメ お正月スペシャル〜井之頭五郎の長い一日〜 【孤独のグルメ 冬のスペシャル】
https://www.youtube.com/watch?v=WPAxvNnAA0M

時効警察も貼りたいんだけどブラウザと回線の調子が悪いので保留です。
posted by ゆかわ at 08:35| 東京 ☀| Comment(0) | メモ覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月31日

風すごい

風が唸ってます。

今日って大晦日だったんですね。
さっきカップ麺食べたので年越しとします。

ラジオがおもしろくてテキスト打ちに集中できない。

年内に祝う日もう1ページぐらいと思ってたけど無理でした。

Fやりたいので見直したい。
来年はFメインに、いったんネームをいいところまでやって、
そして何かしらの結論を出してそれから。

今日はなんかつらい(´Д`)
がんばろう。
生きましょうみなさん。

シド・ミードの訃報が入りましたが
コクトーツインズのジャケデザインの方も。

Cocteau Twins - Ivo
このジャケの。
我が家ではケースがあるのに中身がないまま・・・(´Д`)

記事。
ピクシーズやコクトー・ツインズ等 4ADのグラフィックデザイナー ヴォーン・オリヴァー死去
posted by ゆかわ at 16:56| 東京 ☀| Comment(0) | メモ覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トミノ監督の濃いインタビュー。

「アムロ父子の確執は創作ではなかった」 40周年『ガンダム』富野由悠季監督が語る戦争のリアル
2019.12.29

ロボットが登場するのはいいけど、全長80メートルとか100メートルなんてあり得ない。戦闘機と同じ20メートル程度ならいいだろう。でも地球の重力で人型兵器を扱うのは難しいから、宇宙を舞台にしよう、と。でも個人で製造し使えるものではあり得ない。それなら国家が兵器としてつくるしかない。そうすると宇宙移民vs.地球の対立構造だ――といった設定が必然的に生まれてくるわけです。


そしてこの後さらに大河原さんがボトムズをデザインしてしまうのですね。
リアル感のあるロボットアニメの先陣を切ったのが実はファーストガンダム。
ガンダム様トミノ様ありがとうございます。

リアルだといっても結局なんだかんだで正義(と設定した方)が勝つのだから、勧善懲悪ものの域を出ていないという意見を見てちょっと驚いたり。
だがしかし、テレビ放送をちょっと見たぐらいの視聴者の意見としてはありがちだし、トミノさんの思ってることの半分以下でも視聴者に伝わっていればいいんだろうし、視聴者としての自分だってその程度です。
それはまあそういうものです。
これは肯定の気持ち。
とはいえ、勧善懲悪だと思って見てしまう人の感じ方もわからないでもない。
ザビ家の人々とか、悪そうにデザインされてるし。
なぜなら「敵キャラ」だから。
トミノさんも自分も連合国が勝利した世界の住人だから、無意識にそうなる。

ふと思ったんだけど、ジオン公国の兵士または一市民目線の作品(公式)ってあるのでしょうか。
ザクのパイロット目線ならばククルス・ドアンみたいな世捨て人じゃなくて、この戦争はジオンが正しいと思ってる人の。
ギレン閣下大好き!みたいな立場の人。
第2次大戦下の日本人やドイツ人からの目線で作られた戦争ドラマはあるわけだから、ガンダムでもできるはず。
だけど当時のようなクオリティではつくり得ないでしょうね。
でもそこを敢えて、今やってみて欲しい気もする。バランスが難しいかな。

記事タイトルにありますが親子関係についても語られています。
トミノさんがアムロだったのか。
お父さんのことをあまりよく思っていないみたいだけど、しかし、そのお父さんが与えてくれたいくつかの影響が、決して小さくはなかったんだな、とも。

ファーストガンダムも大好きですが、みんな大好きだし詳しい人いっぱいいるからそんなに言及しないんですけど、
人間ドラマの部分に言及してる人少ない気がするからそこはもっと言っていい気もしないでもない今日この頃。
人物造形がすごいんですけど何がどうしてああなったんだろうとか。
興味は尽きません。
作品が好きなのでグッズに興味がない悪いお客ですいません。
おかねが余分にあれば良いんですけど





ついでにアニメ関連の記事を。


大塚明夫「声優の大多数が仕事にあぶれる理由」
300の椅子を1万人以上が奪い合っている

https://toyokeizai.net/articles/-/321702

声優になりたいと考える若い人すごく多いですよね。
その人たちがどう考えているかというあたりが興味深かったです。
みんながわかったで入ってくるわけじゃないというところに驚き。
「自分で仕事を作れない」という話はとてもリアル。
しかし下請け専業のフリーランスなら、みんなこんな感じかも。
「それでも」っていう人は肝を据えて。


ラベル:ガンダム アニメ
posted by ゆかわ at 04:43| 東京 ☀| Comment(0) | メモ覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月28日

歳末の戦慄

PCが落ちました。

何もしてないときだったので幸いですが
サブのノ−トもモデムも同時落ちだったことから
停電か低電圧が起こったものと。

こわいわ・・・・

もしも絶賛作業中だったらと思うと

こういうことの原因て何なんでしょうね。
ここでは初めてのことで、ちょっとびっくり。
前に住んでた物件では時々あって、一瞬でかつ昼間なので気づきにくいんだけど
ビデオデッキの時計がリセットされてちかちかするので、留守にしていてもわかるみたいな。
その頃はバイトもしてたから常時PCオンというわけでもなく、留守録も特にしてなかったので
幸い深刻なダメージは受けませんでしたが、ちょっと長居したくないですよね。

おかげでというか怪我の功名というか、ちょっとデジタルから目をそらして
その辺のホコリ取りでも・・・と1ミクロンぐらい掃除っぽいことをしたら
失せ物が出ました。
無くしたかもと思った物について、ちょっと関連機関へ問いあわせとかしたほうがいいかもと思ったところで見つけられて良かったです。



そういえば
給湯が治ったのです。
そうすると、すべてが大丈夫です。
ガス屋さんも大家さんも、もう来ないから片付けもしなくて良いんです。
大掃除もしないですし、今年もゴミと一緒に年越し。
お餅買ったのですでにそれで満足してます。
さて買い物行って祝う日します。
同人ができるしあわせ





「ハッピー」で検索したら引っかかった動画。
これ知ってるから古い歌だな。

Pharrell Williams - Happy (Official Music Video)
posted by ゆかわ at 10:05| 東京 ☀| Comment(0) | メモ覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする