2019年01月15日

漫画家はつらいよ

お笑い芸人発掘番組!マイナビ Laughter Night(マイナビ ラフターナイト)
https://www.tbsradio.jp/warai954/index.html

漫画でわかるシリーズの漫画家のスランプなんかありえない、というネタを聞きました。
実情を知らないのでこうなったとは思いますが、
聞いてしまったからにはちょっと流しておけないので、書きますね。

アイデアも設定も展開もあるのに、どうして描けないの?と切れる女性編集、という設定になっています。
演者は女性芸人さん。

「コマ割り」というものをご存知でしょうか。
「構成」と言い換えてもいいですが、プロでも時間をかける部分です。
設定もシナリオもデザインもそろってるとしても、コマ割りをしなければ漫画を描けません。
原稿に絵を描く前にネームというものを作成し、チェックします。
わかるシリーズなどは版元さんのチェックが厳しく、細かかったりして、リテイクの嵐になることも普通です。
歴史物なら監修者が入ることもあり、さらに時間がかかります。
内容が全部通ってからでも作画には相当時間がかかるものです。
わかるシリーズの歴史物ならレベルの高い作画を求められますので、なおさらです。

誰が読むかわからないコンビニの漫画でも作る方の苦労は当然あります。
好きで読んでる人もいます。

ベレーかぶってても別にいいと思いますが、若い人はもう手塚治虫がわからないという人多いです。

他職の苦労を想像するのは難しいと思いますが、
「誰も知らない売れない芸人なんか…」と置き換えれば、
このネタのバランスの悪さが理解できると思います。
漫画家あるあるをどうしてもしたいなら、もっと勉強してほしいですけどターゲット狭くなりそうですし、そこは自己責任でお願いします。
以上です。
がんばってください、と思います。

空気階段の踊り場」が聞きたくてタイムフリーを聞いてましたときのことでした(´ー`)


追記。
例えば、
一般誌の仕事しかしたことのない漫画家、編集者の中にもこういった認識の人はいるかも知れないし、
世間の人も、という部分はあると思います。
しかし現状、わかるシリーズのような漫画作品の需要は高く、某君はなんとかで生きるか的タイトルの大ロングセラーも生まれました。
世間様にも、もうちょっと理解があると嬉しいなあ、みたいな気持ちがあります。
よろしくどうぞ。

すごいことになっとる。200万部とか。
https://s.magazineworld.jp/books/kimitachi/
posted by ゆかわ at 04:33| 東京 ☀| Comment(0) | らじばな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月31日

かーもんべいびーなんとかー ってやつ

「第60回輝く!日本レコード大賞」
https://www.tbsradio.jp/324647


タイムフリーはこちら
第60回 輝く!日本レコード大賞(1)
http://radiko.jp/#!/ts/TBS/20181230173000

第60回 輝く!日本レコード大賞(2 )12月30日(日) 20:00-23:00
http://radiko.jp/#!/ts/TBS/20181230200000



去年も駒田アナの裏インタビュー聞いたしもうこんな季節かと。
なんか懐メロばっかたなーと思ったら60回記念的な企画だったんですね。
ラジオのみの音声などあるのでテレビしか見てない人にはお勧めです。
細川たかし師匠の、テレビではなかなか聞けない毒舌は最高でしたね−
あずみアナのおばちゃん化も著しいなあ(´ー`)

演歌勢が強い印象でしたがあんなに歌の激うまい島津あやさんにヒットが少ないのはなんでなのとか、同じく歌のうまい和田アッコさんにもっとあの歌唱力が生かせる曲歌ってもらいたいなとか、最近の歌謡界って・・・・阿久悠 もおらんしなんか寂しいなとか。

途中で寝落ちたので大賞の発表聞いてないんですが、やっぱりあれなのかな?
じつは、あの大ヒット(らしい)曲ちゃんと聞いたこと無いんです。
ラジオでも話題にはなってるのでサビとかユーエスエイ!とかはあるけど。
前回のバナナマンのバナナムーンGOLDの歌合戦企画でカラオケで歌った人はいたけど。
アレがフルで聞く初めてだったんじゃないかな。
自分が普段聞いているラジオの範囲ではかかったことがないんです。
番組聞いてたらダパンプさん出てきたからやっと聞けるかな?と思ったらメドレーだったし・・・
どこでかかってんですか?
主にテレビだろうけどよくかかってる番組とかあるんですかね。
謎曲です。
とりあえずタイムフリー聞いてみますけど、かかるかなー?


これセット?CG?なんかすごいですね・・・

島津亜矢 First Love
posted by ゆかわ at 06:08| 東京 ☀| Comment(0) | らじばな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月24日

めりくりいぶ


「グッチ裕三 朝からうまいぞぉ!」
でかかっていた
英語混じりのハワイアンクリソン

Kana Kaloka (Here Comes Santa Claus) by Na Leo *as seen on Hawaii Five-O

南国のクリスマスもいいですねえ
posted by ゆかわ at 07:06| 東京 ☀| Comment(0) | らじばな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月23日

ラジコNHKのタイムフリー対応希望します

アニアカの豪華クリスマスライブ。
ささき大魔王様77歳だそうで、アニソン歌手の方は衰えないなあすごい・・・その後、第九のコンサートがあって流しながらそのまま寝落ちたところ、
赤子の泣き声のような、ゴム風船のこすれ合うような音が聞こえてきました。

これはもしかして・・・
そうですノイズミュージック、フリージャスの世界。

私には理解できないジャンルなんですが、大友さんが「好きだ」と言ってて、これも新しい世界だなーと思いました。
広がって嬉しいです


ジャズ・トゥナイト
FM 毎週土曜 午後11時(最終週除く)


ページ更新したら内容無くなってて、「決まり次第、ご案内いたします。」のメッセージ。
さっきコピペしておいてよかった・・・
できれば次が決まったら更新していただけないでしょうか、曲名など調べたい人もいるので、できるだけ取って置いて欲しいです。
係の方よろしくお願いします。

以下コピペ。

午後11時00分〜 午前1時00分
▽大友良英の“私の好きなジャズ”

今月の番組MC、大友良英さんが、いま一番気になるジャズを聴き、大いに語る一夜。師と仰ぐギタリスト・高柳昌行を軸に、1970年前後の激動のジャズシーンを振り返る。

「五月の思い出」
(アルト・サックス)渡辺辰郎、(アルト・サックス)山屋清、(テナー・サックス)西条孝之介、(トランペット)千葉勲、(ピアノ)三保敬太郎、(ギター)高柳昌行、(ベース)金井英人、(ドラムス)猪俣タケシ
(9分03秒)
<KING LKB-6>

「フィード・バック」
富樫雅彦
(11分55秒)
<ビクター BRIDGE-048>

「挌斗1(「ジャイアント・ロボ」から)」
オリジナル・サウンドトラック
(1分12秒)
<VAP VPCD-81256>

「七人の刑事テーマ」
オリジナル・サウンドトラック
(3分32秒)
<日本クラウン CRCP-20206>

「黒い花びら」
水原弘
(2分52秒)
<東芝EMI TOCT-24041>

「異聞猿飛佐助」
(フルート)渡辺貞夫
(1分17秒)
<VICTOR VICG-5125>

「Round trip:Going & coming」
渡辺貞夫
(4分06秒)
<SONY SRCS-9359>

「集団投射1」
高柳昌行、阿部薫
(3分40秒)
<DIW DIW-424>

「クレイ」
山下洋輔トリオ
(7分50秒)
<ABSORD MUSIC JAPAN ABCJ-75〜76>

「All the things you are」
渡辺貞夫、高柳昌行
(7分43秒)
<OSAMU UCHIDA JAZZ COLLECTION OUJC-002>

「For Peter B. & Peter K.」
Evan Parker、Derek Bailey、Han Bennink
(4分33秒)
<OTOROKU ROKU RE 001>

「ラジオのように」
Briditte Fontaine、Art Ensemble of Chicago
(8分04秒)
<SARAVAH OMCX-1212>

「Encuentros」
Gato Barbieri
(12分17秒)
<IMPULSE! MVCJ-19069>

「孤独の歳月」
Astor Piazzolla、Gerry Mulligan
(4分07秒)
<MUSIC HALL MH10.005-1>

「It's Magic」
Eric Dolphy
(5分41秒)
<NEW JAZZ OJCCD-400-2>


以上コピペ終わり。

「ラジオのように」は前衛的な曲だと思っていたんだけどこれ以前の演奏を聴いてからだとめちゃめちゃ普通に聞こえるマジック。


Masayuki Takayanagi & 阿部薫 [Kaoru Abe] - Mass Projection 集団投射

音楽としてというよりも音質として快ではないので、自分の場合は繰り返し聞こうとは思わないかなー


posted by ゆかわ at 02:37| 東京 ☁| Comment(0) | らじばな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月22日

あんまり漫画読まないんですけど

【告知】きょう12月21日(金)22時〜
「読者が選ぶ翻訳海外マンガアワード『ガイマン賞2018』結果発表!〜いま、海外マンガが描くものとは?」
原正人×椎名ゆかり×大橋徹二×荻上チキ(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」平日22時〜)
https://www.tbsradio.jp/325574

まだアーカイブ出てないと思うので興味ある方は後ほど。
ラジコでは終了30分後から聞けます


唯一「読みてー!」と思ったのがこれです。
翻訳者の方のおすすめコメントで、
「ジローがカリフォルニアロ−ルを頼む客の首をはねる」
で爆笑してしまいまして、
私も申し訳ないと思った方がいいのか。。。?

日本よ、これがゲットジローだ! 手に寿司握るマグロ解体級のイカれグラフィックノベル『GET JIRO!』が満を持しての邦訳化!!
株式会社誠文堂新光社 2017年3月2日 16時18分
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000232.000012109.html

兄のイチゴ(゚ω゚)


posted by ゆかわ at 00:13| 東京 ☀| Comment(0) | らじばな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月15日

木枯らしに抱かれない

いつも使ってるアナログラジオが見あたらず、仕方なくポケットラジオのイヤホンを外して選局してたらたまたまニッポン放送で、
小林克也さんのリクエストの時間だったようで何となくそのまま聞いてると番組が代わり、アルブィーさんのこの曲。


星空のディスタンス〜ALFEE(アルフィー)

部屋の中で木枯らしを感じる、
実際冷えてますけど寒くても負けないぞ!という気持ちになりますね。

普段この時間でニッポン放送聞かないんだけどリクエスト番組はラジオ的基本だなーと思ったり。
新しい曲だとわかりませんが(汗)
リクエストの選曲に懐メロが多いのはいかにも若い人が聞いてないということでもありますが年寄りが若いもんにこういう曲を聞かせたいのじゃ!みたいのあるんでよしなに(´ー`)

部屋を移動しながらアナログラジオを持ってあるくことがあるので、時々行方不明になるのですが今回全く見あたらず。
多分埋まっているな・・・

と書いていたら台の上から落ちて段ボール箱に入っているのが発見されましたので捕獲。
ブラウザが固まってしまいすぐにラジコがつけられない間とかにもよく使います。

posted by ゆかわ at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | らじばな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月05日

ラジコが重い件

朝の「伊集院光とラジオと」で、TBSラジオがいわゆるスペシャルウィークをやめるとの発表があったことを言ってました。月曜だったかも。


TBSラジオ“スペシャルウィーク”12月からやめます ラジコのデータ活用へ
2018.11.28
https://www.daily.co.jp/gossip/2018/11/28/0011858762.shtml



以下全文コピペ。


TBSが28日、都内の同局で定例の社長会見を行った。通例通りに同席したTBSラジオの三村孝成社長は、12月から、2カ月に1度行われている聴取率聴取週間について「スペシャルウィーク」という呼称をやめ、局全体としては特別な編成やプレゼント企画を統一して行わない意向を示した。

 ラジオはテレビの視聴率にあたる「聴取率」を毎日測定していない。2カ月に1度、1週間を対象にし、各時間帯でどの番組を聴いていたか、というアンケートを行って算出され、この数字が番組編成や営業活動の参考にされる。TBSラジオは2001年8月から、この聴取率で業界トップを守っている。しかし、ネットでラジオ放送を聴けるサービス「radiko.jp(ラジコ)」が普及し、ここを通じての聴取者数はリアルタイムに局側が実数を把握できるという実態があるという。

 三村社長は「12月10日からの1週間からスペシャルウィークという呼称を使わないことにいたしました」と表明し、「毎日がスペシャルといえるかなと思います。番組改編期、局としての改編期などに必要に応じてスペシャルな編成を行っていこうと思っています」とこれまで行っていた聴取率調査週間に合わせた企画は、時期にあわせて編成するとした。

 三村社長は「25年ぐらいラジオの放送収入は下がり続けている」とラジオ業界全体が危機にあると指摘する。「ノンリスナーをリスナー化する目標を立てていますので、最適なタイミングで、プレゼントをすることで(それが)達成するのであれば、わざわざ調査週にやることはないだろうと。人が一番移動する春とかにキャンペーンをはっていくということがいいだろうと思っています」とし、番組ごとのアイデアでプレゼント企画などは行われるとした。


コピペ終わり。


野球中継の終了など変革をするTBSラジオ。これも攻めの一手かと思います。
記事にもありますがラジコで視聴者数を見てるんだろうなと思うから、なるべく家ではラジコにしてるんだけど、
アナログも併用してなんとなく流しておきたいのをアナログで、応援したい番組をラジコでつけてることが多いです

しかし最近ラジコが変に重いんです。
軽量版できませんかね・・
我が家ではPCでの使用ですが、ずっと使ってるとメモリ使用量が上がり、ブラウザの動作が重くなってきます。
そしてブラウザが落ちるぐらいならいいんだけど他のソフトやOSが落ちることもあって、メモリ使用量を見ながら時々閉じて、またつけたりしてます。

「ラジコが重い」と気づくまでに時間かかりました。
だってラジオだから、そんなに重いはずが・・・
と思ってしまうんですが、良く見るとページ内にいろんな情報がくっついてきてるし、かなりバックグラウンドでメモリ使ってるようです。
スマホ不使用なのでわからないのですが、スマホでもそうなんでしょうか。
ときどき止まったりもするので、やはりアナログは手放せないです。

できるだけラジコでとは思うものの、リスナーとしてはちょっと困りどころです。
posted by ゆかわ at 05:43| 東京 ☀| Comment(0) | らじばな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

チーズだいすき向け

ジェーン・スー 生活は踊る
月〜金 11:00 - 13:00
https://www.tbsradio.jp/so/

究極のお手軽チーズメニューが決まったよ〜【生活は踊る×オレンジページ】
2018.11.19 月曜日 ラジオクラウド
https://www.tbsradio.jp/315337


んまそう・・・(´Д`)

やらないですけど。

普段は聞いてませんすいません。
午前はくにまる派です。
ゆうりさんも聞いてなかったです。なんかまったりしちゃうから。
posted by ゆかわ at 10:50| 東京 ☁| Comment(0) | らじばな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月23日

ムキャ(・∀・)

アフター6ジャンクション
https://www.tbsradio.jp/a6j/

うたまる氏が冒頭でシェンムートーク
タイムフリーはこちら

アフター6ジャンクション(1)【カルチャートーク】など
11月22日(木) 18:00-19:00
http://radiko.jp/#!/ts/TBS/20181122180000

まさかの。 今。

PS4で 新 発 売

シェンムー1、 2
https://shenmue1-2.sega.jp/

この日にですかー
なんか感慨深いです。
私は始めてすぐ本編に入ったのでスロットは全くしてませんでした。
ていうか気づいてなかったかも。
またやりたいなあ。
ついに3も出るというし。。。

ちなみに私のインターネッツデビューはせがさたん黒です。

PSは2までしか持ってません。
持ってるソフトはほとんどスロゲー・・・
パニックザウルスとかネオプラネットとかたまにやりたくなりますけど
ゲーム環境がロストされたままですので遊技不可です。
部屋がカオス過ぎてセッティングが無理・・
ていうかしまいっぱなしの機体とソフトも心配なので動作確認した方が良いかも。
そうそう動作確認をがんばる。

ドリームキャスト!

ドリームキャスト起動音

ムキャは特に思い入れないんですけどサターンが大好きで。
あの画面デスクトップで再現したい・・・

セガサターン 起動画面 HD対応

むおーたまらん
パンツァードラグーン起動したい〜



むー(´ー`)
ラベル:ゲーム
posted by ゆかわ at 04:13| 東京 ☀| Comment(0) | らじばな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月17日

追悼スタン・リー

「荻上チキ Session-22」
https://www.tbsradio.jp/314139
【音声配信】『彼はスーパーヒーローコミックスの言葉を変えた』「追悼スタン・リー〜アメコミ界の巨匠が残したものとは?」小野耕世×堺三保×荻上チキ×松澤千晶▼2018年11月16日(金)(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」平日22時〜)

スパイダーマンなど数多くのスーパーヒーローを創作し、アメリカンコミックスの巨匠と呼ばれたスタン・リーさんが12日、ロサンゼルスで亡くなりました。95歳でした。リーさんは1922年にニューヨークで生まれ、1939年、16歳のときに、マーベルコミックの前身となる出版社に入社。1960年代には、現代社会のリアルな要素を盛り込んだ『ファンタスティック・フォー』がヒットし、その後原作者として『ハルク』や『アイアンマン』、それに『スパイダーマン』などアメコミを代表するキャラクターを次々に生み出しました。80年代以降はテレビや映画など映像分野で製作総指揮などを務め、数多くの作品に自らカメオ出演するなど、マーベルコミックの顔とも言える存在として世界のポップカルチャーに大きな影響を与えました。今夜は、アメコミ界の巨匠が、残したものとはなんなのか?考えたいと思います。

以上コピペ。

AMラジオ界最強ニュース系番組と思われるセッション22ですが、ニュースはちょっとむずかしいな。。。
という方にはこういう特集もあります

アメコミは詳しくないけど彼の名は知ってるというほどの大メジャーですね。
原作と画家と、どっちが儲かるんだろう・・・という素朴な疑問。
アメコミだと彩色の人もいるんですよね。
日本式の先生とアシではなくこういった分業式もいいと思いますけど
posted by ゆかわ at 07:58| 東京 ☁| Comment(0) | らじばな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする