2015年12月01日

水木先生妖怪の国へ

100まで生きていらっしゃるはずと思ってた方も少なくないのでは。
しかし、生きても人間100とちょっと、それが長いか短いかというのはそれぞれの体感なのでしょう。

ご挨拶はしておりませんが一度だけ某パーティーでお目にかかったことがあります。
ご冥福をお祈りいたします。


私は小学校5、6年生のとき、据え付けられた木製の本棚のある学級にいました。
その本棚のあるのはその教室だけで、その時々によって、
たまたまその教室を使うことになった生徒だけが扱うという特別な学級文庫となっていました。
本棚には歴代の生徒たちが持ち寄ったと思われる、
歴史ある児童書や漫画が残されておりました。

漫画をざっと思い出してみると、
無用ノ介、おいら女蛮、けっこう仮面、フータくん、ロボット三等兵、トイレット博士、
のらくろもあったかな、永島慎二先生の漫画もあった気がする、
そして水木しげる先生の短編集。

ねずみ男が表紙にあって、錬金術の話なんかがあったと思います。
どうやらガロに載っていたものらしいです。
一冊以上あったかもしれない。
私はそこでゲゲゲの鬼太郎のアニメ以外で初めて水木しげる先生の漫画を知り、また愛読していました。
読みながらもちょっと大人向けだと感じていましたがもうその頃は漫画なら何だって読みたいし、
まわりの大人も「漫画イコール子供向け」というざっくしりした認識で
わりとエッチでも難しくても、少なくとも自分の環境では
何を見ていようととがめだてはなかったです。
けっこう仮面を子供向けのフリーにしておくということは今では難しいかもしれません。
良い意味での放置で、私たちはなんと幸せだったんでしょう。
今の子はかわいそうです。

自分も一時的に自分の本を学級文庫に寄せたりしましたが、おいていかず持って帰りました。
その小学校は現存していますが、さすがにあの本棚はもうないだろうと思います。
中身もきっと処分されてしまったことでしょう。
ひもで閉じてあった本が当時もばらけそうだったし。

自分の歳で子供のころロボット三等兵読んでたという人もなかなかいないと思いますので
本当に良い体験をしました。
小学校の先輩たち、放置してくれた大人のみなさん、ありがとうございます。


ちなみに漫画以外にあった児童書のタイトルで覚えてるのは、
ベトナムのダーちゃん、てだのふあ、など。
なんとなく難しそうなので読みませんでした。
今でも図書館などにある本なので、見かけるとちょっと読んでみたくなりますが
難しそうなイメージがこびりついてしまって、
実際中を見ると子供向けだから別に難しくないのに、
でもなんか難しそう、と思ってしまいます。
イメージって固定すると払しょくするのが難しいもんだなとか。
posted by ゆかわ at 04:04| Comment(0) | むかし話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月17日

自分の絵じゃない

色々書いて思い出したことがあったんでメモします。

私は昔、というのは一般商業誌で働いていたくらいの時期をさしますが、脳内で自分の漫画のシーンを思い浮かべるとき、それは自分の絵ではありませんでした。
意識したのはアシ先で他のアシさんと話してたときです。

ネームってどうやってる?みたいな話になったとき、自分の絵で考えていないと言いました。
なんだそれ?と不思議がられました。
考えてみればそうかも知れませんが、自分にとっては当たり前のことだったので、そうだったのです。
特に誰の絵で、と決まっているわけではなく、さっき見た漫画の絵かも知れないし、有名どころのまんが家さんの絵だったり、特にファンだから、というわけではなかった気がします。
選ぶのではなく勝手にそうなるのです。

なぜ自分の絵で想像できなかったのか、ということを今考えてみると、自分の絵が嫌いだったからではないかと思います。
嫌いになったのは持ち込みの時にへたへただめだめ言われすぎたせいで、ごく最近になってようやくその呪いがとけたのかも知れません。

lopのキャラの一部は高校時代に考えたもので、この人生で長いつきあいになります。
今は、私の脳内で彼ら自身が彼ら自身の姿で動きまわっています。笑っています。 泣いています。
新しい服も着ています。
少し前まであり得なかったことです。

このところ急に生き生きと彼らが自己主張を始めたのは、長きにわたる呪いが本格的にとけたのかも知れない、という喜ばしいものでもあるのです。




しみじみとほほ・・・・あとはゼットくんに頼んだ(;ω;)
posted by ゆかわ at 07:51| Comment(0) | むかし話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

ふとと思いだしたこと。

へんな漫画描くので自由に楽しく描いていると誤解されがちなのですが
そんなことはないのです。

あるとき初めての仕事場へアシスタントで行ったとき、自分の絵を確認してもらうため商業誌掲載済の作品をそこの先生にお見せしたところ、
「いやー好き勝手に描いてるね〜描くの楽しいでしょう」
みたいなことを言われたので思わず
「とんでもありません!」
と答えてしまいました。えらい先生だったのに。

ある意味何も変わってないですね。
それもある意味すごいやも。
posted by ゆかわ at 07:02| Comment(0) | むかし話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

恥ずかしいものをのせます…

こちらであまり過去作品に触れるのもなんだと思ってはいるんですけど、
リンク切れなどチェックしてたら…
久々に見てしまいました。
ヤフーコミックのソレ
続きを読む
posted by ゆかわ at 15:13| Comment(0) | むかし話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

雑誌のアンケート

当時はアンケートの結果を聞く方でした。

続きを読む
posted by ゆかわ at 01:17| Comment(0) | むかし話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

彼女とデート

怒濤の片づけ物をしていますが、
「彼女とデート」の青焼きが出てきました。

反町関係は量が多いのでぼちぼち出てますが、
これは普段開けない押し入れの奥に入っていて、こんなのあったのか!と驚いたり。

青焼きとは、単行本が出る前の内容チェックのための刷りだしです。
青い色で印刷されているので青焼きと言います。
三省堂大辞林とか
ちょっと内容を見ると、例によって
「こんなの描いてたのか・・・」
状態ですがく〜(落胆した顔)
描いた事実以外覚えてないのもどうかと・・犬
恥ずかしいので早く忘れたくなるのかも。

以下長くなるので興味のある方だけどうぞ。


続きを読む
posted by ゆかわ at 07:37| Comment(0) | むかし話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする