2017年11月04日

キリイ閣下の画像増やす作業(誰得

投下してきました

キリイ閣下 | ストロウイカ [pixiv] https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=65743422

http://www.tinami.com/view/928657
posted by ゆかわ at 15:02| 東京 ☀| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キリイ閣下

おやすみなのでよい子はボトムズを見ましょう
http://www.b-ch.com/ttl/index.php?ttl_c=125

景気づけにキリイ閣下を描いてみました。
kirie.jpg

塩山さんの親父キャラって結構目元がぱっちりしてますよね。
年配のキャラは目を小さめにしがちですが、小さくしすぎると似ないし大きすぎるとかわいくなるしでなかなか微妙にできてます。

第一話には頭部全体の絵がなかったので確認のため検索したら
出ないこと山のごとし・・・故に頭頂部は雰囲気線のみ。
バッテンタイン閣下のほうが若干メジャーのようです。


レイズナーはいつになったら観るのかなあ・・・・


追記:正しい表記は「キリー」ではなく「キリイ」のようだったので
検索し直してみましたがあまり変わらず・・・・

アルベルト・キリイで検索すると設定があった!うれしい・・・
posted by ゆかわ at 08:12| 東京 ☀| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

怪奇?おそとに出たくない現象

涼しいので外出して用事してこようと思いましたが
ちょっと外に出たくないので室内労務にします。
出ようと思ったけど暑すぎて嫌だとか、今日みたいに家にいたいとか、
今日でなくても良い用事なのでどんどんのびのびに・・・。

基本的に外にはあまり出たくないんですが、ごくたまに強烈に出たくないときがあって、
その時に前売りを買っていた公演などがあっても行かないことがあります。
後になると何でもないのでもったいないんですけど、その時の「出たく無さ」には従うことにしています。
先日亡くなった塩山紀生さんが大河原邦夫展のイベントで上野の森に!と知ったときは是非にと思ってたのだけど当日どうしても外に出たくなくて、ものすごい葛藤と逡巡がありましたが結局取りやめに。
諦めるとホッとできるのだけど、でもこの機会が最後になってしまって・・・。
塩山さんには一度くらいお目にかかりたかったです・・・
当日券になるから行っても入れない可能性はありましたが、前日までは行く気満々でした。
気分なのか何なのか、きっかけも不明で自分でも謎現象です。
妖怪的に言えば、座敷童に引き留められてるっぽい?
いつか解明できるのか?

塩山さんの話題に触れたのでカテゴリは「ぼとむず」にしときます。

posted by ゆかわ at 09:55| 東京 🌁| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

アニソンアカデミーを聞いていましたら
塩山紀生さんの訃報が・・・

そんな。

http://www.sunrise-inc.co.jp/works/news/okuyami20170414.php

お悔やみを
申し上げることしかできませんが。
そんな。
信じたくないです。




関係ないけど検索してたらガリアンのブルーレイ出るっていうから
買おうかな・・・・機械


訃報は聞いていましたが松山祐士さんも火事だったんですか・・
お二人とも年齢も近くて・・・
火の気にはご注意。



比喩でなく胸が痛みます。

アニアカ聞いてるけど内容がさっぱり入ってこない


現在TVKテレビで装甲騎兵ボトムズ放送中みたいです。
視聴できるかたはぜひ。
posted by ゆかわ at 14:11| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

あなただけが生きるささえなんだよ

ずっとずっと前に。
東京の端の自宅ではざりざりで砂嵐の中にやっと影が見える程度に映る環境の神奈川県TVKテレビをがんばって視聴してました。
音楽番組やミュージッククリップが見たかったからです。

これは、午後のフィラーで流れていた曲でタイトルも歌手もわからず、
はっきり覚えてるのがブログタイトルのここだけ、
思い立って検索してみたら、ありました。

織田哲郎さんの「2001年」というタイトルの曲だと、今知りました。


この音源だとわかりにくいけど少女のような、今で言うとボカロみたいな声で
 I'm JK21 Anybody alive…
 アイムジェイケイトエニワン、エニバディアライヴ…
と繰り返されます。
なんか壮大なSFなかんじで、あれから今までもう一度聞きたいな・・・とずっと思っていたのです。
こんな短いのに・・・曲もいいし凄いなあ・・
当時は勿論JKが女子高生の略ではありませんでした。

ひっかったのはこちらの記事です
書いておいてくださってありがとうございます
http://www.geocities.co.jp/Hollywood/6389/eg_2001.html

1983年の曲だそうですがこの年はボトムズスタートの年でもあるので
時系列は不明ですが当時のTETUさんがボトムズから
なにやらインスピレーションを感じてくれてたら嬉しいなとか



作詞/高橋 良輔 作曲/乾 裕樹 歌/TETSU(織田 哲郎)
posted by ゆかわ at 07:00| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

メモ:最新作からTVシリーズまで、『ボトムズ』誕生の秘密が語られる! 高橋良輔監督インタビュー


メモメモ

最新作からTVシリーズまで、『ボトムズ』誕生の秘密が語られる! 高橋良輔監督インタビュー
http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1484366939
posted by ゆかわ at 14:37| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

いいねできないので貼るのです



posted by ゆかわ at 10:58| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

妄想メモ

キリコちゃんの似顔絵が描けないんですがそれは何故かと分析してみると、

・さっきの目練みたいに目のラインが下がり気味になる
・瞳が大きくなってかわいくなる
・全体として線が細くきゃしゃな感じになる

という理由が検出されます。

テレビ版だとけっこう瞳が大きいので合わせようとするとなんかかわいく・・・
そして決定的に表情が出ません。
というかむしろ表情が出ちゃうと違うので、自分が描くと出ちゃう。
結果としてああいう顔にならない。
私はいわゆる同人の二次創作をやらないんですけど、好きな一次がないからというのと好きな作品の絵を自分的にするのが苦手だからというのがあり、ぼとむずならパロができるのではとか思ったりしたことが実はありますが絵が描けないとくにきりこちゃん、という難題があり、至りません。
趣味でやるなら自己満足できないとやっても面白くないですからつまり、できません。
完。
みたいなことになるんですけど、キャラの女体化とかもあるから敢えてかわいいきりこちゃんで押し切ったらどうか、というのを発展させて全キャラ男女入れ換え版というのはどうか、という妄想が発生。
単に置き換えただけだと違和感が出るのでキャラも少し変わると思いますけど。
おおまかな話や設定はほぼそのまま、ロッチナもカンジェルマン殿下も女性、フィアナ役は男性でいけめん。
っていうのはどうですか
という妄想をしてみました
女体化キリコちゃんは描きません
普通にテイタニアになりそうだし
posted by ゆかわ at 01:48| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

作業のおともペールゼンファイルズ劇場版

モニタの隅っこに最小画面で
ドライブに入りっぱなしなのでまわしてるだけなんですけど。
テレビ版ウド編見たいんですけど。
ボックスセットの一枚足りないのはどうしたら・・・
どこかにあってくれるといいんですけど。

ペールゼンファイルズは筋がいいんですよね。
役者さんたちも良いし。
細かいところはさておき、テレビ版との繋がりもさておき、
改めて良くできてると思いながら流してます。
個人的な見所はモナドからと思っています。
ストーリー的にもそこからが確信なはずだし、それまでのエピソードがあれを盛り上げる振りとするとそういう意味では多少物足りなさを感じるとか、そんな感想だったかも。
全編はバンダイチャンネルで見たきりなのでいつか円盤欲しいです。
誰でもいいからコチャックに馬鹿って言ってほしかった

好きな作品はやっぱり好きなのでいい気分になれるし
モチベーションが上がります。
自分も誰かに好きになってもらえる作品作りたい。
そういう気持ちになれます。
posted by ゆかわ at 09:07| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

無理なりに

久々にキリコちゃんの似顔絵を描いてみようと思ったのですが
全く似ないのであきらめてオリジナルぽいのを描いたら若干近くなったかも?
これもそうだけど、やさ男風になってしまいます。
おまえ死線くぐってないだろう、みたいな。
もちろん気の抜けたキリコとか笑ってるキリコとかも存在はしてるわけですが。
見て描く似顔絵は描けるのかも知れないけど雰囲気が出せないので難しいです。
いつか描けるだろうか。
塩山絵のキリコが好きです。
P.jpg
posted by ゆかわ at 11:21| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする