2018年08月11日

夏休みアニメ2018・4


忘れてはイケナイ物語り、野坂昭如作「戦争童話集」
https://gyao.yahoo.co.jp/p/00836/v09721/

毎年配信してくださってます、GYAOさんありがとうございます。


キャプテン
https://gyao.yahoo.co.jp/p/11274/v00001/

名作キター
コンピューターを使った動画補正など、現場的には当時最先端だったと思います。



新しいのも多いですがあんまり見る気にならないです。
良さそうなのがあれば見たいんですけど、好みの絵柄も少ないし、探すには多すぎる。
タイトル画に女の子しかいない、異世界もの、は、外します。
現代物は原作が少女漫画だと見ないです。グルメにも興味なし・・
わがまま?
序盤ぬるい場合、それを我慢して視聴できないし、後半になっておもしろくなるタイプのアニメは一挙じゃないと無理かも。
新作アニメで好みの作品に出会うのって難しいですね。
ポプテピピックも出会ってない確立の方が完全に高かったので、ほんとに奇跡だなーと思います。
円盤欲しいなー。


ガンダムって言ってる人は知ってて言ってるのそれともガチなの・・
posted by ゆかわ at 11:41| 東京 ☀| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

夏休みアニメ2018・3


伊藤潤二『コレクション』
https://gyao.yahoo.co.jp/p/11259/v00011/

新しい奴
ニコ生配信を見ようと思ってたけどばっくり忘れてたのでありがたし。
ほぼ原作通りかと思われます。やはり原作の圧倒的な絵ぢからが強いですし、その再現にかなりがんばってる感じですがなんなら原作の絵をそのまま使うとかでも良かったかも。
音響監督は郷田ほづみさんです
ふちさんの声は色っぽい人にしたんだなと思ったら実は小山まみさんとか・・・色々な意味で恐ろしい

タイムボカン2000 怪盗きらめきマン
https://gyao.yahoo.co.jp/p/00591/v06878/

全く見たことがなかったのですが、正式な後継作品とのことで安定のクオリティ。
昭和のファンなら安心して見られますのでオススメです



マクロスが終わりまして、感想はどうしようかと思ったけど、せっかくなので。
https://gyao.yahoo.co.jp/p/00066/v13357/

どこか抜けたかもだけど概ね見れたと思います。
観察軍?とゼントラーディたちの関係がイマイチつかめなかったです。
結局戦闘はずっと続いていくらしい・・・

リアルタイムで自分が見なくなったのは、カイフン兄さんがやけ酒かっくらってるあたり。
アニメでああいうものを見るとは、しかもさっきまで映画スターだった人が・・・と、ちょっとショックを受けた感覚を覚えてます。
今見るとそのだめっぷりがとてもリアルに思えました。
カイフン兄さんは平和主義者というより軍隊や軍人を差別する人、口のうまい人、身勝手(´Д`)
結局ミンメイさんを思い通りに利用しながら最後は捨てていくという・・
カイフンさんがひどすぎてミンメイさんが可哀想に思えましたが、自由になるとまたわがままになっちゃうし。
親戚だから性格似てるのかも。
早瀬さんの初恋の人とカイフンさんが似ているという設定があったんですが消えましたね。
あれを生かしてもらえばまた違った展開があったかも。
結局光クンはああいうことになりましたが・・・
Aちゃんのことはまだ好きだけど手に負えないし、Bさんが俺にベタ惚れだからまあこっちにしとくべきかな、みたいに見えちゃって。
結婚してって言われたらするんだろうけど・・・いつかもっときれいになったAちゃんと再会したらどうするの?
という危うさを感じました
かといってBさんもあんまり好きじゃないので、良かったね、みたいな気持ちにはなれなかったです。
個人的にはAちゃんとくっついてずっと振り回されていて欲しかったな。お似合いだと思うけどなあ・・
もやもやする三角関係が好きな人には超時空オススメ!
最後の方に出てきたマチザキくんおもしろかったです。
カムジンとラプラミズ指令はマイクローンになって商売でもして暮らして欲しかった・・・ああいう人たちに「文化」だけではなく、平和を伝えられなかったことは残念です。
おしまい
ラベル:アニメ マクロス
posted by ゆかわ at 05:13| 東京 ☀| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

夏休みアニメ2018・2

侍ジャイアンツ
https://gyao.yahoo.co.jp/p/00114/v12169/

さすらいの太陽
https://gyao.yahoo.co.jp/p/00620/v07044/

アニマル1
https://gyao.yahoo.co.jp/p/00620/v07049/

わんぱく探偵団
https://gyao.yahoo.co.jp/p/00620/v07050/


昭和のアニメばっかり色々見つけてしまったのでメモ。
侍ジャイアンツ以外たまたま虫プロ作品です。
アニマル1とわんぱく探偵団は完全初見。


アニマル1は朱里エイコさんの主題歌が好きでよく聞いておりましたが内容はレスリングとメキシコ五輪という以外の情報なし。
第1話見てみましたがこれはすごい。色々すごいので見た方がいいです。ツッコミ処と昭和テイスト溢れまくり。
作画はすごくきれいです。マク○ス見たあとだから余計かも
オープニングでの牛の心情の説明に痺れる。ていうかサブタイ意味なかった・・・アニマルは牛しか出てねえし
コメントで気がつきましたが主人公は若い頃の中尾隆聖さんですね!バイキンマンでおなじみ。
当時お幾つだったんだろう・・
野沢那智さんと白石冬美さんも出てるのでナッチャコファン必見
wikiを見ると演出で高橋良輔さんが結構入ってます。トミノ氏もやってますね。
こんなに長い間現役ってすごいなあ・・

明日の太陽は、昭和の赤ちゃん取り違え事件を元ネタにしたと思われる作品です。
アニメではその取り違えって実は・・・ということになってると思いますが、むかしは時々本当にこういうことがあり、割と最近片方の赤ちゃんだった方が、実の親を知りたいと病院に問いあわせたが、相手のことがあるからと断られた・・という報道がありました。ご苦労されたようですが、相手の方の家庭は何も問題なく過ごされたということなのでしょうか・・
単純に、取り違えがなくて香田さんが峰さんちの娘だったらすごいガラ悪かっただろうな。髪も黄色いし。
本物の藤圭子さんの歌がアニメの中のテレビで流れます。
もしかしてアニメ化された初の演歌歌手ではなかろうか。
(知らない方へ、宇多田ヒカルさんのお母様です)

見るの大変ですけどなるべく見ていきたいです!
昭和テイストが好きな人にはオススメばかりなのでお楽しみに

カテゴリはぼとむずです

ラベル:アニメ 昭和
posted by ゆかわ at 15:10| 東京 ☀| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

ひっさつ!ムーンサルトりー

ゲームセンターあらし
https://gyao.yahoo.co.jp/p/00836/v09722/

アニメ化は結構遅いタイミングだったと思うので、え、今?!なんで?みたいに当時は思いました。
今もですけどゲーム業界は日進月歩で、アニメ化の段階でインベーダーゲームはもう古かったはず。
見てみたらなんかすごい展開でおもしろかったです。
脚本が吉川惣司さんなのでぼとむずカテゴリにします

コロコロコミックを読んでいたので原作は1話から見ていて大好きでした。
たぶん途中で買ってもらえなくなって、最終回は未見かも。
アニメはそんなに見てなかった気がするので裏で何かあったのかも。

山田栄子さんがサトル役で、少年役は珍しいかも。
自分の中ではバンダ・ロッタですけど赤毛のアンもなさっていて美少女声というか萌えキャラの中の人というイメージがあります。


赤毛のアン 話数限定 第1話
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00189/v09779/v0976700000000541804/

名作感も出ているオープニング、すばらしい
エンディング見てたら泣けてきました
人物紹介とヒロインを迎えに行くだけで一話使っているのもすごいですが、とても目を離せない。
美しい風景、マシュウ・カスバートさんの顔演技すごい・・・
作品としての揺るぎない強さにただ打ちのめされます。
こういった演出や作画も個人芸であって、受け継がれないものなんでしょうね。
後のものは、個人として勉強するしかないです。
学びましょうぞ。



タイトルに関してググったらまとめられてた(´ー`)
説明省けてありがとう。
やはり自分だけではなかった!と思った人多数でしょう。

ムーンサルトりとは、月面宙返りのことである。

posted by ゆかわ at 08:52| 東京 ☁| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月03日

ぽぷてぴさん

『ポプテピピック』須藤Pが語る制作秘話。「オンエア前は社内で見向きもされなかった」「毎週、“電話かかってこないで”と祈ってやっと解放される(笑)」
2018年3月24日 (土) 23:40
http://originalnews.nico/88894

なかなかすごいお話しです。

久々に世間の感性と自分の感性がまっちんぐ(・∀・)
お金があったら円盤買うのに・・・

竹書房さんには以前お世話になりましたが打ち合わせなどではいつも編集さんが来てくださってたので本社を見たことがないんです。
一度ぐらい行ってみたかったなー。
(ちなみに単発のお仕事などではこちらが会社まで打ち合わせに出向いたり原稿持っていくことが多く、編集さんが来てくれるケースは少なめ)

http://ch.nicovideo.jp/hoshiiro
レイズナーネタがあまり理解されて無くて一抹の寂しさ(´ー`)



posted by ゆかわ at 03:38| 東京 ☁| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

初見アニメ

初めて見たんですが面白かったです

https://gyao.yahoo.co.jp/player/00252/v10295/v0993400000000545169/
ポプテピピック #11 呪館

約23分とは思えない情報量、目が離せないので作業が止まってしまう・・・
なんて恐ろしいアニメ

公式
http://hoshiiro.jp/


4月1までの視聴なのでネタバレ的にメモしておきますと
後半にヒロイン役で郷田ほづみさんと銀河万丈さんが出演されてます

なにげに視聴中
1話でレイズナーのパロやってますね(゚ω゚)
posted by ゆかわ at 05:45| 東京 ☀| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

動いて絵を描いている湖川さんを初めて目撃した(゚ω゚)


聖戦士ダンバイン Blu-ray BOXT 映像特典「湖川友謙イラスト制作記録映像」ダイジェストPV

ロングなインタビューはこちら
●過去から現在までの道のりに迫る! この道40年の現役アニメーションクリエイター 湖川友謙さんインタビュー
https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1516171699

言わずと知れたアニメ界の重鎮でらっしゃいます。
キャラデや作監のみならず監督、絵コンテ、脚本、メカデザイン、監修、その他諸々・・・
スーパーマンみたいな人です。
そして現在一番やりたいのはブロンズ制作とのことで、ぜひお作りになっていただきたいです。

80年代サンライズ作品に深く関わってらっしゃるのでボトムズカテゴリにしました




posted by ゆかわ at 09:52| 東京 🌁| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

メカデザイナーズサミットVOL.06

「メカデザイナーズサミットVOL.06が開催されます!」
https://www.city.inagi.tokyo.jp/kanko/kanko_tokusyoku/kankou/mechadesigner6.html

これ、1日だけなんですよね・・どうしよう。
塩山さんの原画見たいけど。
コマも。
今週土曜ですよ。
posted by ゆかわ at 09:54| 東京 🌁| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

メモ:「ガンダム」大河原邦男がメカニックデザインを語る! 「メカデザイナーズサミット」開催

https://animeanime.jp/article/2017/12/06/36185.html

『機動戦士ガンダム』のモビルスーツなど、アニメにおけるメカニックデザイナーの第一人者として知られる大河原邦男氏がホストの「メカデザイナーズサミットVOL.06」が、2018年1月13日に開催。会場となる東京・稲城市立iプラザでは「魅せます!選りすぐりの名作から紐解く大河原邦男の仕事」と題したトークイベントが行われるほか、『装甲騎兵ボトムズ』のキャラクターデザイナーである故・塩山紀生氏の特別原画展も開かれる。

6度目の開催となる今回は、大河原氏が今まで手掛けてきたアニメに焦点を当てる。“SFアニメの金字塔”ともいわれる大河原氏のデビュー作『科学忍者隊ガッチャマン』をはじめ、当時「ガンプラ」とともに社会現象を巻き起こした『機動戦士ガンダム』、そして国民的ギャグアニメ『ヤッターマン』といった選りすぐりの名作をオープニング映像とともに紹介。メカニックデザインについて解説し、作品への思いや魅力についても語り尽くす。

アニメの世界で作中に登場するロボットや乗り物、銃器などをデザインし可視化する“メカニックデザイン”、そして1972年のデビュー作で初めてクレジットされた“メカニックデザイナー”の肩書きを貫き通す、大河原氏の仕事に迫る貴重なイベントとなるだろう。

また「塩山紀生原画展」では、2017年4月に逝去した故・塩山氏による珠玉の作品を展示。『太陽の牙ダグラム』や『装甲騎兵ボトムズ』では大河原氏の描くメカとも協演したが、そんな塩山氏によるキャラクターたちの力強いタッチを目の当たりにしたい。

「メカデザイナーズサミットVOL.06」は入場無料。そのほか会場では全国の中小製造業8社が戦うコマ大会「全日本製造業コマ大戦 稲城場所」なども行われる。

「メカデザイナーズサミットVOL.06」
日時: 2018年1月13日(土)午前11時から午後4時(開場10時30分)
場所: 稲城市立iプラザ
参加費: 無料
定員: 370名(うち車いす席7席)

(C)サンライズ (C)創通・サンライズ (C)タツノコプロ (C)タツノコプロ・読売テレビ 2008
posted by ゆかわ at 18:15| 東京 ☁| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

キリイ閣下の画像増やす作業(誰得

投下してきました

キリイ閣下 | ストロウイカ [pixiv] https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=65743422

http://www.tinami.com/view/928657
posted by ゆかわ at 15:02| 東京 ☀| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする