2020年07月11日

夢見たぞ。 ついでにトリック

ファンの集いの出待ちみたいなかんじで
郷田ほづみさんを囲んでいたが、人が去って何故か自分ともうひとりのマニアの方だけに。
詳しくないしどうすればと思いつつも郷田さんがキリコのセリフクイズなどをどんどん出してくれて楽しい時間を過ごしましたとさ

っていう、夢みたいな夢見ました。

今の所生郷田さんにはお目にかかったことがありません。
なんでこんな夢になったんだかは不明です。
これがきっかけかな?と思うのは、
テレビドラマのトリック20周年とのことでいろいろあるみたいで
そういえば一時期、堤カントクにはまっていてイベント行ったり演劇見に行ったりその後の初詣行ったりしたよなー
とか思いだしてたので「会ってみたい有名人」欲みたいなものが発動したのかも。
初詣の時には他の人みたいに堤カントクと写真撮ったり話しかけたりなどはできなかったんですけど
終演後の小屋で年賀状をもらっていただいた気がします。



ボトムズから離れましたがトリック20周年おめです

http://www.yamada-ueda.com/


堤幸彦監督、死ぬ前は『トリック』を見て笑いながら旅立ちたい…最期に見たい「象徴的なエピソード」
7/10(金) 11:01配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/8141f5daa8d61900bf8adc158d63b0c2382482ab?page=1

あの頃金髪だったカントクがシルバーヘアに・・・(´ー`)



鬼束ちひろ - 月光

アルバム買ったなあ。
この時の鬼束さんすごく若いんですよね。それもびっくりした記憶が。
このPVって堤カントクじゃなかったでしたっけ。

恐らく話題になる少し前にライブハウスでライブお知らせのチラシをもらってて、若い女性で「鬼束」って名前がギャップがあるように思えて何か印象に残っていました。
という思い出。

posted by ゆかわ at 06:55| 東京 ☀| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月02日

お友達話にびっくりのまき

郷田ほづみさんのアーカイブ

20200530ライブ配信【最初のテーマはやっぱり「装甲騎兵ボトムズ」】



つらつらとお話を聞いてましたら後ろの方でびっくりの事実。
郷田さんは漫画家の東本昌平さんと小学校の同級生だそうで!!
キリンは泣かない!!!!
ミーハー的にですがファンです!
臨時で一日ですがアシに行ったことありますその節はお世話になりました!!
先方は覚えてらっしゃらないと思いますが、良い思い出になっております。

ていうか東本先生にボトムズ描いてもらったら良くない?ねえ良くない?

実現したらいいなあ・・・と勝手に妄想


Tokyo Mother 1 (アクションコミックス) (日本語) コミック – 1986/9/1

この作品でファンになって、「キリン」を発見したのはしばらく後。
資料でバイク雑誌を漁ってたら載ってました。
キリンは途中で追えなくなってどこまで進んだのかわかりませんすいません・・・


こちら、あまぞんぬで2000円になってますがデジタルで出たりしないのかナー
ちょっとやんちゃな小僧達の青春物語。
「ばっくれ天使」

posted by ゆかわ at 17:12| 東京 ☁| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月05日

郷田ほづみさんがyoutubeチャンネル開設


hoZmixTV【予告PV&挨拶の補足】今後公開する動画をチラ見せ

これは第2弾V

前にも書いたかもですが郷田さんは怪物ランドという3人組でウソップランドというコント番組にも出ていました。
ダグラムの後番でボトムズが始まるのですが、色々あって声優デビュー前の郷田ほずみさんの出演するイベントに行ったので
偶然ですが席が遠かったから豆粒みたいだったけど生郷田さんのお姿と声の演技を見るということがあり、
そこで「新番組(ボトムズ)の主演をする」という情報は持っていたものの、
ウソップランドの郷田さんとキリコの郷田さんが自分の中でなかなかかみ合わず、

「あれ?キリコってウッソプランドの人?あれ?」

みたいにしばらくなってました。


劇団の主催もなさっていて、一度見てみたいのですが現場が遠いので
さらにコロナとは無関係に個人的経済危機継続中のためなかなか厳しいです。
劇団も3月の公演が中止になってますね・・。
生涯二度目の生郷田さんを拝見できる日は来るの か ?!

湘南テアトロ☆デラルテ
https://dellarte3.wixsite.com/dellarte


チャンネルの更新が楽しみです☆


posted by ゆかわ at 03:18| 東京 ☀| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月26日

老ロッチナと晩年のハウアーさん、ちょっと似てるんじゃないかな っていうのはせっかくなので書いておこうかと。

幻影編まだ全部見てないんです・・・

どうでしょう。
rottina.JPGR Hauer - Copyright Joost van den Broek.jpg7955146366_793544292b_o-768x403.jpg
写真追加

ハウアーさんも割とたれ目だし。
若いロッチナはそんなにたれ目感無いんだけど。
ロッチナの方が太いけど、ハウアーさんも中年期はちょっと太ってた時期があって、晩年また細くなったみたいです。

※写真は公式サイトとニュ−スサイトから。

装甲騎兵ボトムズ幻影編 キャラクター
公式サイト
『ブレードランナー』ロイ役、ルトガー・ハウアー氏が逝去 ─ 『バットマン ビギンズ』『シン・シティ』なども出演

posted by ゆかわ at 02:36| 東京 ☀| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

くでぃーびーばびのぉー

当時発売されてた玩具のCMの真似。

いやクリィミーマミなんですけど。

明日の17日いっぱいで、しかも初回と最終回のみなんですけど。

GYAOの仕様変更があってわかりにくいですけど。


魔法の天使 クリィミーマミ
https://gyao.yahoo.co.jp/p/00173/v12050/

初見です。

少し前に最終回前の何話かは見ました。

まず初回を見てビックリ。
なんと、マミちゃんは、魔法の力でアイドルにしてもらったんじゃなかった!
たまたまそのとき使える魔法が、「ちょっと年上の色っぽいおねえさん」になれるというもので、
2話目見てないんですけどその姿で町を歩いてたらスカウトされて・・・
みたいなことみたいです。
ユウちゃん見た目以外は実力でがんばってたんやなあ。そうかー。
こんな風にけっこう込み入った設定になってるみたいで、ストーリーも盛り上げてくれます。
脚本もとてもよくて、こういうのを男性脚本家さんがやってたんですね。

当時は裏番組のボトムズを見てたもんで、そして周りが見てたのは「全員マミ」というアウェ−でしたから、
マミさえいなければみんな(仕方なくでも)ボトムズを見ただろうにぐぬぬとかなってまして、
憎かったんですけども、作品自体に恨みはないので今回見てみることに。

よかったです。
女の子も男の子も生き生きして、ほのかな恋心もかわいいし。80年代的なノリとかも懐かしく。
楽しいアニメというだけでなく、構成などもしっかりできてるなと思いました。
今は例えぺったんこでも少女の全裸はNGだろうなー。
最終回はエンディングの最後がトゥルーエンドになってます。

wikiをみると
太田貴子さん15歳だったのか!

アニメファン以外にアピールできてたのかなあ。
あんまり歌番組で見た記憶はないです。
でも、アニメの中のアイドルとなったことで、この時代までも、また未来でもきっと忘れられることはないのだろうと思います



ふと思ったけど、商業アニメってこの頃より今の方が縛りとかきつくて大変なんじゃないかというイメージがあります。
予算がないとか時間がないとか人いないなども含めて、作られる数だけは多いけど、
いい内容のものを作り得ない不自由さがあるとするとちょっと深刻かもしれない。
あくまでイメージですが。

ラベル:アニメ
posted by ゆかわ at 05:22| 東京 ☀| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

新しめガンダム見ました

GYAOで「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」というのをやってまして。
予備知識無しの完全初見です。
配信中の全25話の終了まであと2日!忙しいのでじっくりとは見れない!そしていまわたしは、眠い!という状況のなか、スピードを上げながらoped飛ばしながらでなんとか完走。
スピードアップ機能は助かりますね。声質はそのままで速度だけ変わるなんてすごい技術です。

以下あんまりネタバレはしてないと思いますが、これから鑑賞するからなんにも知りたくない方は閲覧をお控え下さい
感想というか印象です。



最近のガンダムは全くといいほど見ておらず、見ようとしても、すでに見た目や作り方など感性としてついて行けないので見れない・・・ということが多くなってます。
この作品は個人の感性としてはついていけるレベルにある、と判定され、しばらく見ていましたが
とりあえず組織や団体として何と何が戦ってるのか良くわかんなくて、大きな流れとしてのストーリーもあるのか無いのか良くわかんない・・・主人公キャラの設定の印象がグレンラガンみたい、とか。
この作品に限ったことではないんだけど、最近のストーリーアニメって序盤をキャラや世界説明に割くらしく、
かといって、世界観がそこで全部わかるというわけでもないのが困るという。
視聴者としての自分はそこで飽きて脱落してしまうんですけど、最近はどうやらそういうものらしいと割り切ったほうがいいのかもしれません。最近といってもここ20年ぐらいを指してます・・・
地球軍と火星独立ゲリラ、でもないんですよね。全地球連邦ではないとか地球代表軍というわけでもない、というのはもっと早めにわかりたかった・・
どこで切ることになるのか・・・と思ってなんとなく見続けてると10話を過ぎてから結構おもしろくなって、20話過ぎから盛り上がってきました(・∀・)
23話はちょっとシビレました。おきつね様みたいな女性キャラの回。
序盤では戦争やわがままな大人たちに振り回される子どもたちの話なのかなと思って見てたのですが、政治的なストーリーとか革命とか、最近見ない感じの設定などは攻めてる感じでおもしろかったと思います。全部は理解できてないですし、設定が部分的に粗雑という印象も受けました。
政治ドラマなアニメといえばやはり「太陽の牙ダグラム」なので寿命前に1回ぐらい通して鑑賞したいなー(´ー`)
ファーストでいうと、シャアにあたる人とガルマにあたる人のキャラデザインが似てるのはわざとなのでしょうか。
髪の色が違うから見分けはつきましたが、二人とも近いタイプのイケメンキャラなのはなんでかな?というところがなんかずっと気になってしまいました。最初見て兄弟なのかと思ったし
描き分けができないわけでもないのに何か意図があってそうなったのでしょうか・・・気になる

動画のコメントにもあった「こんなのガンダムじゃない」というのは、みんなそれぞれ好きなガンダムがあって、新しいガンダムがそこから外れるとがっかりするのはよくわかります。
私もΖガンダムでそう思いましたので。
新しいガンダムが始まる!ドキドキわくわく!みたいに期待しすぎたせいで実際の放送を見て、自分の気分の落差が大きくなってしまい、今から思うと結構な序盤で切ってしまいました。今見ればそんなに悪くないかもです。
今作は、ランボーシリーズは3が好きという人が、いきなり4を見ちゃった!みたいな(わかりにくい)
関係ないですけど調べてたら5ができるとか!びっくり!!
https://www.cinematoday.jp/news/N0100651
話がそれました。
最近見ない感じの意欲作ではあるなとは思いましたので、好き嫌いや賛否はあって当然と思われますが、「ひどい」というのはどこがひどいのか?というのが気になったので少し検索してみると、どうやら2期がひどいらしいです。
全体としてはおもしろいという評価の人も、2期は誉めてませんでした。
いったい何があったのか?
機会があれば見てみたいと思います。
と、いろいろ刺激になる作品でした


というわけでおまけ動画はダグラムのテークレ

提供クレジット 太陽の牙ダグラム (前付きのみ)

これも政治で革命で、という話で子供にはちょっと難しいんですけど、それなりに見てました。
この後番組がボトムズでございます
ストーリーも流れはあるけど基本1話完結だし、ファーストガンダムでは毎回冒頭に永井一郎のナレーションとコロニー落としがありました。話が進むとちょっとスタイルが代わりますが、これはどういうおはなしか、というのを子供にわかるようにという気配りがありました。
このやり方を継ぐ人が少ないことはけっこう残念に思ってます。




posted by ゆかわ at 06:15| 東京 ☀| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

新学期のアニメ・1

ポプテピピック
https://gyao.yahoo.co.jp/p/00252/v10295/

うえーい

#11 呪館
後半が郷田さんと銀河さん回ですが、実はホラー部分も良くできてます。
ベースはシャイニングのパロで、ちゃらい若者がターゲットになるとか、それっぽい風にしつつ短くまとまっていて、元々あったサークル内のもつれが影響するあたりが秀逸だと思いました。よ。
posted by ゆかわ at 11:27| 東京 ☀| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月11日

夏休みアニメ2018・4


忘れてはイケナイ物語り、野坂昭如作「戦争童話集」
https://gyao.yahoo.co.jp/p/00836/v09721/

毎年配信してくださってます、GYAOさんありがとうございます。


キャプテン
https://gyao.yahoo.co.jp/p/11274/v00001/

名作キター
コンピューターを使った動画補正など、現場的には当時最先端だったと思います。



新しいのも多いですがあんまり見る気にならないです。
良さそうなのがあれば見たいんですけど、好みの絵柄も少ないし、探すには多すぎる。
タイトル画に女の子しかいない、異世界もの、は、外します。
現代物は原作が少女漫画だと見ないです。グルメにも興味なし・・
わがまま?
序盤ぬるい場合、それを我慢して視聴できないし、後半になっておもしろくなるタイプのアニメは一挙じゃないと無理かも。
新作アニメで好みの作品に出会うのって難しいですね。
ポプテピピックも出会ってない確立の方が完全に高かったので、ほんとに奇跡だなーと思います。
円盤欲しいなー。


ガンダムって言ってる人は知ってて言ってるのそれともガチなの・・
posted by ゆかわ at 11:41| 東京 ☀| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

夏休みアニメ2018・3


伊藤潤二『コレクション』
https://gyao.yahoo.co.jp/p/11259/v00011/

新しい奴
ニコ生配信を見ようと思ってたけどばっくり忘れてたのでありがたし。
ほぼ原作通りかと思われます。やはり原作の圧倒的な絵ぢからが強いですし、その再現にかなりがんばってる感じですがなんなら原作の絵をそのまま使うとかでも良かったかも。
音響監督は郷田ほづみさんです
ふちさんの声は色っぽい人にしたんだなと思ったら実は小山まみさんとか・・・色々な意味で恐ろしい

タイムボカン2000 怪盗きらめきマン
https://gyao.yahoo.co.jp/p/00591/v06878/

全く見たことがなかったのですが、正式な後継作品とのことで安定のクオリティ。
昭和のファンなら安心して見られますのでオススメです



マクロスが終わりまして、感想はどうしようかと思ったけど、せっかくなので。
https://gyao.yahoo.co.jp/p/00066/v13357/

どこか抜けたかもだけど概ね見れたと思います。
観察軍?とゼントラーディたちの関係がイマイチつかめなかったです。
結局戦闘はずっと続いていくらしい・・・

リアルタイムで自分が見なくなったのは、カイフン兄さんがやけ酒かっくらってるあたり。
アニメでああいうものを見るとは、しかもさっきまで映画スターだった人が・・・と、ちょっとショックを受けた感覚を覚えてます。
今見るとそのだめっぷりがとてもリアルに思えました。
カイフン兄さんは平和主義者というより軍隊や軍人を差別する人、口のうまい人、身勝手(´Д`)
結局ミンメイさんを思い通りに利用しながら最後は捨てていくという・・
カイフンさんがひどすぎてミンメイさんが可哀想に思えましたが、自由になるとまたわがままになっちゃうし。
親戚だから性格似てるのかも。
早瀬さんの初恋の人とカイフンさんが似ているという設定があったんですが消えましたね。
あれを生かしてもらえばまた違った展開があったかも。
結局光クンはああいうことになりましたが・・・
Aちゃんのことはまだ好きだけど手に負えないし、Bさんが俺にベタ惚れだからまあこっちにしとくべきかな、みたいに見えちゃって。
結婚してって言われたらするんだろうけど・・・いつかもっときれいになったAちゃんと再会したらどうするの?
という危うさを感じました
かといってBさんもあんまり好きじゃないので、良かったね、みたいな気持ちにはなれなかったです。
個人的にはAちゃんとくっついてずっと振り回されていて欲しかったな。お似合いだと思うけどなあ・・
もやもやする三角関係が好きな人には超時空オススメ!
最後の方に出てきたマチザキくんおもしろかったです。
カムジンとラプラミズ指令はマイクローンになって商売でもして暮らして欲しかった・・・ああいう人たちに「文化」だけではなく、平和を伝えられなかったことは残念です。
おしまい
ラベル:アニメ マクロス
posted by ゆかわ at 05:13| 東京 ☀| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

夏休みアニメ2018・2

侍ジャイアンツ
https://gyao.yahoo.co.jp/p/00114/v12169/

さすらいの太陽
https://gyao.yahoo.co.jp/p/00620/v07044/

アニマル1
https://gyao.yahoo.co.jp/p/00620/v07049/

わんぱく探偵団
https://gyao.yahoo.co.jp/p/00620/v07050/


昭和のアニメばっかり色々見つけてしまったのでメモ。
侍ジャイアンツ以外たまたま虫プロ作品です。
アニマル1とわんぱく探偵団は完全初見。


アニマル1は朱里エイコさんの主題歌が好きでよく聞いておりましたが内容はレスリングとメキシコ五輪という以外の情報なし。
第1話見てみましたがこれはすごい。色々すごいので見た方がいいです。ツッコミ処と昭和テイスト溢れまくり。
作画はすごくきれいです。マク○ス見たあとだから余計かも
オープニングでの牛の心情の説明に痺れる。ていうかサブタイ意味なかった・・・アニマルは牛しか出てねえし
コメントで気がつきましたが主人公は若い頃の中尾隆聖さんですね!バイキンマンでおなじみ。
当時お幾つだったんだろう・・
野沢那智さんと白石冬美さんも出てるのでナッチャコファン必見
wikiを見ると演出で高橋良輔さんが結構入ってます。トミノ氏もやってますね。
こんなに長い間現役ってすごいなあ・・

明日の太陽は、昭和の赤ちゃん取り違え事件を元ネタにしたと思われる作品です。
アニメではその取り違えって実は・・・ということになってると思いますが、むかしは時々本当にこういうことがあり、割と最近片方の赤ちゃんだった方が、実の親を知りたいと病院に問いあわせたが、相手のことがあるからと断られた・・という報道がありました。ご苦労されたようですが、相手の方の家庭は何も問題なく過ごされたということなのでしょうか・・
単純に、取り違えがなくて香田さんが峰さんちの娘だったらすごいガラ悪かっただろうな。髪も黄色いし。
本物の藤圭子さんの歌がアニメの中のテレビで流れます。
もしかしてアニメ化された初の演歌歌手ではなかろうか。
(知らない方へ、宇多田ヒカルさんのお母様です)

見るの大変ですけどなるべく見ていきたいです!
昭和テイストが好きな人にはオススメばかりなのでお楽しみに

カテゴリはぼとむずです

ラベル:アニメ 昭和
posted by ゆかわ at 15:10| 東京 ☀| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする