2016年02月08日

未知のボトムズ

私は装甲騎兵ボトムズという80年代サンライズアニメが好きなのでありますが、
http://www.votoms.net/

リアルタイムでも見てたし10万近いLDBOX(確か13万、OVABOX別売り)が出たときも迷わず買ったしDVDBOXも買いました。
(追記:LDを買ったと人に言うと、貸してほしいと引っ張りだこで半年ぐらい手元に帰ってきませんでした・・自分で買えよとは言えない値段なのでしかたなかったですが、貯金していたアシスタント料おろしてすっからかんになりました。実家暮らしだったのでできたともいえます。そしてプレイヤーがないから自分ではついに見なかったという・・・。もちろん今も手元にあります。手放しません)
現在は人生でもっともびんぼう中(現在進行)なため新しい商品にはなかなか手が出せず新作OVAもちゃんと見ていなかったりするのですが、実はリアルタイムでも見れてない部分がいくらかあり、かつ記憶が薄まってる部分があるためテレビシリーズの見直しが必要なのに、視聴環境が貧弱だったりセッティングが面倒だったりでなかなかやってこなかったのですが、今になってぼちぼち見てます。

すると・・・

なんというラヴい展開があったものであるか!
と今さらびっくりしてます。
元軍人の主人公と敵人造人間(わかりやすく解説)のラブストーリーという側面があるのは周知だったものの、たぶん本放送当時は若年だったため、よくわかってなかったと思うんです。
今見ると「こ、こりは・・・」みたいな可愛いシーンがあったりして思わず赤面したりしております。
再発見ボトムズの旅、みたいなことになっており楽しいです。

つい先日はニコ生で宇宙戦士バルディオスというこれも古いアニメの一挙放送があり、本放送で一度も見なかった作品なので大変おもしろかったのですが、これは企画時から大人の恋愛を描くというコンセプトのあった作品のようです。
ボトムズにおいてのキリコちゃんとフィアナさんの諸々は制作サイドにとってどういう扱いであったのかというのは改めて知りたいと思いました。
手元にも資料はいくらかあるはずなので眺めていきたいです。

主人公のキリコは物心ついたころから戦争と混乱の中にいて女の子といちゃいちゃする機会もなかったろうし、PSの二人は戦闘能力は高く利用する側に都合の良い教えは受けているが恋愛する想定はないので、そもそもそんなことは知らないし経験もありません。
彼らの年齢設定は19、20歳ぐらいですが恋愛レベルとしては中学生以下ぐらいではないかと思いつつ視聴するともう、可愛すぎて萌え萌えです。
うーん改めてボトムズは深いな
posted by ゆかわ at 05:07| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

イプシロン

yep.jpg
posted by ゆかわ at 06:05| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月30日

非ぼと

デイジーさん
140430_0952~001.jpg
posted by ゆかわ at 09:54| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月20日

ちょっと隙間

蟻地獄よりしばしの脱出、いつまで安全地帯にいれるのか不明犬

3月も後半なのに何か寒いんですがふらふら
梅がまだだって本当ですか?

さて、この隙に年賀絵をtinamiさんにアップ、適当なファイルもついでにアップ、
以前サイトにアップして消えてしまったものなどもちょっとづつ放り込んでおります。
以下のアドレスですが、登録しないといけないかもです。
http://www.tinami.com/search/list?prof_id=985

ボト絵を投げたらコメントがついて嬉しかったので
改めてDVD見ようとbOXセットを探すと・・・
な、ない!
おらの大事なコンプリートなセットが・・・何処へ・・
がーんがく〜(落胆した顔)去年できなかったので今のうちに大掃除します。

とりあえずバンダイで第1話無料
装甲騎兵ボトムズ 赫奕たる異端

新しいの見てないので見たいですもうやだ〜(悲しい顔)


うーんペールゼンファイルズ劇場版DVDも行方知れずに・・
部屋が蟻地獄だったがく〜(落胆した顔)
posted by ゆかわ at 13:29| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月29日

おにゃのこ

イメージで描いたのであくまでおにゃのこです。
彼女ではありません。
ほんものはもっと美人なので!
きっとこの子は16歳ぐらい。
女の子の前髪はぱっつんが最強説を唱えております。
lady.jpg
posted by ゆかわ at 04:28| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ劇場版

やっと鑑賞。
本編はバンダイチャンネルで見ました。かんそう

新しいシーンがいくつか付け足してあるようです。
エピソードによってはばっさり落としています。
エンディングはよかったです。
織田哲郎さんの新録の歌声はちょっと福山雅治チックに聞こえました。
(全国のましゃファンにつっこまれそうですがここはそんな人見てないと信じる。実は初めて聞いたのはパチスロで・・・ゲフンゲフン)

本編を見ていない人が、どこまで理解できて楽しめるかは、ちと疑問かもしれません。
こっちを先に見れば良かったな。
あ、あとワップちゃんが最初以外出てこない。残念。



以下ネタバレを含む感想になります。

発表から時間がたってる作品ですが一応。


続きを読む
posted by ゆかわ at 23:00| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

総集編・クエント

ああやっぱりこんな終わりは切ない・・・
涙出ちゃったもうやだ〜(悲しい顔)

なにはともあれ、「この世界」が今も続いているのは、続けてくださっているのは、やはり嬉しいな、と思いました。
スタッフの皆様や声の皆様がお元気でいてくださいますように。


クエント編。
最初の頃とずいぶん話が変わってしまい、放映時は神とか異能者とかなんだか違和感があってあまり好みではないパートでしたが、好きな番組が終焉に向かっていくことが寂しく、一生懸命見ておりました。
だがしかしexclamation×2
裏番組に「魔法の天使クリィミーマミ」(日テレ)という、今で言う萌えアニメがございまして、
確か最終回もかぶったと思います。
私は家にあるメインの大きなテレビでボトムズの最終回を見たかったのですが、「マミ」に奪われてしまい、仕方なく小さなテレビで涙ながらあのシーンを目にしたという記憶がございます。
ちなみにテレビの前では正座をしておりましたTV
家にビデオデッキがあったかなかったかぐらいの時代で、録画などはしていませんでした。
ビデオテープも高価で、予約の仕方も難しく、よく失敗してました。
ソニーのベータ。
「マミ」自体悪い作品ではなかったのですが、
家庭内チャンネル抗争があったおかげで憎かったです。マミが。
そういや周りも、誰もボトムズ見てなかったな・・・もうやだ〜(悲しい顔)


総集編ではありますが、改めて見るとおもしろかったです。
ワイズマンとは人智を越えたハイヤーパワー、という訳ではなく「所詮人類のすんごい奴」でしかなく、
住所氏名があって、人間と対話のできる存在。
敬い、崇拝することもできるし、疑い、殺すこともできる。
支配者であり独裁者。
でも、支配ったってアストラギウス銀河くんだりぐらいっしょ?(・∀・)
みたいにも思います。
以前は「神」がもっといたらしいです。


さて、これから改めてテレビシリーズを見直したいと思います。
放映当時しか見ていないもの、当時も見れなかったものなどあると思います。
やっと見る気になれた。
posted by ゆかわ at 12:30| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロッチナ

終盤あたり。
銀河万丈さんの演技が凄い。続きを読む
posted by ゆかわ at 11:52| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

総集編・サンサ

サンサと言えばゾフィー姐さん。
がんばれ孰女。
孰女と言えばザブングルのグレタ姐さんも好きです。

サンサ編は谷口さんが多かったんですね。続きを読む
posted by ゆかわ at 09:35| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

カンジェルマン殿下

王族だから博愛主義だったんですよきっと。

総集編ぽいの見てましたが記憶にないシーン満載続きを読む
posted by ゆかわ at 20:32| Comment(0) | ぼとむず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする