2017年12月09日

とかいいつつ

湧いてくる追加部分を足し足し。
もうちょっと・・・。
画面に向かってるときより、席を外して他のことしてるとなんか湧いてくると言うのがあるんですがいかがですか?
そういえば漫画のネタを考えるとき、反復運動するという習慣があって、やり慣れたファミコンゲームをしながら頭ではネタ考えてたり、当時実家の台所に緑と白のタイルが貼ってあったんですがその数枚の間を行ったり来たり繰り返すというのを無意識にやってて、母親になにやってんのと言われてやめるみたいなことも。
ネタに詰まったら肉体的な軽い反復運動はオススメです
ゲームはそのままずっとやっちゃってアウトプットのタイミングを逃すので注意。
ロ−プレやなどシナリオのあるものは駄目です。
落ちものやSTGなど反射と小手先のみできるものが○。
posted by ゆかわ at 06:44| 東京 ☀| Comment(0) | lop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

でけた

いったん手放します。
これがなにかというと果てしないかんじの日常ものといった様相・・
いざとなったら文と絵みたいな形式で出そうかと思いますができるだけ漫画形式でと思います
祝う日します
posted by ゆかわ at 14:43| 東京 ☁| Comment(0) | lop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

文字文字

テキスト終盤部分。新設定を入れつつまとまり度がアップ。
もちょっとします・・・
posted by ゆかわ at 08:59| 東京 ☀| Comment(0) | lop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

さむしゃす

今朝は寒かったです
お天気だけど空気が冷たいですね・・

お仕事が入りそうな気配なのですがもうちょっとlopします。
posted by ゆかわ at 09:52| 東京 ☀| Comment(0) | lop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

文字

新たな設定ができたのでしばらくlopタイム。
しかし、なかなか集中できない・・・
楽しいのに進まないっていう。
おもしろいんですよlop!かくじつにおもしろい!(上げるなハードル)
仕事モードにしてみようかな。
必 ! 殺 !
カンサス祭りじゃそれそれーヽ(´ー`)ノ


ああその前に書類が・・・
posted by ゆかわ at 12:42| 東京 ☀| Comment(0) | lop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

漫画の絵だけが、やっぱり安いのでは・・・

アシスタントは“塀の中”の人たち
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171130/k10011241281000.html
11月30日 18時26分

あちこちで目にしていましたがNHKでもニュースに。

素晴らしい取り組みだと思いますが、ふと気になったことが。

以下引用

背景画は1枚300円から500円程度。最近ではプロの漫画家から特注の依頼も受けました。注文の段階では1枚5000円と指定されましたが、その漫画家は仕上がりの完成度の高さに感激し、6000円で購入したといいます。

引用終わり。

背景の値段についてはまあそんなものかな、と思ったものの。

最近バイト探しでネット情報なんかを見ていたんですが、新しいサービスで、私の技術売ります、みたいなのがあるんですよね。ニュースにもなって、トラブルに注意なんてやってましたがサービス名をわすれました・・

そこで絵を描ける人が登録していて、WEB用のアイコン描きますとか、似顔絵描きますとかあるんです。
プロも素人もいます。
アイコンはだいたい500円ぐらいのものが多いみたいです。
このくらい描ける人で500円ならいいなあ、頼んでみようかな、と思う人もいるようで、人気のある人はお礼書き込みが何件もついてました。
サイトへの手数料はあると思いますが、顧客との直接取引だからそんなに引かれないと思います。
なかなかいいバイトなのでは。

漫画の背景、出来合いだけど300円から500円程度・・・
あれ
まあ同じものをたくさん売ればいいのでいいですよね。

そのサイトで、写真を線画にしますというサービスの人が、1000〜2000円ぐらいでやってるのを見かけました。リモコンとか家電とかサンプルとして上がっており、イラレなどできっちり書かれた線で、マニュアル作成などに使えそうです。
これもまあ値段としてはそんなもんかなと思ったりして。

漫画の背景一点5000円って、感覚的にはいいかなと思うんですが・・・
こういうのとくらべると、「ん?!」ってなるんですよね。
たとえばこういう計算方法だとすると、ある漫画の背景一点には
家、自動車、道路標識、道路、人物(モブ)、背景の町並み、その他・・・
家も庭とか塀、ベランダなどは別、などと細かくすると
5000円ではすまなくなるかも。

もちろん単純には置き換えられないですが、漫画背景って労力的に高いのに値段は安い、
という印象についなってしまいます。

人によってやりかたやスピードは違うけど、みっちりとした描き込みのあるものなら、写真トレスでもそこそこ時間はかかるものです。
逆に抜いた感じでトレスをするほうが難しいかも・・・
写真トレス最近好きだけど・・・時間は凄いかかります

単体のイラストと比べてみると、どうしてもお安い感が出るのはなんでだろうかと・・・

ひとつは、お金を出して背景を買うお客が主に漫画家だから、と思われます。
原稿料が安く単行本も出ない場合、経費が出せませんから、アシ料とか背景料もそれなりに・・
かといって販売価格を原稿料の高い漫画家に合わせちゃうと、大勢の漫画家が困ることに・・
だいたい売れてる漫画家さんならアシさんも多く雇えますし、こういうところはあまり使わないかも。
なかなか悩ましいですね。

原稿料について考えてみますと、作品としての価値、その人の人気などで値段がついてるはずで、ひとつの雑誌のなかでは描き込み貼り込み超絶技巧絵の人の稿料のほうが真っ白画面ナンセンスの人より高い、という算定のしかたではないはず。
むしろ四コマの人などは一話当たりの枚数が少ないので一枚当たりが高めに設定されてる、というのを聞いたことがあります。
編集さんからの情報なので嘘ではないと思いますが、実際の所はわからないです。
私も昔四コマ描いてましたが四コマ作家ではないし四コマ専門誌でもなかったので通常料金だったと思います。

でも、超絶技巧絵の人なら画料の追加があってもいいし、ストーリーや構成のうまい人はネーム料が乗ったりしてもいいと思うんですよね。
原稿料のうちわけとして、絵の部分、構成(ネーム)それぞれに料金設定があったり。
ネームの評価ってもっとあってもいいのでは・・料金的に。

誰がどのように算定するのか、というのもありますが、ベテランの編集さんならそこそこ双方に妥当な線が引けるのでは。そこの雑誌の編集長がその都度すればよいと思います。見直しもありで。
全体としての原稿料はかわらなくても、新人さんなどで絵がうまくなってきたら絵の算定ポイントを上げてあげるとかするとモチベアップするかも?逆にもっと話をがんばらねば!とか思ったり・・・しないかも・・・

一枚いくらではない料金設定もあっていいと思うんです。
最近は縦読みのコマ数でいくらなんてのも出てきてますね。

などと、新料金制度なんてシミュレ−ションも色々あっていいかも・・
私は経済だめだめなので、どなたか
posted by ゆかわ at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | メモ覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

目は軍艦

はしだのりひこさんがお亡くなりに、ご冥福をお祈りします
https://mainichi.jp/articles/20171202/k00/00e/040/316000c

数々の名曲はさておき(え
私が思い出したのはあの歌。

♪目は軍艦 鼻はとんび 口はゴキブリ 首がさよなら〜

続きも歌えます

「ぼくらのチャンネル」という番組で流れていたものです。
番組について検索するとこちらのみ・・

http://goinkyo.blog2.fc2.com/blog-entry-557.html

記述有難うございます。
ちなみに番組を頭から見たことがほとんどないので始まりの歌は記憶にないです。

酒井さんの時代は見てたはずだけど、土曜にピンポンパンやってたかどうか記憶がないし
そのぐらいに時間にぼくらのチャンネルを見た覚えもないです。
だとしたらリアルタイムでは見てはいなかったと思うので、別のチャンネルを見てたのかも。
日テレのおはようこどもショーをみてたのかもしれない、って何時からだったかな・・
八時過ぎからはNHKに回されてしまうので直前までフジか日テレで粘ったような気がします。

今の早朝の時間帯はニュースや通販ですが、その頃は特撮アニメのアーカイブ天国になってまして、ビデオがなかったから毎日早起きして見てました。
TBSのガラスチューブの思い出が強いのはウルトラマンの再放送をよく見てたからだと思います。
走れK100も好きだったなー

さて、ぼくらのチャンネルはある時学校から帰って地方チャンネルをつけたらやってて、
たぶん埼玉か千葉、だと思います。
子どもだけが出てきて、今日はこんなのを作りました、みたいなレポート的な内容で、
それを何となく見てるとこの 目は軍艦・・・が流れてきました。
なんだこの面白い歌は!
お子様ハートにズバリ直撃!
その通り絵に描いてみたりして・・・
目は軍艦てどういう・・・
エンディングテーマか挿入歌なのかはわかりませんが
子ども向けに作られたのはこの内容からすると間違いないのではと。
しばらくすると見かけなくなり、再放送を待っていましたがついぞ見かけることはありませんでした。

このレコードが欲しくて、探したんです。
レコード屋さんで尋ねると、電話帳みたいなインデックスを持ってきて調べてくれるんですよね。
今はデータ検索かな。
私が見たぼくらのチャンネルは再放送で、すでに放送終了してどのくらいかもわからないし、
曲タイトルもわからず、私がはしだのりひこさんの名前を間違えて覚えていたので正確なデータを伝えられず、結局見つかりませんでした。
曲名やアーティスト名がちゃんとわかっていれば手に入ったかも・・残念です。

以前検索してもあまり見つからなかったのですが改めて探すと・・・

終了してるヤフオクページ。
フジTVぼくらのチャンネル とクレジットがあります
非売品となっていますが・・・
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c615717291

三上寛作詞 はしだのりひこ作曲 うた はしだのりひこ・賀来唱江
・・・
このおもしろ歌詞は三上寛さんだったのですね。曲もいいから好きなんですけど。
歌詞カードを見ると3番まであって、まどからうーみがみえてるぞー、は覚えてるけど、心臓・・は覚えてないな、フルで流れていたのかどうか・・
ちゃんと聞いてみたいなー(゚ω゚)

さらに・・・

なんと、はしださんのベストに収録、試聴可!みんな聞いて!へんなうただから!



..両手に おしんこ もってるーぞー♪


何十年振りかに聞いたー
数々の名曲を押しのけ何故これを入れたのか!ご英断有難うございます!
そのうち欲しいですがもう中古のみかな・・・
posted by ゆかわ at 08:22| 東京 ☀| Comment(0) | むかし話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

約10年前の

祝う日をしようと思いつつ、lopで直したい部分があるので少しテキストをやります。
祝う日的に次の場面を設定しないといけなくて、資料などを見てたんですが
当時結構な量の写真を撮ってまして、これはどこで撮ったかもうわかんないとか、このときはこうだったなあとか懐かしく見てました。
その頃デジカメを持って無かったのですが、サイトでつぶやいていたら、なんとそれを見てた方が使用していないというものをご厚意で貸し出してくださいまして、その節は大変有難うございました。
大変によく使わせていただきましたがある時それをお返しし、初めて持った自分のデジカメが先日お亡くなりになったザクティさんだったのです。
運慶展で新規のキヤノンデジカメ使おうと思っていたけど結局行かず。
一生に一度のことだったと思いますが、あきらめました
ご縁があれば、どの像かにはお会いすることもありましょう。

で、次の場面の写真資料はないので適当に組み合わせたりしてイメージ固めをしたいと思います。
だいたい雰囲気でいいんですが、その雰囲気をつくるところまでがたいへんです。
テキストはできてるから雰囲気ととのい次第というところです。
あと今からlopテキストどんどん。
posted by ゆかわ at 12:47| 東京 ☀| Comment(0) | 祝う日制作状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動悸がひどい

昨日なかなかひどかったです。ちょっとおとなしくしようかと。
救心は効くのだろうか・・・(゚ω゚)

posted by ゆかわ at 12:33| 東京 ☀| Comment(0) | メモ覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

2017年11月の応援ありがとうございます

メッセージや応援ボタンありがとうございます
http://www.tinami.com/creator/re/985

月末滑り込みでのコメント感謝です

17/11/30 21:00:17「久々です!」
ラッキークッキー市巻ー

ラッキーな占いが出たかも!なコメント有難うございます。
違ってたらすみません
ボタンを連続して押すと占いが出るのでどんどん押してください

17/11/30 20:59:27「久々です!」
17/11/30
読んで思ったけど、反町くんもなんて事ない話が一番好きだったなあ、お義兄さんとかキモすぎて画面に出るだけで笑えた(笑)

何気なさには命欠けてますので!
(欠けてる? 欠けてる ・・ かも・・)
もちろんつくりたいお話にもよりますが、日常ものが多いので自然とそうなることが多いです。
私は主に漫画で描きたいこととして、「人物そのもの」を描こうとするので、もともとこういうお話し、と決めてあったとしても、キャラクターが作り込まれて人格が深くなっていくと、当初の予定では存在しなかったエピソードなどが発生したりします。
祝う日でもlopでも起こりました。
特に大筋のない日常ものであるいわゆる反町くんは、キャラが勝手にやってるような、そんな感じで展開をしておりました。今回はこういう話、という大枠を決めるとキャラが勝手に動いてくれるような。
実際に誰かから聞いた話を書いているようなものになっていたらいいな、と思いながら作っておりました。
これはですね、何かというと・・・作り込まれた架空の人格を利用した高度な人格シミュレーションなのです!
いやいや結構真面目な話。
AIにはまだまだ負けへんでー
これからも祝う日がんばります
posted by ゆかわ at 10:01| 東京 🌁| Comment(0) | メモ覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする